Admin   *   New entry   *   Up load   *   記事一覧

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

Trackback: --   コメント: --   

引き取り拒否は当たり前のこと 

連投です。つぶやきです^^
保健所ワンコがゼロだし、久々にアンテナ広げてみたところ・・
胸がすくような記事があったので、またまた転載

前記事でも、紹介した
Barking Dog ペット問題と動物行政を考える

二年前を最後に更新されていませんが
最後の記事が素晴らしいっ

ちょうど、引き取り拒否できることになった、と法案が決まった時の記事です
施行が翌年、ってことで 今から見れば一年前の秋から
引き取り拒否可、となりました。

保健所ホームページにも手が加えられて
安易な持ち込みを事前にブロッグする体制もできましたが

はよ書き込んでおくんなさい
と、何度かメール入れたりなんかしたのを思い出します。

引き取りは住民サービス、という間違った思い込みを刷り込まれた職員さん
かわいそうだけど仕方ない、と誰もが思考停止に陥っていた数年、いや十数年、数十年?

当たり前と思っていたモラルがその場では働いていないことに
とてもびっくりしたことを思い出しました。


法改正で引き取り拒否ってなっても、実際にできるかなぁと行政が悩んでいる
という内容の新聞記事に対して、この方はこう書いてます
・・・・・・・・部分転載・・・・・・・・・

本来、拒否するべきものを拒否せず引き取ってきたが故であり、そもそも、自治体が一部の飼い主の道理に反した身勝手な要求に応じてきたことにも原因があるのです。

飼い主が高齢や病気て飼育困難になったのであれば引き取りもやむをえないと思います。しかし、飼い犬や飼い猫が高齢や病気になるのは当たり前のことで、それを理由に、まるでゴミでも捨てるかのように保健所に捨てる飼い主の感覚が理解できません。

老いや傷病で、譲渡もできないような犬猫を、ただ殺すためだけに引き取っていることが問題なのであって、拒否できるか否か悩む必要はまったく無いと思います。

道理に反する引き取りを要求するような飼い主ですから、素直に応じるとも思えませんし、引き取れ引き取らないと押し問答になる可能性もあると思いますが、毅然と対応すればよいだけのこと。
(それが嫌だとか、できないなら退職したら良いでしょ。)

・・・・・・・・転載終わり・・・・・・・
胸が打ち震える感動は 最後の一文です
私はここまで書けなかった・・
かっこいい・・・

規則云々の前に、正義感や良心にのっとって人々が動ければそれが一番なのですよね

まぁ、ヤクザっぽい怖い人やちょっとおかしな人(これが一番怖い)がいるのわかりますけど
でも、毅然としていればいいんです
なんたってお上(おかみ)ですから^^。ある意味、権力側ですからね。

そういえば・・
引き取りたいって人が来ているのに
規則ですから、って毅然と「殺す」ってパターンは
よくありがちな光景でしたね、全国的にも。

「飼い主にしか渡せません」
「譲渡対象犬ではないから渡せません」
「一度人を咬んだのでダメです」(状況がどうあれ)
「期日がすぎたので殺処分です」

そう言って働いていた人は実に多かったと思う

私は、こういうのを見るにつけ聞くにつけ
戦時中を想像してしまいます。
右向け右で生きている人、生きざるを得ない弱い人
こういうどっちにも向く人が実は一番問題で・・・
・・ってことです

自分の考えを押し殺す以前に
自分の考えも分からなくなるような仕事なら
自身の精神のためにもやめた方がいいんだろうと思います

 引き取り拒否したら、あちらこちらに捨て犬が増えるから
 犬猫回収車をやめたら、あちらこちらに捨て犬猫が増えるから

だから引き取る、とか だから回収車やめられない
・・って言うのがおかしい。

引き取っていたら
回収していたら

捨ててもいい、という前提になってしまうんですよね
問題はそこです。
結果を回避するために 間違ったことをしていてはいけない。
当たり前です。

回収車は、今もどこかで走っているはずですが
やめてほしいものですね。
ゴミ扱いですから。

注:引き取り拒否は 家庭犬家庭猫に限定です
  一番多い、野良猫の子については今のところ仕方ないか・・と思われます




スポンサーサイト

カテゴリ: 動物行政

どんな職場でも起こり得ることだろうけど・・ ショック 

空のブログさんから知りました。
(私に微妙に似ていて理詰めな方で^^以前から拝見しています。)

