Admin   *   New entry   *   Up load   *   記事一覧

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

Trackback: --   コメント: --   

迷子犬たち 

いっときゼロとなりましたが
昨日行ったら、2頭おりました。

これは、あきらかに迷子犬なので
飼い主さんが出てこられると推測します。

とても人懐っこく、かわいいです。

一頭は、久々大型犬で力持ちですが
ごろごろと甘えます。遊ぼうよ! と前足を伸ばして屈んだりもします。
ガンドッグ(猟犬)は 懐っこい性格らしいですね。

猟犬っていう言葉も、好きじゃないですが・・
犬種名は、イングリッシュポインター らしいです。

では、甘えんぼ風景を・・
 ねえ~・・・



ねえったら~・・・  (寄り過ぎじゃ)


保健所にいる犬は、ボロボロで悲惨で可哀そうな犬・・というイメージをお持ちの方も
たくさんいるようです。
でも、単に、迷子になっただけのワンコも多いです。
人懐っこくって性格がいい子たち。

飼い主さんがしっかり管理して、迷子札着けて・・
そしたら、迷子にならないのにね

みんなが迷子札着けて、捨てる人もいなければ・・保健所なんていらない。

猫に関して言うと
犬を殺してるついでに殺してるようなもんで
保健所が猫を殺す根拠ってのは、実はなにもないのですよね。

もちろん、保健所で殺されなくっても
川に流したり、山に捨てたり・・いろんな方法で子猫を処分してきたのが現実。

少しでも心が痛むのなら、避妊・去勢をしてほしい。
猫の避妊虚勢手術の値段を、もっと安くしてほしい。

う~ん、難しい問題です・・。

さて、柴犬くん。 こちらも お迎え来るでしょう。(推測)

撫でられるのが大好きなワンコでしたよ。
ちょっと不安なお顔で写ってるけど・・



犬舎には日が当たらなくて、薄暗いから
寒い冬でも、晴れた日にはこうやって外に出してあげたいものです。






スポンサーサイト

カテゴリ: 保健所収容犬 猫

毛布の寄付 ありがとうございます 

「週刊まつもと」の伝言板に
保健所犬猫のための 毛布等をゆずって
と掲載していただいたところ・・・

20件を超える電話がありまして
ちょっと、パニクりました(笑)

お礼と、一部お断りもしてしまった方にすみません、を伝えたいのですが
インターネットなんてみない、という年齢の方が多かったので
きっと、目にはしてもらえないかと・・・(-_-;)

回収作業は、まだ3割程度。
これから、順次集めたいと思います。
途中で、もういらない、と思ったけど
腐るものでもないし、
今年はねこちゃんもいることだからと思い直し
いただいておくことにしました。

保健所の犬舎は20頭以上は収容できる大きさで
でも、実際半分以上はいつも空っぽ。
というか・・5頭を超えることは、めったにありません。

そういうわけで 置き場はいくらでもあります。

保健所の方が近い方には、直接行ってもらってますが
その中には、ついでに猫舎を見て、猫を引き取ってくださった方もいたとか・・
ほんとに有難いです。

思えば・・・

保健所の犬舎を初めて見せていただいたとき

床が固い! 冷たい! 檻が狭い! と かなりショックを受け
県にまで抗議?のメールしたものでした。

床暖房・・・って言われても、そんなに暖かいわけじゃない
それより、柔らかい毛布を敷いてあげたい

柔らかい寝床を・・・ と 強く思いました。

水を撒いて掃除するから、置けない と言われ・・
では、お風呂マットみたいなものは、というと
床に直接接しないと暖かくならない煖房だ・・・とか
なんだかよくわからない言い訳をされて

敷いたり、汚れたら取り換えたり、片づけたりするのは職員だから
その人がやりたくない、と思っていたら
どうにもならないわけで・・・。

ボランティアが介入してない状況ではどうにもなりませんでした。

柔らかい寝床・・・。
ずっと願っていたことが実現したことに
ふと改めて気が付いて、感無量・・・です。

チャイムさんが、持ってきてくれた水にぬれないベッドのおかげもありました。

人もかわり空気や体制も変わりつつある中で
ようやく、実現したということです。

昨日来たらしいポインターの大型犬が
散歩から戻った後
ちょっと中に入りたくなさそうだったのに

船型のベッドを入れてあげたら、そそくさと入りました。

そうだよなぁ・・・・

柔らかい寝床が、動物は好きなのですよね。

(犬舎床の素材は、プールの底みたいな感じです
 ちなみに、猫舎は倉庫を使っているのでコンクリート打ちっぱなし )

