Admin   *   New entry   *   Up load   *   記事一覧

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

Trackback: --   コメント: --   

命の授業 

島立小学校の あるクラスで
「保健所の殺処分」についての授業をしていただけることになりました。

夏休み前にパネル展示をお願いに行ったところ
掲示するだけではあまり見ないかも、、
また低学年は読めないかも、と
気を聞かせてくださり

一クラスづつ回して、先生が説明してくれる
という丁寧な対応をしてくださいました。

それで、預かり期間を延長してもらいたい
と申し出があり・・

本当に有難い限り。

で、この取り組みはやっぱり記事にしてもらうといいんじゃなかろうか
と、ふと思い立って

いつも、ボランティア募集など掲載してくださっている
タウン情報の担当者に打診してみたのでした。

小学校がOKなら、取材に行ってもいいです、という返事をいただき
学校側にお手紙を書いたところ・・
6年の先生が取材協力してくださるとのこと。
打ち合わせに出かけ担任の先生にお会いしたら、とても感じのいい若い女性の方でした。

運動会が控えているので、そのあと、ということで
昨日再度、打ち合わせをお願いして・・

授業の終わりに少し話をしてほしいと言われていて
私が不安だったんです。何を話せばいいの?どんな授業なの?って。

さすがに先生! 
ただ、説明するだけじゃなくて
どうしたらいいか、考えさせよう、という授業の組み立てをしてくださっていて
あたりまえといえば、そうかもだけど ちゃんと授業になっていて
びっくり、大感激でした。

はじめ教頭先生の方からは 朝の読書の時間とか・・
という話だったのが、しっかり一時間とって授業をしましょう、という展開に。

なんにしても、すごいことです。

何を話せばいいのかなぁ~と、頭グルグル状態でしたが
先生が、きっちりかっちり、いい授業にしてくれるとわかって
気が楽になりました。

最後に一言!現場を知る方から・・ってことです。
それでも、慣れない状況だから、どうなることやら・・
でも、きっとなんとかなるでしょう。

とにかく、先生がとっても素敵な方で
感心するばっかりでした。


緊張し~なので、人前に出るのが嫌いなのですけど
そうも言っていられない・・

「いいことだと思ったことは、やろう」というのが
近頃の私の信念でして・・
「あの時、やればよかったかな」という後悔にならないように・・・

いろいろ失敗してもそれもまた、何かの肥やし。
経験は無駄にはならない、と思います。

あ、これいいかも? って言うひらめきは
どこからか降りてくるものだとも思っていて・・
そのひらめきを無視しないで、あとは使命感に駆られてやってます(^_^;)

やりだすとなんかもう逃げられないなぁ~ってなったりするんだけど・・

そんな感じで^^

犬猫ボランティアをする中で精神が鍛えられますね。
スポンサーサイト

カテゴリ: 動物愛護活動

保健所にゃんこ 



いまいち写真写り悪いですが・・ 左の子は本当に人懐っこく可愛らしい。
毎回お迎えに出てくれて大歓迎してくれます。 おんなのこです。
右の子は、まだまだ小さいおとこのこ。なので、一緒の空間で過ごしてます。

この素敵なタワーは、ネコと動物愛護さんからの
ご寄附です。 チャリティーカレンダーも作成されてます。
よろしくです。


う~ん、ちょっと のび~  


下から・・・
 私もいるわよ~、にゃ~ん♪

この黒い子は、最初はケージの奥にうずくまって身構えていたけど
上の懐っこいこの甘えっぷりをみていたためか・・
おんなじように甘えるようになりました。

二匹で、にゃーにゃーと 足にまとわりついてきます。
可愛らしいです。 おんなのこです。

※ 保健所ホームページの楽しい裏情報?(#^.^#)

 写真の上にカーソルをのせてみてください!
 職員さんのつぶやきが聞こえます
 ほのぼのした気持ちになれますよ



カテゴリ: 保健所収容犬 猫

保健所のわんこ 

チャイムさんがトリマーボランティアに来てくれるというその日に
お散歩ボランティアのMさんが 引き取りを決意。
時間を合わせて出かけました。

こんな感じで、きれいにしてもらっています^^
(小さい写真なので、載せさせてくださいね)

ピカピカになったワンコの様子は、⇒チャイムさんのブログ

ご家族には、「なぜに大型犬・・・」と言う戸惑いはあったようですが
本人の強い意志でもって、承諾を得られたようです。
慣れるまでお互い大変だろうけど、頑張って!