栃木県の動物愛護センター職員が、上司によるパワハラで 自殺・・・・

うそ・・・ 
と思い検索を掛けたら事実でした。知らなかった・・

産経ニュース

ライブドアニュース

深く心が痛みます
もしかすると、自殺の原因は上司だけではないかもしれないけど
引き金になってしまった、ということはあります
「そんな上司酷いよね」って愚痴を言って聞いてくれるような人、家族がいたら
孤独に死を選ばなくても済んだかもしれない

これは、たまたま 動物愛護の現場だったので
ボランティアが大騒ぎして事件になりました。
その張本人は、この後大変なことになるかもしれません

でも
世の中には、誰にも知られず似たような事件がたくさん起きているのかもしれません

では、亡くなられたYさんに向けて
あるボランティアさんが書いた文章を転載コピーします。
もう、元はどこだかわからないけれども
多くの人に知ってもらいたいと思っているはずですので。。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2014年5月16日金曜日

久しぶりの投稿が残念な内容になってしまいました。
長きにわたりワンズをサポートして下さったYさんがお亡くなりになりました。
職場でのパワハラによる自殺でした。

引き出しをする子の性格や健康状態などをとても細かに教えて下さり、
問題行動ととれる様子を示す子にはしつけのアドバイスもくださいました。
犬に接する態度がいつも穏やかで常に犬目線で物事を考える方でした。

「この子に必要なことは何なのか?
どう接してあげれば不安を取り除いてあげられるのか?」

先ず「処分有りき」のセンターに、
こんなにも収容されている子達のために心を砕いてくれる人がいるのか、
と驚きました。
でも、結果的にはそれが仇となってしまったのです。

縁があってお散歩のお手伝いをしてくださることになりましたが、
自分のことは頑ななまでに何も語らない方でした。
でも時々

「俺は、職場の厄介者だから…」

と、いうことがありました。
間違ったことは間違っているとはっきり言う方だったので、
上司とぶつかることも多かったようです。

「俺は殺す側の人間だから…」

とも言っていました。

心を砕いて収容期限いっぱいまで世話をしてきた子達を殺処分場行きの車に乗せるのは
どんなにか辛いことだったでしょう。
でもねYさん、あなたのおかげで命をつなげた子がたくさんいるんだよ。
助けることは出来なかったけど、収容されている間の数日間を穏やかに過ごせたことを
たくさんの子が感謝しているはずだよ。

お散歩で顔見知りになった人たちがみんな心配してくれたよ。
「お散歩ボラさんどうかしたの?最近見かけないね」って・・・。
ワンズもさびしがってるよ、おやつのおじちゃん来ないねって・・・

そして何より、あなたが誰よりも愛していた花ちゃん。
急に会えなくなってしまったあなたを心配しているし寂しい思いをしているよ。


最愛の花ちゃんを置いてまで
命を絶つ決断をしなければならないほど追いつめられていたんだね。
でも、
生きていてほしかったよ。
毎日顔を合わせる仲だったのに、
さよならを言うチャンスもくれなかったの?
二度と会うことはないと思っていたけど、
どこかで元気にしていてくれると信じていたのに。
こんな形でのさよならになるなんて信じたくないよ・・・

「ここは人のための職場で動物のための職場ではない」
と言い放った動愛の上司。

こんな人間が動物行政に携わっているのです。
口先だけの「殺処分ゼロ」
上三川の事件でもわかるように
面倒なことは闇から闇に葬ってしまう栃木県。
何事もなかったような顔をして火葬場にいた動愛の職員を見たときには
怒りで体が震えました。

