Admin   *   New entry   *   Up load   *   記事一覧

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

Trackback: --   コメント: --   

殺処分の根拠 と 法律 

昨日「狂犬病予防法」について記事を書きました

行政における「犬の」殺処分の根拠がそこにあるので

その法律がいかに重要か、ということです。

狂犬病予防法 でみる 犬 とは

人間に危害を加える 病気を蔓延させる可能性のある 「害獣」です

だから 蹴っても殴っても だれからも 文句を言われなかった・・
(だって、最初はなぐり殺していたのだしね)

人間社会を 衛生的に 安全に 守るための法律 ということです
だから「人間のための」法律。
狂犬病予防法って、犬のため、って思っている人たまにいますけど違いますから。

ただ、野犬を一掃した後も 殺処分は延々と続き・・

飼い犬である 首輪もついている犬であっても なんでもかんでも

殺してきました。 

習慣化すると思考は停止する


いいこと から よくないことでは? に変り始めたのがいつなのか・・
長い歴史を見てきたわけではないのでわかりませんが

盲目的な殺処分に まった!が ようやくかかったのが

2007年の 厚生労働省・環境省の公式見解
捕獲犬にも生きる機会を
同年の 環境省の公式見解
引き取り犬猫にも生きる機会を

そして、本来なら3日で殺せるんだ!と言い張る職員に物申すときに使える・・

「(狂犬病予防法における)処分とは 殺処分に限定されるものではなく 譲渡も含まれる」 
という見解が発表され
殺処分の減少を 国を挙げて目指す と方向付けがされたのでした。

犬猫の殺処分の減少に向けて、国の見解が明らかに

収容においては 以下のような文面があります

狂犬病予防法にもとづく捕獲においては、犬の抑留の定義がないが、 動物愛護法では「収容動物の健康と安全をはかる観点から適正な施設 及び方法によって保管する」と定めている、 公示が終了したのちの犬の取扱は、動物愛護法の保管に委ねるべきでは ないかという質問に対して、 厚生労働省はこれに異存がないこと、またれらの事柄に関して近く 同省から全国の自治体に通知を出すことを、確約しました。

健康と安全を図る観点から適正な施設 および方法によって保管 

公示が終了したのちの犬の取り扱いは 動物愛護法の保管


二日間は狂犬病予防法の扱いで、その後は動物愛護?
なら、最初の二日間は 粗雑でいいのか?

まぁ、、、なんとも 苦肉な感じが伝わってくるのですが

狂犬病予防法と 動物愛護のはざまで 行政が 揺れ動いているのが現実で
ここに 問題の根っこがあるように思います
目的が 真逆だからです。

あと 繰り返すようですが
人間は 習慣を変えることが本当に難しく
それは巨大な組織にあっても同様で さらに慣例を変えることは難しい

国からは 以下の通知が 配布されているようです
狂犬病予防法に基づく抑留業務について

犬猫ボランティアさんは これをよく知って
これに向けて努力されているかどうか 行政(保健所)に突っ込んでいく必要があります

私が、松本保健所を訪ねたのは 2010年なので 
この通達が出て3年もたってます でも

職員の末端まで周知されているとは とても思えませんでした。

当時食品の仕事をしていたら、見るはずもありませんし・・
食品と動物が 同じ部署、というところも
どうしようもないシステム上の欠陥です。

 (長野県の動物の担当部署は 健康福祉部 食品衛生課 )

また委託しているのであれば、委託先の職員も
動物行政について知るべきところ、とも言えますが
当然、そんなことはしてないはずです。

県は こののち2008年 環境省の要請で「動物愛護と管理の指針」を作成しました
つづいて 条例もつくりました
内容は立派なのですが
それにむけて何をするか、どのように努力するか 
は考えていません。

指針には「保健所からの譲渡が当たり前に行われる社会に」と書いてあり
それをコピーして保健所に持って行き抗議したのを思い出します。

言ってることとやっていること、違っていませんか、と。

言うだけ。
書くだけ。

その翌年「長野県庁の「不都合な真実」」という本がでて

立派な書類をつくることが県庁のお仕事 みたいなことが書いてありました。

まぁ、そういうところなのでしょう。

県庁担当者がするべきことは
各保健所に実態調査 (収容施設と収容方法)
適切な譲渡基準の作成 (県全域で共通していないとおかしい)
引き取りの際のチェック項目の作成 (やみくもな引き取りの防止)

