Admin   *   New entry   *   Up load   *   記事一覧

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

Trackback: --   コメント: --   

幼猫の飼育 

昔は、どんな猫も保健所に来たら基本的に殺処分でした。
昔・・といっても
私が知っている範囲の昔なので、最近とも言えます。
3年、4年くらい前のことです。

猫を目にしないので、見えないものに心を悩ませることはないために
考えずにいました。
まだ、殺処分の犬も多かったため
猫どころではない・・というのもありましたし。

実際、何処でもそうだろうと思います。
猫までどうにかする余裕なんてない、ということです。

保健所で 動物の飼育に詳しいわけではない職員さんが
世話までしている(させられている?)ことがどうなのか・・・という
基本的な体制の問題があります。
(都会の方は、人間の保健所とは一線を引いて動物関係はまったく別になっているらしいです)

殺処分を減らしましょう、譲渡促進しましょう、なんて
環境省が宣言しても
地方自治体まで下りてくる間に薄れてしまうというか・・・

現場の空気にまかされてしまうのが実情です
自治体本体(県庁)が、それだからどうしよう、と特に対策を打とうとしない
ということもありそうです。
ビジョンもリーダーシップもない、ということです。
(言い過ぎでしょうか? 今はまた違ってますか?)


犬猫殺処分 といって 数が合計されているので
猫は別にいいや、ってことではないと思いますが

幼猫が大半を占める猫の収容や飼育は
犬のそれとはまったく異なっているために
悩む内容も違うし対応も異なってきます。

犬は子犬はいないし、そうとう病気でもない限り
一日一回の給餌でも死にはしない(本当はよくないと思いますけど)

でも、幼猫は あっという間に弱ります。

こねこの会さんは、
基本的にミルクのみの小さな子を預かって育てて譲渡しているグループですが
こねこは数匹単位で持ち込まれることが多いため
すぐキャパオーバーになります。

保健所で、本当の乳飲み子の飼育は不可能です
ミルクはあっても 手がありませんから。
それに夜の時間は長い。
仮に、朝、昼、夕とお世話してもらったとしても(仮定です)
夜は15時間。長すぎます。
土日の問題もありますから、無理なわけです。

とっても無理!という子が保護団体に連れて行かれるか
処分されるのか・・

で、
まぁ、ちょっと大きめで(3週~4週)
なんとか缶詰も食べられそう、という子猫が
かろうじて生かされていたりするのを 見ます。

でも・・確実に弱っていきます。
歯が生えているから食べられるはず、といっても
離乳期にはまだはやい。

お腹がすけば無理して食べる
無理して食べれば胃腸が弱る
胃腸が弱れば、おわりです。
衰弱していくばかり。

弱ったからだからウィルスが発生します。

ウィルスは他からうつるだけではなく
弱った腸から派生する、と聞いたことがあります(人間に関して、だったけど)

それか免疫力が低下し、
空気中に普通に存在する細菌にやられてしまうのかもしれません。

弱ってから、あたふたしても 
薬や注射をうっても難しいことが多いです。

暖かい場所、温かいミルク 定期的な給餌。
それが保証できなければ、子猫は確実に弱ります。
そのことを
今年はこねこを見ることがいつもより多かったので痛感しています。

保健所職員も今の時代
殺すのが仕事です、と言い切るような人はほぼいなくなっていると思われますが
殺したいわけではなくても積極的に生かさなければとは
なかなか思えないものだろうと思います。
処分も行ってもいるわけだし、数も多く仕事も忙しく余裕もないかと・・。

昔、
こねこのミルクボラが増えたらいいのに・・と
とある県の職員さんが言っていたのを聞いたことがあり・・

(いやいや、そういうボラさんがすごく増えて
みんな助かったとしても
行き先はあるのでしょうか??
譲渡できる数(もらってくれる人たちの数)というのは いったいいくつかわからないけど
上限があるのではないですか?)