寝室と トイレは 別にする
寝床には毛布を・・・
日向ぼっこや散歩を・・

保管から 命あるものの保護へ
当たり前のことが、やっとすこしづつ実現されていることに
静に感動を覚えます

保健所は悲惨な場所だった・・というのは
とおい昔話になりますように。



カテゴリ: 保健所

ブリーダー放棄犬 

確実な証拠はありませんが
筑北村にて保護されたダックスとチワワは
ブリーダーの放棄犬でした。

二頭とも雌で、首輪がなく、
声帯が切除されていました。

蒸し殺しにされてしまった
あの、JIPPEI がそうであったように。

可哀そうなことです。

確かに小型犬の吠え声は耳に触ります。
それでも、彼らは適度なしつけを受け 気持ちが満たされていれば
やたらに吠えるわけではありません。

愛玩犬なので、人に甘えたいのです。
人を呼んでいるのです。

ブリーダーというか、悪質繁殖屋と呼んだ方がいいですが
繁殖屋の犬たちは、自身のテリトリーを持ってないので
気が弱くおとなしいです。
わがままを聞いてもらったことがないからです。
すがるように、甘えます。 助けて・・お願い・・とでもいうような・・・。

ダックスはあっという間に貰われていったのでよくわかりませんが
チワワの方は、お乳が大きくて
一体何回産まされたんだろうか・・と思います。

ご飯をあげても、まずは抱っこ。
お散歩するより、まずは抱っこ。
そんな愛情に飢えているワンコでした。

繁殖に使うだけ使って、山に捨てるような人間は・・
法の裁きを受けずとも、いずれは自業自得で
まともな死に方はしないだろう、と思います。

チワワって、お願いポーズをするもんなんですね・・
保健所にて、のワンショットです。 



犬舎は寒くて小型犬にはこたえるか、と思い土日だけ預かりました。
あとは保護団体さんに引き継がれます。
車の中での バイバイ写真
かわいいのでアップ。


金曜日に保護された、白いおじいワンコがいます。
波田4区・・4区ってどこじゃ?と思いますが
あまり来ないようなら、またゴミステーションでも貼ってみようかな・・

いや、また市民タイムス? ??

田舎の方では、撫でたりかわいがったりしないのかなぁ、と思います
触られるとびくっとしたりする犬が まれにいます。
前回の、おじいわんこほどではないけど
人とあまりかかわってきてないように見えます。



雄、多分12,3歳・・いや14,5歳かなぁ。
首輪もリードもついてたらしいので、
飼い主がとぼけているのでしょう、早く来てください。


保健所猫さんは、みんなで支えあって生きてます。
寒いので団子になって寝ています。

一応、ボランティアさんの寄付で電気マットなどがあります。
それでも! 一日も早く、あったかいお家に連れて行ってもらいたいです。


                 ぼくもいれてよ~

カテゴリ: 保健所収容犬 猫

18日 東信 犬猫譲渡会のお知らせ 

わんこの里親募集中 in 軽井沢 ペットショップに行く前に より転載です

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

長野県東信 保護犬/保護猫 譲渡会
■日時:11月18日(日)11:30~15:00
■住所:長野県佐久市跡部65
 佐久合同庁舎 犬舎前


たくさんの犬ねこが何らかの理由で保護され新しい家族を待っています。

保護わんにゃんたちと触れ合いませんか?
保護犬だから問題犬?かわいそう?
レスキュー後のケアをし、みんないい子です。
人間にひどい目に合わされても、それでも人間を信じて慕ってくれています。
そんなわんにゃん達に会いに是非遊びに来てください!!

「もらって!」なんて言いません。
ただ、保護犬や保護ねこは問題がある子たちではないということを、
触れ合うことによってご理解いただければそれで十分です。

室内飼い/ご家族の同意 など
お願いしている譲渡条件がございます。
今回複数の保護活動をしている団体、個人の参加になります。
保護している団体、個人によって譲渡条件が異なります。
ご了承ください。

同時開催
わんこグッズバザー
犬ねこしつけ相談会

チャリティーになります。
募金、チャリティーは犬ねこ達の医療費に使わせて頂きます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

参加するワンコたちも クリックするとみられます。

こちら

も少し近かったらお手伝いに行くのに・・なんて思う私はフットワークが重いですね。
長野県は・・広すぎる(-_-;)

お近くの方、是非足をお運びください!!




カテゴリ: お知らせ

すばらしいニュース 

47ニュースより転載:

環境省、犬猫処分で新基準 高齢理由の引き取り拒否も
 環境省は6日、安易なペットの飼育放棄を防ぐため、地方自治体が飼い主から犬猫の引き取りを求められた場合に拒否できる基準を決めた。高齢や病気が理由なら拒否できるなどとしており、同日の中央環境審議会動物愛護部会で了承された。

 8月成立した改正動物愛護管理法は自治体が販売業者から犬猫の引き取りを求められた場合、相応の理由がないと拒否できると明記。6日の部会では、一般の飼い主についても拒否できる基準を省令に新たに盛り込むことを決めた。