ハローアニマルでいくら立派な基準を作っても
それが 長野県全域の基準にならなければ意味がないのです

不適切な収容施設に 不適切な飼育
不適切な引き取りや 不適切な譲渡

だれがチェックして、だれが指導するのですか?
それを統括する県庁のお仕事ではないのでしょうか。
スポンサーサイト

カテゴリ: 殺処分について

殺処分を考える 2  

ドリームボックス

本当に、そう 機械に書いてあります。
俗称ではありません。
よくつけたものです。

そうやって 人間の心だけを守る
ありがちですが

二酸化炭素量を増やして酸素を抜いていく
炭酸ガス ともいいますが
日本の多くは、この方法をとっています

それでも

下関市のように、市長自らが見学して
これはいけない、と

本当に眠るように死ねる麻酔効果のあるガスを使った処分機をつくった、、
という事実があるように

相当苦しむのだと思います

苦しんで見えるだけ、と 私も言い訳されたことありますが
同じことを言っているブログを見ました(苦笑)

動物の解放

バタバタしているのは 生体反応の一部で
苦しんではいないはず、というわけです。

詭弁ですね。

さて、二酸化炭素での殺処分は 苦しむのか

そこが問題で
それについて 日大の獣医学部の方たちが 実験されたようです

文中のビーグルについての表記に
実験動物への同情のなさを感じ入りますが・。

それはそれとして

考察としては、麻酔効果は認められない、となりました。

炭酸ガス麻酔は安楽な麻酔効果が得られるか

さらに ストレートに 炭酸ガス処分を否定されておられるのが
こちらです

二酸化炭素による拷問虐殺という根拠

以前長野県職員で 現在 長野市議会議員のKさんも

保健所勤務をされていたことがあるらしいです

とても安楽死には見えなかった、と言っていました。


危険な作業だから、 という理由なのに

老犬でさえ、ガス室に送っています

そのうち、猫がたくさんいるから というでしょう

猫も危険 というのでしょうかね

なんとも・・ 情けない


新潟県の殺処分数とほぼ同じです

当然、麻酔併用の注射で やる気の問題です

カテゴリ: 殺処分について

殺処分を考える 1 

ずっと 書きたかった記事です

殺処分所のこと

長野県には10の保健所と 4つの殺処分所がありましたが

昨年度 殺処分所が3か所に減りました。

減ったはいいのだけど・・


長野から松本まで 運んで殺す・・という

馬鹿みたいなことになりました。


昨年度、松本は 譲渡ボランティアや

それに呼応した保健所の動きで

26から 3まで減りました

大町保健所も 0 でした。

一昨年のままなら

当然中信保健所が 廃止となっていてもおかしくない。

いくら猫がいるからって・・

そもそも 犬を殺すための巨大な施設なのに

年間3頭では・・・ なんだそれ? ってなりますよね

減るタイミングがわるかった・・?


で、わざわざ 長野から 中信まで(安曇野市三郷)

炎天下も 極寒の冬も はるばる

高いガソリン使って 1頭、2頭 を運んでいます

決して安くない金額で。

長野は、長野で なんとかできませんか?

獣医さんいるんだし 注射もできる方だし

焼却は いくらでも探せばあります

ちなみに、ここで言う長野、とは

長野市以外の地域

千曲市 須坂市 その周辺の郡部です

長野市は 中核都市といって 行政が別の単位となり

県とは 方針も方策も違っています。
(長野市の動物行政は優秀です)


昨年度 安曇野市三郷 の中信管理所を使用した犬の数は

 松本保健所 3
 大町保健所 0
 北信保健所 3
 長野保健所 24

 長野市保健所 1

これは 自然死も含めた殺処分数です

長野市 松本市 は 麻酔薬使用の注射処分ですので

中信畜犬管理所のガス処分機を使ったのは

北信と 長野 の27頭 
 ※ 長野保健所も注射でやってくれているかもしれませんので
   さらに使用頻度は少ない可能性があります

なぜ、地元の犬の処分には使ってないのに
長野の犬を殺すために 運ぶ?

・・いやいや 猫もいるんです

って 県は言うでしょうね

でも子猫って、注射で殺せないですか?

