Admin   *   New entry   *   Up load   *   記事一覧

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

Trackback: --   コメント: --   

啓発&フリマ 続き^^ 




画像をクリックしてください。
WEB絵本で読むことができます。




毛皮がいかに残酷で、人でなしの産物であるか
私たちは知りません。
売っているから、買っているだけ。

動物を愛する心優しい人たちが
知らないで残酷さに加担してしまうことほど 悲しいことはありません。

どうか知ってください。
あなたの その服の襟 縁取り ホルダー
ふわふわはかわいいけれど

それは動物たちの苦しみの産物です。

私が、動物の問題に気が付いたきっかけは 
毛皮の真実をしったことからでした。

すぐ隣にあっても 気が付かないことはある。
気づけないことがある。

犬猫の殺処分も、あなたの街のすぐ近くで
密かに行われ続けてきたことなのです。

。。。

ということで

ネットから何枚もダウンロードして
毛皮反対ポスター作りました。

こちらから
Say "No" to cruel things

余りに残酷なのは控えましたけど。

で・・
ふと気がつけば、となりのブースの方が毛皮のベストを着ていた(-_-;)

あー、いいようなわるいようなーー

でもこの方、東洋系の外国人みたいだったけど
しばらくして
「わたし、どうしよう~ 」って自分の着ている毛皮を示して
困った笑顔で話しかけてきました。

す、すごい。 
私が相手だったら、固まって・・声かけられないと思うけど・・

一人で来られていて、いつも隣さんに声を掛けているのかもしれません。
結構長時間で退屈だし、一人じゃトイレもなかなかね・・・。

少し離れたところでは、なぜか二匹のウサギを連れている
母娘の参加者。
それがまぁ、かわいらしいうさこでした。
触らせてもらったら、ふわふわ。

あぁ、これで毛皮にされちゃうんだ・・って思ってしまった。
こんなかわいいんだねウサギって。って思うと。
動物実験も思い出されて辛くなる。

知っていますか、化粧品に毒性テスト、ウサギが使われているんです。
目に薬物を入れて、何日で目が腐るか・・って
信じられますか?

実験、と言い訳すればどんな虐待もありですかね。

正当化とは、このことを言いますね。

人間は酷い。

お金儲けと、快適さと、おしゃれと、
そのためにたくさんの動物を犠牲にしていることに
まず気が付きたいものです。

・・・・・・・・・・

さてさて

最後には、フリマネットの代表の方が来てくださって

こういうことをみんな知らないから
とてもいい活動ですね

みたいなことを言っておられました。

同じようなことをしている人を集めて宣伝してやったら・・
とも言われていたけど

分かるけど、難しい。


自分も、最初のころは

えっ、知らなかった、ってことばっかりで
もっと知らせないと、って一番に思っていた気がします。

犬猫のこともそう・

何でも、人知れず・・・ってのがいけない、と思いました。
「不都合な真実」ってことなんですよね、すべて。

殺処分問題もメジャーになってきたか?と思ったけど・・
そっか・・知らない人はまだまだ多いんだ・・
と改めて思わされて
啓発の必要性を感じましたね。

ペットはかわいがられている、というイメージしか持ってない人は多いらしい・・
確かにそうなのだけど、
いったん、人から「いらない」とされてしまった犬猫には
人間社会は極端に冷たいわけですね。


遠いようで、近い道、が啓発活動です。

最近、啓発を頑張りたい、という方から連絡をいただいて
びっくりしましたが(笑)


さぁ、10月末

収容環境について、県はどういう答弁をしてくるのか

私が出した要望書じゃないけど、気持ちは同じなんで
回答が楽しみです。
言い訳三昧に終わりませんように・・。どうだろ?