そして・・・
この子がやってきました。

一枚しか撮ってあげらえなくてごめん。
ここはどこなの? というような顔です。
飼い主さんに置いていかれても、後を追うしぐさもなく、吠えもせず・・
12歳というけれど、どんなふうに飼われていたのかな
ゆっくり、ゆっくりと歩いていました。
年を取ると、騒がし系のビーグルもこんなに静かになるのですね・・

少し前にも老犬のビーグルがいたけれども
体格や顔つきが全然違っています。太めなのは同じですが・・
ビーグル、と言っても個体差もあるんだなぁ、、としみじみ思いました。

静かに寄り添って、付き添ってあげよう、と 思ってくれる人がいるのであれば
有難い限りです。

ダックスちゃんは、先の大型犬のレトリバーミックスに
すごく吠えていたけど
それは、きっと怖いからなんだと
チャイムさんに指摘されて、「そうだ!」と合点がいきました。

以前お散歩中に、家の老犬の柴犬が
家の中から飛び出してきたダックスに咬まれたんだけど
飼い主は、自分の犬はとても気が弱く怖がりだと言っていて
私にはすごい攻撃的な犬に見えていて・・
で、みてもらった獣医さんによると、
やはり、気が弱いから怖くて攻撃してしまうんだとか・・
防衛の本能、ってことなんでしょうけど。
「危険だ、危険だ、戦わなくっちゃ、守らなくっちゃ」ってことみたいです。

大型犬が見えなくなれば、やっぱり静かなワンコなのでした。
ダックスくん。元気によく歩きます。
くっついてきて甘えます。 可愛いです。
撫でてほしい子です。よろしくお願いします。
そして・・長く置いていてくれて、本当に有難いです。



そして 大町にも譲渡のワンコがでたようです。
チャイムさんは、そちらでも
トリマー&お散歩されてます。素晴らしい^^

ワイルドっぽいけど、狸顔らしい・・
振り向き散歩は、人なれしていて嬉しい証拠ですね。


連絡先は大町保健所です。
追記:27日、大町のこのワンコは引き取られました。すごい!はやい!

カテゴリ: 保健所収容犬 猫

動物愛護フェスティバル 

雨の中・・寒さの中・・

小諸のハローアニマルまで行ってきました。

余りに寒すぎて、人もいなさ過ぎて

大量に用意したパネルも見てくれる人は数人

迷子札も、ほんの数個・・・

あ、言い忘れました。

動物愛護会啓発部の活動ってことで

迷子札の普及啓発、販売、を目的に参加したのでありました。

新しい散歩ボラのMさんが同行、お手伝い下さり

有難かった・・

一人なら、雨と寒さと、人けのなさに耐えられなかったです

でも、いろいろ関係者さんとはお話ができたし

昨年の係長さんとも久しぶりにお会いできました。

なんとなく、気持ち的に写真を撮るゆとりがなく

フェスティバルの報告にはなりませんが・・

寒い雨の休日に、小諸の山?に行く人は、まぁ、いませんって・・・・

ってことですよね。

残念だったけど

こんな風にパネル展ってやればいいのかな~ とか

手作りの迷子札が、意外に評判がよかったことが収穫でした。

家人以外の人に初めてお披露目して、反応がわかりました。

終り頃に来てくれた人が、

大型犬用にもぜひ、と言ってくれてやる気が湧いてきた。

また、ご紹介できたら、と思います。

巻き付けタイプの簡単なのです。

アライブの迷子札が、大きくて少しごついので(笑)


とにかく

ひたすら、寒かった・・・ そして

ハローアニマルは、やっぱり遠い・・・・


この施設の維持費を、別に使った方が賢明ではなかろうか?