と 思った記憶があります。

全部助かってしまったら
こんどは 別の悩みがあるわけです。

確実に行き先があるわけではないのに
たくさんの子猫を助けて大丈夫なのだろうか・・

と、猫助けに手をだしながらも、よく思ったりもします。

そうやって、悩みながら・・
でも、目の前にした場合
とりあえず、助けよう、となってしまうのは
理屈ではないです。ある意味、仕方ないです。

今回の子猫も やはり弱っていて
下痢もしています。
保健所で見たトイレにはいいウンチがあったけど
数日前のものかもしれません

来てすぐの体力の貯金はほぼ使い切っており
あのままいたらこの土日で片方は確実に死んでいただろうと思います。
給餌は一度だし
20度を切る朝の気温も体力を奪います。

初めて乳飲み子を預かったのは2年前。
もう少し秋に入った頃でしたけど
二匹一緒だし大丈夫、と思って
しっかり暖房しませんでした。

人間の適温じゃいけないのだ、と学んだのはそのあと。
「そこまで暖かくなければいけないの?」と思ったりしたけど
母親の体温が常にそばにあるのが本来の姿
と聞けばひどく納得で・・。

こねこの飼育方法 色々調べながら
時々預かりながら 3年目

職員さんたちも 子猫の生体や飼育方法をどこかで学んではいません
自己流です。自己判断・・・・。
獣医の知識と、飼育の知識は似ているようで非なるもの。

こねこを育てたことのある人は、意外にも
いやかなり少ないはずです
私も、保健所にかかわらなければ一生そんなことはしなかったでしょうし。

知識を持っていても、育てるのが簡単ではない幼猫
自己流ではやはり 無理が出てくると思います。

これからの時代、
保健所で動物担当することを変えるのは難しくても
動物の生体や飼育に詳しい人が採用される時代になることを
期待します

あれもこれも、食品衛生も 動物も・・って
やっぱりなんか無理があるでしょうね、と改めて思うばかりです。

幼猫の育て方
こちらのサイトに詳しく載っていて参考にしています。
子猫の飼育




スポンサーサイト

カテゴリ: 保護猫

悩みましたが、我が家から里親募集 


黒白 男の子  サビ? 女の子 生後二か月半ちょっと

※ 飼い主さん決まりました。 今回も早くてびっくり(@_@)22日
四匹で収容された可愛らしい子猫
なんとか保健所で育って里親さんを探せたら…と思って
見守っていましたが

収容数が多く、風邪の症状を示す猫が多数いる中
体調をどんどん悪くしてしまい
一匹が倒れた段階で、いたたまれずに予定外に預かることに。
元気になって譲渡できるようになるまでの一、二週間ということで連れてきたのですが・・・
一匹は、すぐ具合が悪くなり原因もよくわからないまま亡くなり
二匹が残りました。 心配しましたが、重篤な病気ではないらしく
すくすくと 元気に育っています。

猫舎も換気がよくなったし、今回は戻すか・・と思っていたけれども

まぁ・・ そうなるか・・やっぱりそうだよね・・・(ーー゛)

相談の上、この度も、家から譲渡するになりました。
子猫の譲渡はしない、という昨年の誓いはあっという間に翻り
もうしばらく預からない、と思っていたのですが
・・・ダメでした。 

もう・・・ こうなってくると
どこかで達観した方がよさそうです。

とりあえず、犬の生死に悩まなくてもいい状況であるので
猫さんのお世話や心配に 気がまわせていられる
というのもあるのですが・・・。
もともと、猫が好きだったので見るとどうしてもいけません。


猫餌の寄付はとても多いです。
多分これ以上きても困るくらいあります。

でも、物より人手。
物より思い出、なんてCMありましたけど・・・

物はないよりもちろんあった方がいいけれど
物を使いこなすのは、人なので・・・

でもって、人が足りている、とはとても思えないので
ボランティアとして入らせていただいているわけですが・・・。
(あちらが募集したわけではないので、押しかけ女房です^^;)