長野県の殺処分方法は
子犬、子猫 老齢動物 負傷動物は 注射で処分 
ってことになっていませんか?
・・って 外部には言っているはずです。

アライブの統計や 「犬を殺すのは誰か」にもそう出てますから。

なので

本当は ガス処分施設なんて もう必要ないんです

あれは

「安く 安全に(使用する人が) 大量に 殺すための機械」 です

行政が言うところの安楽死 とは 安く楽に死なせられる という意味で
動物が安らかに死ねるという意味ではないです


1頭、2頭 と ポツリ ポツリ と殺すためのものではありません
1頭当たりの経費は おそらく10万円以上になっているかと思われます

そんなお金を掛けても なぜに維持しているのか


・・・ 楽だからです

委託しているし、トラックに乗せるだけ だから。

事実なので、恐れず書きます。


炎天下に生態を運ぶこと は虐待です

苦しむ、とわかっていても 

割高になっているとわかっていても

ガス処分方法を継続しているのは

職員が楽だから。


面倒を見ることも

注射を打つのも いやな仕事です

でも、だからといって 高額で委託してしまえばいい

というのは あまりに安易では。


公務員は 公務員を守ります
公務員改革は ほぼ不可能。

市も、県も 国も です
政治家は無力です
政治家には 官僚を動かす力はありません

(選挙があったばかりなので すこし 話がずれますが)

市議会議員も 県議会議員も 無力です

地方政治に関心を持つ人は 国の政治よりもっと少ない

吉村行政の時に 知らないうちにものすごいお金が使われていたようだけど
それほど、チェック機能は働らかない、ということです

田中さんは 官僚に嫌われて追い出されてしまいましたけど
ダムに始まる無駄遣いに メスを入れようと頑張っておられましたよね

でも、長野県は土建屋王国だし 
そのほかにも 行政にたかる企業としっかりスクラムを組んでいるようにも思います

高額での 委託

動物行政にも見られます

それに文句を言う人も 関心を持つ人もいないから
県が勝手に決めます。

県からの委託は美味しい。民間よりたくさん払ってくれるから。


政治ブログでもないのに ぶっ飛んだことを書いてしまってますが
動物行政に使われている予算を調べてみると
考え込まずにはいられません

犬猫を必死で助けている人たちは そんなこと考えているゆとりもなく
働いているんだけど

ほんとに頑張っている人や 必要なところには使われていないことを
知っていても いいでしょう

できたら、声を届けることも大事でしょう


ちなみに

殺処分に掛けている費用は 1,981,2000円
およそ2千万円ですね

内訳

搬送委託費 が         8,076,000円
管理所委託(殺処分業務の委託) 9.450,000円

物件費 というので なにか場所でも借りているのでしょうか
 それが 2.286,000円


私には効果のほどがよくわからないし
巨大な公園にも見えてしまう ハローアニマル

年間維持費 およそ1億4千万円なり

ハローアニマルの 犬猫の飼育も委託です

 その額 年間 約2千5百万円なり

人材派遣会社(なぜか東京の) を使っているので割高です 

施設の業務(受付とか) と掃除などの管理も委託 

 その額 年間 約2千2百万円なり


長野県の保健所の収容施設には いまだに地下というところも少なくないようですし

運動どころか 入れておくだけ・・という保健所もあるでしょう


ハローアニマルだけが 完璧で

外からのお客さんには褒められて

それって、おかしくないですか?


保健所にいる犬は 環境が悪くっても 暑くても寒くても
光りすらささない 風も吹かないところであっても
散歩なんてしてもらえなくっても それは構わないのですか?

長野県の動物予算のほとんどは ハローアニマルと
殺処分費用に消えています

動物愛護、とは
一部の犬猫だけを 丁重に扱えばいいというものではありません

殺処分になってしまう犬猫にも
命の尊厳があるとみるのが 慈悲を示すことが動物愛護ではないですか?



ほんとは 三郷の殺処分所のことを書こうと思って書き出しましたが

一番 疑問を感じていることをやっぱり書いてしまいました。


国と同じで 政治は やっている人に都合よく進んでいくものです

それでも かれらの良識と 善意を 期待したい と思います


あ、書き忘れました

昨年度の 犬の殺処分数は  112です
       猫は    1751です


犬は 三郷が31なので 東と 南 でそれぞれ 約40というところでしょう

週に一度が 殺処分所の稼働日ですが 当然 稼働しない日もあります
稼働してもしなくても 数万円が支払われる
輸送があってもなくても 数万円が支払われる

仕事がなくっても支払われる・・ 一括前払いですから


それで、一頭でも減らそう・・なんて 
犬猫が好きでもない職員さんに そう思えっていうのは無理です

殺処分を減らした分だけ 手当でもつけるべきでしょう


頑張っても、頑張らなくても同じなら
ふつう 何もしません。

県の予算はこちらで見られます
食品衛生は一番終りの方です
クリック



カテゴリ: 殺処分について

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。