Yさんの死は職場に対する抗議ではなく
絶望であったと思います。

何も変わらない、
自分は何もできない。
助けることが出来ない。

事有る毎に受ける上司からのパワハラ。

生きていく望みをなくしての決断だったのでしょう。

今回のYさんの件、人事課への報告はなされていませんでした。

お得意の握りつぶし、なかったこと処理。

この、腐りきった栃木県の体質を根本的に変えていかなければなりません。

たくさんの人に今回のことを知っていただきたいと思います。

本当に動物を愛し、動物のために働く人が
命を奪われてしまうような職場が
許されて良いはずがありません。

Yさん、あなたの意志は私たちしっかり引き継ぐよ。
動物たちにとっての職場になるよう、
そして処分される子がいなくなるように頑張るからね。
どうかゆっくり休んでください
うちのワンズがそちら側に行ったときにはよろしくお願いしますね



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ひまわりと子犬の7日間 でも
上司は、非情でした

少なからず、いるのでしょうね、そういう人は・・

情を馬鹿にする人
情に引きずられるのは愚かしい、くらいに思っている人
それが仕事ができる人間なんだ、と思ってしまっている人

あまりに、愛情あふれる写真で
何も知りませんが泣けてきます

カテゴリ: 動物行政

長野県動物行政 

信毎に、殺処分減少についての記事が大きくでましたので・・
(長野市日本一処分率が少ない、
 ボランティアとの連携が成功している、という記事です)

それについて、思うこと
また考えたことなど 犬情報の合間に書いてみたいと思います。

動物愛護をやる人は、動物が好きなわけで
助けたい動物を見つめているわけなので・・

行政や政治のことは、わからない・・となりがちです。

でも、なんでもそうなんだけれども

この世の問題には必ず、お金、の問題が絡んでいます。
(これ、最近読んだブログに書いてあったこと・・)

そもそも なぜこんなに犬猫が処分されてしまうんだ、殺されてしまうんだ?
と考えたときに
犬猫が、品物として流通している、
金銭と引き換えに売られている存在だから、というのがあります。
(猫問題は それとちょっと違いますが・・)

ものなので、在庫が出る。
利益を出すために、扱いが虐待にもなり、殺しもする
(ブリーダーやショップは、ひそかに殺しています、・・らしいですよ、たいていは)

で、経済優先社会なんで そこらへんは社会全体で目をつぶる
彼らのやる虐待は虐待とみなさない、ということです。

檻に入れっぱなしで、子供を産むだけの機械にされて。。って
いくらごはん貰っていたって、虐待ですよね。

でも中には、良心的なブリーダーやペットショップもある

これは否定しませんが 商品になり日本中、世界中で流通する金儲けの道具になってしまっているうちは 犬猫の不幸は根絶はできません。

・・というは 無理な話なので
とりあえずおいておくとして

政治の話にもどります。
政治に お金の問題はつきもの、です。
お金の使い道を決めるのが政治、といってもいい。

お金と政治は切っても切れない関係です。
政治家さんも、それで失敗してたりしてますけど・・。

行政つまり官僚、というのは ある意味特権階級です
公僕、なんていますが、それは建て前で
権力者です。なので、すり寄ってたかる人がいます。

自分のお金じゃないので、気前がいいです。
同じ仕事でもたくさん払ってくれます。
ケチらない、からですね。 税金がたりなくなるわけです。

政治も 自治会レベルから国家までありますが
どこも似たようなもんです。
一部の人間が勝手に決めてしまいます。

民意は反映されないものです。民主主義ってのは、実は幻です。

・・って 動物行政に話をもっていきましょう。

動物行政にも当然 予算、があります。

が、関心を持ってみる人はまずおりません。
調べるのも結構面倒だし。

わたしも、こんなことでもなかったら、予算なんてみることはなかったと思います。

動物を殺処分するためにいくら使っているのか・・

生かすためより、殺すために、大金が使われています

悲しいのは、ボランティアが頑張って頑張って身銭を切って処分数を減らしても
なぜか 殺すためのお金は変わらない、ということ。

公務員がそもそも高級取りなんで、それに合わせているのでしょうけど
仕事量に比例しない金額、ってのが なんとも・・ですね。

以前は、空でも車がルートをきちんと走りましたからね、ありえない。
運ぶものがなくても保健所を迂回する、ということです。
殺処分無くても 業者の社員は ぼけっと管理所におられたりしましたしね。

今は、保健所経由に関しては必要な時だけ寄るようになっているようです。
管理所行のトラックは、日通です。

さてと・・

そういうこと考えるとイラつくからやめた~ ってなってましたけど
ちょっと調べてみました。

「意見募集とかしてたんだ~」と今更気が付きまして

来年は、気合があったら無駄を承知で出してみたいです。


犬等管理所運営費総額一千九百三十四万九千円 19,349,000円
犬の殺処分数がおそらく100頭くらいでしょうから・・
どうでしょう、高額、じゃないですか?