世話、というのも いろんなレベルがあって・・・

ノラ犬(今はほぼいない)ノラ猫に餌をあげる感覚で
一日一回食べられるだけでもいいだろう・・的な考え方もあるだろうし

いやいや 
適正飼育、と考えたら
朝、夕、最低でも二回は必要だろう
散歩や運動も必要だろう

という考え方もあります。

生きていればいい、というレベルと
「健康的に」生かそう、というレベルでは
対応も微妙に変わってきてしまいます。

ボランティアは 当然、
動物が好きでやっているので、
保健所さんからすると、有難い反面
うるさい小姑です 

ずっといるのは職員さんなので
あーだの、こーだの お願いしたり、文句?(いや意見です)を言ったりなんかします

忙しいのも分かるので、やたらな要求はできませんが
適正飼育、に近い方法で 対応してもらいたい・・・と常に切望。
檻に閉じ込められた動物の24時間は、長いですから。


お散歩ボランティアということで始めたので
犬がいないときは 基本的に行っていなかったのですが
猫好きなメンバーさんもいることだし
猫のお世話だけ、でもお手伝いとして入るようにしようかしら
と思いつつあります。

今日は犬がいないので、散歩ボラはお休みでしたが
ついでもあったので、行って猫世話もお手伝いしてきました。

餌と水を与えられるだけで、
犬猫レベルの知能がある動物が幸せであるはずがないし
貰い手を探すにあたっては
人に慣れていればいるほどいいわけです。

犬猫の世話担当が決まっている保健所もありますが
(そっちの方が多いと思われ)
松本保健所は、交代で という特異な体制です
流動的な場所で 流動的な状態で・・
でもって ボランティアも流動的に対応しているわけで・・

ボランティア希望者さんが たまに連絡をくださっても
はっきりした枠もできていないため

というか・・ とにかく犬が少ないので
ずっと保留状態になってしまったりしてます。
申し訳ありませんm(__)m

猫メインにお世話したいです
それも、継続的にやれます
みたいな人がいたら、犬がいてもいなくても設定できるので
声を掛けてもらえると いいかも

・・・そのときにまた考えよう、と思っているくらい
何も決まってないですけど。

またぶつぶつ書きましたが
子猫は 保健所譲渡欄にも載せてあります。
また別の写真で載ってます。
よろしくお願いしますm(__)m


カテゴリ: 保護猫

もじもじくん 



とらねこちゃんは雄です
タイガー から なぜか 掛布になりました。(時代を感じる・・)
 カケプ~ と呼んでます。

黒い子は雌。 黒姫ニャン、と呼んでますが
家の人は、お目目キラキラなんで キャンディキャンディみたいと言って、(これまた時代を感じる)
キャンディちゃんと言ってます。

そろそろ、このかわいこちゃんも 巣立ちの時となりました。
カリカリがふやかさなくても食べられるようになったので。

元気いっぱい、走り回っています。

雄の方が甘えん坊で、いまだにチュウチュウ吸います。
わたしの口を吸っています・・(~_~;)
両手をモミモミしながら目をつぶって吸ってます・・
なにも出てこないのに・・・
こういう猫も初めて。 猫もほんとうにそれぞれで面白いです。

黒姫ちゃんの方は、割とクールです

娘は、くまもん と呼んでます。 たしかに・・・・

さて、タイトルのもじもじくんとはこれ。

勝手にこんな格好して、ヒーターの前で寝てました。
暑くないかな??