スポンサーサイト

カテゴリ: 啓発活動

啓発&フリマ 

心配していましたが、天気に恵まれて
無事にやってこれました。啓発&フリマ



今後も地道に・・、ということで テントも購入いたしました
(ワンタッチとはいえ、一度練習・・、なので割とすんなり・・)
いぬの会ってつけよう~という要望にお答えしてパウチで作成
結構いい感じ?で目立っています。

パルコ前という場所が場所なんで・・
並べながら展示しながらずるずるとばたばたと お客さん対応(-_-;)

最初が一番あわただしい・・というのがフリマ、みたいですね。
いいものねらいで来る人がいるから、だそうで。

迷子札の啓発とか販売は・・ 
う~ん、この場所じゃ違うかな、という感じでしたが
(実際に興味を示す人も買った人もゼロでした)

その他もろもろの啓発にはいい場所でありました。

ただ、思ったより人が少ない・・
来週が市民祭だから、出店もお出かけは来週にまわそう、って人もいたかなぁ・・。

さて

啓発用に作ったパネルはこんなのです

迷子のたどるルートとか 愛護法改正
犬猫の処分の推移など・・


ペットショップへ行く前に の絵本です

(プラスチックダンボールという存在を、このたび初めて知りました
 軽くて便利=デモなんかに使用されるようです)



猫はまじめに、考えもの。犬以上に扱いに規定がないからです。
保健所に来る時点で「野良猫」とレッテルを貼られているらしい・・
そもそも、保健所は猫の保護はしません、ってことでもあるらしい・・

だけど、遺失物法改正で(2007年) 警察に保管されなくなったんだから
迷子だって保健所行ってしまうんだよね?? (この点はまた考えてみたい)


そしてこれ、基本ですけど・・

って思いますけど、100%周知されているかは微妙です。

それと・・毛皮反対ポスター

やりましたっ! 私個人的には、地味ながらも達成感。
(結構止まってみてた人もいるので、インパクトはあるんだと思う・・)


・・・一息ついてまた続きます。



カテゴリ: 啓発活動

啓発いろいろ その3 ?? 

昨日の啓発&フリマの記事のその前に

こちらを紹介します。

犬猫問題、心が痛い。

でも何していいかわからない。

ちょっとだけでも、なにかしたい。

・・・って人にはとってもびったりな活動です。

まずは、知ってもらうこと、が大事です。

 クリックしてね!
どうぶつ福祉ネットワーク

ちなみに、一枚送ってもらって

昨日パネルに入れて使わせてもらいました。



ポスターの下に
「犬がいなくなったら必ず保健所に」っていうのを作って
貼りつけてます。

下の、ざわざわごチャコチャしたフリマ雑貨との
なんともなミスマッチに、苦笑い。

でも、自転車に乗っているお兄さんがじっと見て・・

「この本持ってます、で みんなに貸しているんです」と言って去って行かれました。


それはこちらです。

どうぶつたちへのレクイエムどうぶつたちへのレクイエム
児玉 小枝

日本出版社 2005-02
売り上げランキング : 118237

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ポスターのアップ写真も載せときます


このポスター、3年前愛護法改正の署名活動が盛んな時に知ったのですが
(同じデザインで作られていた)
その時は 犬 8万4264頭 猫20万2228頭でした。
犬はほぼ半減しています。

う~ん、すべての役場とか 学校とか
図書館とか 公民館とか・・ 貼ってもらいたいポスターですね。

でも・・いいことなんだけど

こういうのを貼るのを嫌がるところは 官民問わず
結構ありますね。

行政関連は、トップダウンでいけばOKなんだろうけど
誰の依頼か、で左右されそう・・・(-_-;)

このポスター
なんと、動物愛護センター(ハローアニマル)にも貼ってるらしい。

県がまとめ買いして 
一定数県下に配ったらどうだろう、と思いますけど・・

・・ってか保健所の入り口とかにも貼ればいいじゃん、って思いますけど!
(そういうのは絶対にはらないです、不思議です)

ハローアニマルでしか啓発しない、っていう県の姿勢は
なんか、自己満足的でいけないよなぁ、と思います。


カテゴリ: 啓発活動

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。