最近は、いつも犬猫でカウントされているけど
管理所のガス処分機は犬を対象に作られたものです。ねこ用ボックスは後から付けたし。

犬の処分は危険が伴う、と言い訳してガスの処分方法を維持してるんだから
犬がほとんどいなくなったらやめてもらいたい

猫は子猫が大半であり、犬と同列にしてカウントするのはトリックです
こんな処分数があるから維持したい、と言われている気がしてなりません。

とにかく、ガス処分はやめてもらいたい、
やめられるはずです、やる気の問題です。

新聞記事に、避妊去勢代等税金の無駄遣いはできない、みたいなコメントがあったけど
あなたたちがしている税金の大きな無駄遣いは
どうにかしようと考える気はないのか?と思います。

ハローアニマル 維持費 総額 一億4千万

 当所の動物飼育委託費 2千5百万

これらは、殺処分減少のためにどれほど役にたっているのでしょう
経費に見合って効果がありますか?
費用対効果、というやつですが・・

無いと思いますが。

各保健所の施設は相変わらず
世話も不十分でしょう(ハローアニマルなんかに比べると)

新聞記事にあったように
犬猫殺処分の減少については
ボランティアに大きく依存しているのは事実です。

彼らにこそ、わずかでも金銭を支払うべき・・

いや、支払わなくてもいいから

殺すためじゃなくて、生かすために血税を使うべきです。


殺処分が本業・・ってのはまだ基本、ということですね。
処分数に応じたお金がもらえる、、と聞きました。(詳細不明)

三郷の管理所、また残りました。
考えると まじめにイラっとします。

ひとりで怒っていてバカみたい・・ってなるときもあるけど
黙認ってのは・・ほんとうはよくない。
言い続けなければいけないのだろう、とは思ってはいます。

ただ職員が毎度毎度変わる県庁や保健所・
その時の人に訴えたことは、また次の人にも同じことを・・
となるので、途中でちょっと嫌になりますね

長野市保健所に県が追いつけないのは
この、やたらな人事異動のせい とも言えます
まぁ・・異動がなくて固定化してて最悪だ というケースも
世の中にはあるようですけど。

経費というのは・・

「適正です」と言い切られると、それで話が終わるので

絶対適正じゃないだろう(ーー゛)、と思いながら・・
黙ることにします。

自分にできる範囲で、イラつかないことをするしかないですからね。


早かれ遅かれ、廃止になるのだから
早くやめたらいいのに。

無駄遣いをやめないで、お金が ないない という・・

まぁ、政治って、てか官僚組織ってそんなもんかも 

一旦請負業者となると、おいしい仕事ですよね~
袖の下、な~んて あるのかな、と 一市民は想像します。
嫌味たっぷりですみません、単なる想像・・ですから、お許しあれ。

ちょっとすっきり

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

保健所のワンコさんは 午前中にはみなさんいなくなるらしい
やっぱりお迎えありましたね、柴さん。

このペースなら ハナマルです。

あ、そうそう わんこの返還手数料を
地元の保健所に還付してね、って思ったりします。

現在松本保健所は 新聞掲載とか継続的に依頼して
返還努力してくれていますから。

迷子犬のポスターも地図付で用意してくれたりします
係長さんはとても親切です♪

全て、人によります。それにつきます。

カテゴリ: 動物行政

「犬・猫にやさしいまち」長野 低い殺処分率 

・・という見出しの新聞記事

ウェブ上でも見られるようです。

誰もが長野県民でなおかつ信毎とっているわけでもないので
見といてくださいね、では 不親切だったかも(^_^;)

コメントくださった「タマらんブログ」さんの記事より知りました。
こちらに記事全文掲載されてます

「いぬの会」の活動も紹介してくださいました(#^.^#)
いやはや・・恐縮です

重複にもなりますが
とりあえず ⇒信毎ウェブ

長野市 の動物行政と

長野県 の動物行政が 別ってこと・・

ほんとによくよく知っている人しか知らない話なんですよね。

それに、松本保健所って 松本市がやっていると思っている人も結構多かったりします。
松本にある、というだけです。管轄は8市町村に及びます。

では長野保健所とは? という問題が・・

長野市保健所と

長野保健所 があるんですよ! ご存知ですか??