という思いは、やはりあります・・

まぁ、作ってしまったので、どうしたもんでしょうね。


啓発拠点なら、もう少し狭くても、市街地につくるべきだったのでは・・

と、しつこく思いながら


今日は疲労したので、続きはまた・・



カテゴリ: 動物愛護活動

保健所のわんにゃん 

昨日は、出かけに 家の真ん前で
コンバインにぶつけられて車が・・・・(-"-)
という笑えない話がありまして

新しいボランティアさんが
一人で行ってきてくれました。
パニクって電話したところ、大丈夫ですよ
と言ってくれて嬉しかった~ (@_@。

今日は、パネルの受け渡しもあったので
代車で保健所に行ってきました。

かわいいお顔の柴ワンコは
飼い犬がいなくなって、ずっとHPを見ていたって方が
なんとなく、いなくなった犬に似ている(もちろん別犬と分かっていて)
ということで、引き取りを希望されたようです。

リードもついていた子なので
もとの飼い主が出てくると・・また切ないことになる
という心配を職員さんがしてました。

迷い犬は7日しか保護しない!っていう貼り紙を
貼ってきた方がいいかも・・と改めて思ったりします。

探すなら、すぐ探しましょう。

一旦譲渡された犬が、元の飼い主に引き渡されたケースは
今年に入って2件もありました。
なんだか、貰ってくれた人がかわいそうで・・・。

で、犬舎にいたのは、ダックスと
大型わんこ。 
ゴールデンとなにかのミックスのようですが・・

すごく元気で、まだ子供です。
この体格で飛びついて甘えます。



山の中で保護されたらしいけれど
毛並みもよく、人懐っこく、元気。

捨てられたのか・・ 脱走なのか・・ さっぱりわかりません。

散歩は、以前ゴールデンを飼っていたというGさんに。

お座りも、お手もできます。
懐っこくて、いい子ですし、賢そう。

たぶん・・1,2歳ではないかと思います。
歯が白いですから。

で、あのおとなしかったダックスちゃんが
このゴールデンミックスに妙に反応して吠えてました。

何かが気に入らないのか、それとも 気になって仕方ないのか・・
とにかく、犬は状況次第で変わるので
こういう性格です、ってのは なかなかはっきりと言えないところもありますね。


猫舎には、数匹いましたが
譲渡対象とそうでないものとは、自然と別れていくようです。
(分けられていく・・というのが正しいですが)

猫好きな人と、猫嫌いな人がいるように

猫にも
人間が好きな子と 人間が嫌いな子がいます。

人間好きな子たちはこちら。

特にこの子・・。 カメラを向けると寄ってきます。
他の子を撫でていても寄ってきます。
おもちゃよりも、撫でてほしいニャンという・・ ネコちゃんです。1歳です。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
で、本日持ち込まれた子たち。
野良猫が生んでしまった・・と、おじいさんが持ってきていました。
とても悪い人にも見えなかったので、ほんとにそうなのだろう・・・と思うばかり。



だめだ・・・ アニマルボーダーになってしまう・・ 
く、くるしい・・・
かわいすぎる・・・。

家には犬が2頭と猫が2匹いまして・・
これ以上増やしてはだめだと家人に言われているのでありまして・・・(-_-;)

野良猫が産んだにしてはきれいすぎるが・・・

とにかく健康そうなかわいらしい子猫です。
保健所預かりとなります。

詳細は、保健所HPに・・。(たぶんこれから載ります)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

追記

保健所の殺処分を減らそう、と考えれば
猫の問題も重要です。 数だけで言うと、圧倒的に多いですから。

保護や譲渡活動はできなくても
猫の問題の解決について、
自分なりに考えていきたいと思っています。

署名TVにおいて、
以下のような署名募集があります。
保健所への動物の持ち込み禁止および殺処分の撤廃 

私も、署名はしています。 でも・・

殺処分を撤廃。それは、今の状態からするとあまりに理想論では
という思いがあります。

愛護動物の遺棄が犯罪なんだ、終生飼育が義務なんだ
ということを徹底する必要がまずあります。

持ち込み相談に対しては、厳しい審査をする、ということです。
本当にやむを得ないか、飼い主に詰め寄ることです。
回復不可能な病気であれば、安楽死してもらえる動物病院を紹介してほしい。