ピンとぼけぼけ

クロネコは うまく写真がとれません

来週には保健所ホームページに依頼したいので
頑張ってとらないと・・・

毛がふわふわで、白い目張りがあって 珍しい猫さんです。

カテゴリ: 保護猫

白縁メガネにゃんと とらにゃん 

微妙に小さすぎたので
30日に連れ帰りました・・・。

まだ、ウズラちゃん(シャム子猫)の里親が見つかっていなかったんで
ちょっと悩みましたが、彼はきっとすぐ貰い手がつくだろうと踏んで。

案の定、ウズラちゃんはHPアップ即日申し入れが入り、
新しい保護猫さんのお世話にシフトすることができました。

今度は、絶対に戻すからね、(カリカリを食べられるようになるまでだから)と
自分にも言い聞かせるように、職員さんに言ってきたのですが

3日もたたないうちに、無理だと判明。
というか・・ もうそういうことを何度もしてきているので

さすがに学習しました。
一度でも出しタラ戻せない・・って。

それは保健所があまりに酷いところだから、ということではなく・・
(家ほどいいわけではもちろんないけれども)

単に、かわいくなって 情が湧いてしまうと
誰にもらわれるかを見届けたい、と思えてくるからなのでした。
(本当はいつも手放したくないけど)

猫のボランティアじゃないから、一匹ずつの保護譲渡なら、、といいながら
気がついたら今回は2匹ジャン・・。(-_-;)

保健所で見たときは、可愛いとかどうのという気持ちより
小さいからまだミルクのみだろうなぁ、食べられないだろうなぁ、と心配する気持ちだけ
なのですが

家に帰ってよくよく見たら、まぁ、何とも可愛らしいこと。

変わったお顔をしていたのでした。 それがこちら・・

白いアイライン?アイシャドウ? 目が大きく見えるお姫様にゃんこ。

?

?


ぅぎゃ~(子怪獣)


背後霊になっているのが、よく見るトラ猫ちゃんなのですが

これまた、かわいらしい。



お手手、チュパチュパして眠ります




動く映像はこちら

[広告 ] VPS


二匹とも・・特に黒姫ちゃんがおなかの調子が今一つ悪いので
様子見です。
そろそろ、離乳食。 この切り替えが難しい・・

パウチ(カルカン)を食べさせたのがきっかけで下痢が始まったような・・
ミルクの時はいいウンチしていたのになぁ・・

でも原因はいろいろあり過ぎるのでわかりません。
また、虫かもしれないし・・ う~ん

猫ボラさんに教えてもらったこととか、ネット情報とか混ぜ込みながら
でも、やっぱり経験から学ぶことが一番なのですよね、感覚・・というのかなぁ。

お腹がよくなってカリカリと水が飲めるようになったら
またホームページにアップします。

いい人にもらわれますように。

つけたし

[広告 ] VPS




カテゴリ: 保護猫

うずらちゃん 

カリカリと水が飲めるようになったので
保健所に写真を送って、今日掲載してもらいました・・・ら

夕方には、欲しいと電話が。(想像以上に早かった・・)

家人が 「かわいいから 秒殺」(で貰われるという意味)と言っていたけど

ほんとになって

なぜか涙ぐまれてしまい、(あほか)
つられそうになってしまった。

毎回だけど、かわいくなった頃なので 別れがつらいです。
割り切っているところで、やめてくれ・・・。


電話での最初の質問が
「猫と仲良くしたいんですけど、どんな性格ですか?」
(ねこはつんとしている、というイメージを持っているのかも・・)

いつも直観に頼るしかないけど
可愛がってあげたい、という気持ちが伝わってきたのでマル。
やっぱり、気持ちが大事かと・・

それに、私は橋渡しに過ぎないので
あまり、あれこれと 強く出過ぎないようにしたいと思うのです。

運よく生きる機会を得たこの子の運を信じて
送り出してあげたいと思います。

松本保健所に持ち込まれる猫の4割は助かりません。
(それでもとても多い方で、自治体によってはほぼ100%殺されてしまうところもあるそうです)


家に来たころ(一か月前の)うず(うじゅ、と呼んでいました)

3匹の大人猫とじゃれあっていたから
最初は寂しく思うんだろうな・・・

 

カテゴリ: 保護猫

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。