変でしょう。

長野保健所、とは 長野市を除いた周辺の地域
須坂市とか・・何とか町とか・・
ドーナツ状になっているんです、管轄地が。

何とも不思議ですよね。

長野市保健所は担当職員も多くて、記事にあるようにお手本になりそうなのだけど
長野保健所は、違います。
職員も少ないし、地下にあって外に出してもらってはいません。
ただ、結構広くてきれいだとは、聞いてます。
地下なので、冬はそんなに寒くない・・とも・・・

長野県は保健所が10か所あって、職員の異動もある。
(たま~に長野市と長野県の職員交換?もあるようですが・・)

職員が変わる度に、微妙に待遇も変わっていくと思われます。
ボランティアがいるところ、いないところでも大きく違います。


・・まぁ

殺処分が減っているんだから、
ガス処分機を完全撤廃して
殺処分は麻酔薬を使った注射による処分を県一律で行うようお願いしたいです
焼却は地元にあるはずなので委託してください。

と いうようなこと・・
最近めっきり訴えてはいません。
(たぶんもう分かってはいるはず)

予算とか調べだすと、なんだか妙にいらっとしてストレスになるし・・・(-_-;)

とことん減れば、かの人々も考えるでしょう
・・・ってことで。

目の前のことをコツコツやらせていただくとします。






カテゴリ: 動物行政

動物愛護を推進してくれている国会議員 松野頼久さん 

なにから説明したらいいかわからないほどですが

この方の 動物愛護レベルアップへの貢献は ほんとうに素晴らしく
素晴らし過ぎて泣けてきてしまうほどです

なぜ、泣けてくるかというと・・

余りにこういう議員さんが少ないこと。

官僚主導では、やはり物事は進まないんだなぁ、ということ。

まずは
29日の環境委員会の質疑応答を是非是非ご覧になってください。

環境委員会 松野頼久 質疑応答


松野議員のかっこよさと
環境省?の御役人の、のらりくらりあいまいな答弁に眩暈がします。
(方針を示すだけで具体的な方策がいつも欠けている、のは 国からして同じなのね・・)

犬猫収容施設改善のために年間一億予算が付けられているのに~
(ほとんどの人は知らない・・)
ちゃんと使われているのかな~?
全然関係ないところに消えてないか?

県は・・県は・・なにしているのかな?

犬が凍死するような施設を放置して、改築する気もないのかしら?

長野県の議員さんには あまり期待ができません
動物問題なんて・・と 思っている人ばかりな気がします

が!

一昨年の女性議員さんに続き・・

今年9月末の県議会で、犬猫殺処分について質問をしてくださった方がおります
「太田昌孝」さん

音声が小さいけれども 録画でも見られます。

県の健康福祉部の真鍋さん とやら・・

ほんまかい? と突っ込みたくなる答弁いっぱいですけど・・
まぁ・それはそれとして・・・

太田昌孝さんの質疑応答
サイト左に録画中継、ってありまして 25年9月26日定例会、をひらくと
見られます。

それにしても・・・

9月に出された陳情書についての回答が
ネットで公開されないのは、なぜだろう?
提出された愛護ボランティア団体さんたち、
口止めでもされているのだろうか・・???


「松野頼久 犬猫」とかで検索を掛けて
彼の働きをぜひ知ってください。

日本の動物愛護推進のために 大きな大きな働きをしてくれている方です。
熊本市の動物行政が素晴らしいのも、こういう方がいたから、というのもあります。

犬猫殺処分問題は
ライフワークとしてやっていこう、と思われているそうです。

今、政治の世界では、特定秘密保護法やら なにやらで
動物どこじゃない、という空気ですが・・

そんな中で、こつこつやってくださっていることに
たいへん感動しました。

余力があれば、文字起こししてみたいです。

カテゴリ: 動物行政

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。