ただ、猫は、放し飼いされる、という性質がある限り・・
野良猫でも生きていけるという現実がある限り・・

保健所に持ち込めないのなら、昔のように野山に捨てたり
川に流したり、埋めたり・・・
するだけなんじゃないか、と思わなくもないのです。

結局は、人間の意識の問題で
「殺す」ことを避けたいか、避けたくないか、ということではないか
と思ったりします。
命を殺したくない、と思う人は、飼い猫にしっかり避妊と虚勢をするでしょう。
生まれたら殺せばいい、と思う人はしないでしょう。

行政は殺処分をしませんよ、となる前に
何か、すべきことがあるように思います。

それより私は、
安楽死の徹底を求めたい。

殺すな、は無理です。理想はそうですが。

本当に、この問題の解決は難しい・・
難しすぎて、成り行き任せになっているのが実際だろう

と、現状を見つめながら考えます。

カテゴリ: 保健所収容犬 猫

おすすめ本 

明日もいっしょにおきようね─捨て猫、でかおのはなし
明日もいっしょにおきようね─捨て猫、でかおのはなし穴澤賢 竹脇麻衣

草思社 2012-04-21



Amazonで詳しく見る
by G-Tools


評判の一冊。

騙されたと思って ? 読んでみてください。

文も、絵も素敵です。


びっくりしたり、うるっときたり

とても、いいお話です。

すべての、小学校に置いてほしい・・・・


カテゴリ: おすすめ本

保健所のわんと、にゃん 

保健所のわんこが二頭まで減りました・・・パチパチパチ。


良い子です! おすすめわんこちゃんです。
片目はケガかと思われます。悪化していく様子はみられません。
一般的に、ダックスはよく吠えて落ち着かない子が多いと思いますが
とても穏やかで、人懐っこく、人の動きをよく見ていて
かまってくれるのをじっと待っているような子です。
8歳程度でしょうか・・
落ち着いた人懐っこい室内犬をお探しの方に。

おととい、チャイムさんにシャンプーカットしてもらってたので
変身ぶりを楽しみに出かけました。
見違えるほど、ふわふわ。さすがです!ありがたい!(涙)



この子は、まだ飼い主さんを待っている黒柴です。
この子も毛がぼさぼさだったのに、とてもきれいになってました。
若い犬ではないけど、何より顔が・・・かわいい。

首輪がゆるゆるでぼろかったんで、交換してもらいました。
気持ちよかったみたいです、首をいじってもらうのが・・で、こんなうっとり顔。

ちゃんと、世話してくれる新しい飼い主さんに引き取られた方が幸せかも・・と
そんなことを思いながら
リードもついていたのに探してくれない飼い主は何を考えているのやら、と思うばかり
保健所に聞いてみよう、とかは思わないのかなぁ・・。
帰ってくる、って思っているのかなぁ・・。

性格は、とてもいいし、無駄吠えもなく飼いやすいと思います。
適度に甘え、適度に自立しているわんこです。


余裕があったんで、猫舎にも。

とても、と~っても人懐っこい可愛いねこがいます。
個人的には、驚きの人懐っこさです。(ねこは何匹か飼ったこともあり今も飼ってます)

見に来てほしいです。
見たら連れて帰りたくなりますよ。

猫かってもいいかな、と思っている人に
どうか、宣伝してください。


まだ一歳で、ちいさなおんなのこです。
初対面でも、すりすりとあいさつしてくれます。


この子は、おっとりタイプかも。おんなのこです。
手を出すと、顔をすりすり~とくっつけてきます。
いいこです。

気になる! って方がおられたら
気軽に見に来てください。

いろんな人が、気軽に見に来られる場所に
保健所がなっていくことが、私の願いです。

命を始末する場所ではなく、生きるチャンスを与えてあげられる場所へ。

ねここそ!ペットショップなんかで飼わないで、
保健所や保護ボランティアさんから貰ってほしい・・・

犬も猫も生まれもった気質があるので
ある程度、育った子をもらって行かれるのも賢い選択です。

猫は、生まれつきの性格が大きいです。
勝気な子だと、引っかかれたり噛まれたり、ってことも。
子猫はみんな同じに見えますが、性格はほんとにそれぞれで驚きます。

この二頭は、穏やかに楽しく暮らせる猫です。

一緒に暮らすなら 人も動物も
性格がいいのが一番ですよね^^。

カテゴリ: 保健所収容犬 猫

犬を探さない人、探す人、猫を捨てる人・・ 

う~ん、素敵。保健所ワンの写真は、こちらで!
松本保健所のワンコ(by chimeさま)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
昨日は一人で行ってきました、散歩ボラ。

午前中に、またもゆめまるhappy隊さんが

二頭連れて行ってくださるという話を聞き・・

びっくり。

でも、朝は5頭いたので、3周(^_^;)してまいりました~


くまちゃんみたいな大型ワンコ、ようやく迎えに・・。

よかった。 

なんで、二回も脱走?って聞きたかったけど

事務室で、相当長い間説教をされたようで

とっとと連れてってしまいました(-_-;)


前回抱っこされてたやせっぽちゃん

相も変わらずの甘えっぷり。

かわいいけど、手もかかるかな?

飼い主は・・・さがしてないんだろうか・・・と

まだ少し気になります。


みんな貰って行かれて、よかったよかった・・・ではあるけど

彼らの飼い主がみな、見捨ててしまったという事実は 重いです。

捨てているのか、 単に探さないのか・・・

そこら辺の心理はよくわかりません。


「首輪とリードをください!」って

愛護会の名前で、週刊まつもとの伝言板に載せていただきまして

5,6件お電話いただき、ほぼ未使用かとも思えるような

きれいな首輪やリードもあったりして、ありがたかったです。

で、そのうちの電話の一つに

シーズーがいなくなった!というのがありました。


穂高で、土曜日にいなくなったらしい。

首輪はなし。 13歳の雄のシーズーです。

飼い主さんはとても、おろおろとしてました。

穂高は、有線放送を流してくれていないところです。

以前も、保健所に保護された犬について流してほしい、と

訴えてみたばかり。

堀金は、流してくれてます。 同じ市でこの違い・・

なんなんでしょうね。


そうやって、必死に探す人もいるのに・・

この子たちの飼い主は、なんなんだろうか・・・と

保健所のワンコを見ていて、いつも思います。

いなくなった犬・・気にならないだろうか

いなくなって、せいせい・・・なんだろうか・・

わかりません。


 穂高の方で、シーズーみた!って人は

 ご連絡くださいませ。


きのうは、犬の持ち込みはなかったけど

猫がありました。 可愛い3か月程度の黒猫。

自分の家の周りにいる野良を捕まえて もってきたらしい。

餌付けをして、つかまえたらしい・・・。

自分のところも猫かっているらしい・・・。


自分ちの犬や、猫だけがかわいい、って言う人、いますけど・・ 。 
(自分の子供だけ可愛いという人もいる)

でも、あんまり、、ひどくないですか。


子ねこが生まれたからって親猫の方を捨てに来た人・・

子猫を避妊虚勢するから親猫は引き取ってくれ、だったらしいけど

それって、逆じゃないですか?

子猫だってすぐ大人になる。

長く飼っていて、懐いている子に情がわきませんか?


世の中が、こんな人だらけだったら、それこそ

世界は暗くなる…って思うのですが。

そういう人は、全然自分は悪くないと思っているわけで

もうどうしたものか、です。

ほんとうに、、どうしたものか・・・。

うなだれます・・。


野良猫も、元は飼い猫。 そして、彼らが生んだ子たち。

人間の責任ですから・・。

捨て犬に関してもそうですが、殺して解決は避けたいですね。

殺さなくていいようなシステムを、もっと考えるべき。


とりあえず、殺して解決が一番楽だから

一番早いから、なのですが。


これが、正しい選択ではないことは

忘れてはいけないだろうと思います。



カテゴリ: 動物愛護活動

どうしてぼくらはここに? 

では、犬舎生活の長い子から・・



なつっこい、おとこのこです。
うまく・・、いい写真がどうしても撮れなくて
チャイムさんから、お借りいたしました。この写真はいいっ!

ごくごく平凡なワンコと言えますが・・
人馴れしていて、どこを触っても大丈夫な子です。

私がとったのは、こんな・・ ごめん


つぎのわんこはこちら・・
こちらのワンコはかなりやせているのですが、
ちょっと フォトジェニックで得な子です。



でもって・・・ すごく、あまえんぼうだった・・・
今日、初対面ですが、こんなことに・・・



決して無理やりだっこしているのではありません。
彼が、のってきた・・それも、後ろ足まで・・・
どこかに、よじのぼりたいのか? と思うような・・

痩せているので軽いですが、小型犬ではありません。
このサイズで、抱っこ犬?
抱っこされて育ったの? じゃぁなんでここにいるの?

そうだ! 可愛がってくれた飼い主さんが、急死したんだ!
等と、職員さんやボラさんと騒ぎながら・・



立ち上がっても、じっと抱っこされている、、、このわんこ。
こんな犬を私は、みたことがありません。

写真を撮ろう撮ろう、とGさんがとってくれました。

次いでの一枚がこちら。


言い忘れました。 女の子っぽい顔の雄犬です。
飼い主が出てくる可能性も、まだあります。
(すぐ出るか、でなければ2週間後くらいにでるか・・途中は少ないです)

ときおり、寂しげに遠吠えしてました。
どうして、ぼくはここに・・・? って思うかな。

この子はとても賢くて、散歩の帰り
保健所にちかくなったら、足を止めて踏ん張りました。

帰りたくない・・って。

方角がよくわかるのだなぁ・・かしこいね、って話したけど
それなら、家にも帰れるはずなのに・・
って 思いますが・・。

クロワンコは、飼い主がわかっているので、
割と放置気味でごめんね。

ダックスは、酷い毛玉でした
長毛種のよくあるケース。
餌だけやって、外につないでいるのかな。

目立つところだけはさみを入れました。
フェルト状です。ざくっという感じなります。

 (チャイムさんにきれいにしてもらおう・・と勝手に期待^^)

とても、とっても、人懐っこく甘えるダックス。
あまりこういう性格のダックスを見たことがありません。

他の方もびっくりしてました。
だれにでも、よっていく子。

外飼いしていて、ケアしてないけど
餌だけあげてかわいがっていた?

元気に歩きますが、若くはありません。
片目がすこし病気のように見えます。

どうして、って言う本を最近読みました。
保健所に通っていると、「どうして?」と つぶやくことばかりです。

カテゴリ: 保健所収容犬 猫

犬はなかなか減りません・・ 

保健所が、なんかにぎやかいことになっています・・

出たと思えば次から次へと・・・。(-_-;)

咬むから、って言われて保健所に捨て置かれた柴犬は

三郷のワンコを引き取っていかれたご夫婦が、

やっぱり気になります、ってことで、引き取っていかれたらしい。

ワイルドなご主人に、かわいがってもらっておくれ・・。

で、病気だから治療費が払えないから~と捨て置かれたビーグルは

懐深い「ゆめまるhappy隊」さまに連れて行ってもらいました。

一度見に来られていたのは知ってましたが

まさか・・3頭もつれて行かれるとは・・

ちょっとびっくりしました、が

ほんとにありがたいです。

で、ほっとしたのもつかの間で、すぐ次の犬がやってきました・・・

めまぐるしい。

火曜日には、大町のチャイムさんが再びボラに来てくれて

ついでに散歩もしてくれました

なので火曜はパスさせてもらって、今日お散歩ボラに行ってきました。

犬は・・4頭。

1頭、飼い主がわかっている、というクロクマちゃんみたいなのがいるのですが

この子は、今年度に入って、2度目の保護(-_-;)

前回は首輪突き、今回は、首輪が抜けたみたいでした。

結構大きいし、老犬なので、飼い主に返れるとわかって

とにかくほっとしました。

なるべく、長い時間外の空気を吸わせてあげたい・・と思い

スキンシップの時間~ とやっていると

なんやかんやで、1時間半くらい経ってしまう・・・。

そのあと、愛護会の仕事でポスター制作しました。

事務のTさん、いつも無理な注文印刷有難うございます。^^

 
犬情報に続く・・

カテゴリ: 保健所収容犬 猫

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。