 拒否の基準は高齢や病気の他に(1)同じ飼い主が繰り返し犬猫を持ち込む(2)飼い主が避妊や去勢をしない(3)新たな飼い主を探す取り組みをしていない―など。


ついに! ついにきたーーーーっ! と
私は叫びたい思いです。

絶対に、実行してね。 現場が追い付いていかない、なんてことにならないでくださいね。
今までと急に変わると、職員の意識がついていかないってことが多々ありますから。

そもそも、保健所にはちゃんと通達行っているのかな?
行っていますよね、行政の末端ですから。

ああ、それにしても感動。

もともと保健所が犬を殺している理由は、野犬対策から。
普通に飼われている犬の処分をお手伝いするためではありません。

年を取ったから、ボケたから、って あなた。
最期まで面倒見るのが飼い主ってもんでしょう?
できなければ、自分の判断で、病院で安楽死させてください。

獣医師がやりたがらない? って言う話も聞くけど
本気で頼んで断られたわけでもないでしょうに。
探せばいるはずです。欧米ではそれが普通のことらしいし。

「治療費が払えないから、安楽死させて」とは言いにくいだろうけど
積極的に治療することなく、自然死を見守ることもできる。
いよいよ苦しんで見るに堪えなかったら、薬殺をお願いすればいい。
腕に抱いて見送ってあげたらいい。

今年の春先も
老齢だ・・・、病気だ、と言って持ち込まれる犬が何頭もいた。

そのたびに呆れて、そのたびに、もっと飼い主を説得できなかったのか
といら立った。

本当に努力をしたのか、病気はそれほどに治療費が嵩む病気なのか
安楽死は本当に断られたのか、

私が詰め寄ることはできない。職員の判断だから。

なぜ、そんな無責任な人間の尻拭いを、たった2千円でやっているのか。
そもそも、とっても謎でした。

そして、「それは市民の権利だから」と言う職員に会った時も
実はとっても驚きました。(黙って聞いてたけど)

捨てる人の側に立っている職員も、います。
追い詰めたら捨てに来た人がかわいそう、みたいなことを言う職員もいました。
(松本保健所限定ではありません)

私には、ちょっと理解できませんけども。

そうそう「不用犬」って言う言葉を、いまだにふつうに使う職員もいます。

逆に、一生懸命助けようとしている職員も当然おります。
そんな、価値観ばらばらみたいなところです。

過渡期って、そういうもんでしょうけど。

これから、
老犬だから、病気だから、って引き取られてたら
声を大にして抗議できます!

どうして拒否しないのですか?って。 

公務員に文句言ったりすると、私たちは法の執行部です、とおっしゃったりします。
まぁ、個人の判断では動きません、動けませんよ、と・・・。

なら、国の方針にきちんとしたがって、これまでのやり方を
しっかり変えていただきたい。

引き取りをしないとそこらに捨てられる、って
言う職員もいますけども

それはそれで、仕方ないことです。

人の道を外れる人は、犬猫関係にかかわらず必ずいるのですから
それをフォロウしていかざるを得ないのが社会というもの。

とにかく
無責任な飼い主のわがままを聞くのは止めよう!ってことで
とってもいいことです!

こうやって、すこしづつ進歩していくのですね。
いろんな方々の努力に感謝です。

カテゴリ: 動物関連ニュース

毛玉わんこ 



保健所のホームページではわかりにくいですが
毛玉わん、でした。
お尻周り、首回り、耳の後ろなどがフェルト状に固まっていて・・
尻尾はもうなんだかわからない感じに。

来週のチャイムさん待ち、と思いましたが
ブラッシングを頼まれまして(汗)
それなら、目立つ毛玉だけを切ろう、ってやりだしたら

なんだか、不思議な犬になってしまいました・・・(-_-;)
でも、しょうがない~。 仕上げは、プロにおねがいっ(笑)

塩尻のぶどう園で・・ と、
捕獲経緯を聞くとわけありそうなワンコです。
大事に飼われていたとは思えない・・

でもきっと賢い子なのでしょう。
この人たちは安心、とわかると、とたんに心を開いて
元気いっぱい甘えて、なぜかくるくるとはしゃいで回ります。

余り若いわけではなさそうだけど、動きは機敏。
お顔もとってもかわいいので、大化けしそうです。

大事に飼ってくれる里親探しの方に期待します。

で、 今日、猫が気になって予定外で出かけたところ
2匹のワンコが連れてこられるところでした。

一匹は内田から、柴系雑種老犬わんこ。
もう一匹は筑北村の役場から、ダックスフントが・・。

両方とも放棄犬、とみなされていたけど

柴系ワンコの方は、今HP見たら飼い主が現れたようで
驚きました。
どこかに、リードで括られて一晩中鳴いていた、というから
きっと置き去りだね、と話したのですけど

見つけた方が適当につけておいた、ってことだったのでしょう。

老犬だったので、本当によかったです。
落ち着きなく、ぐるぐるしてましたから・・。

ダックスは、少しお尻周りの毛が抜けていて皮膚病っぽいのかな
でもおとなしい、かわいらしい子でした。
筑北村役場の方が、困った表情で
いろいろ周りに声もかけたけど・・・って。

山の方は、どこからともなくやってきて捨てるバカがいるので
そういうことかもしれません。

皮膚病は、清潔にして食事を変えるだけで
びっくりするくらい改善するような気がします。
・・ 昨年、本当に酷い症状の犬を保護したので、その経験上。

ダックスは飼っている人も多いせいもあって
放棄も目立ちます。

猫記事は、また。




カテゴリ: 保健所収容犬 猫

山形村のおじいわんこ 

山形村のおじいわんこ・・・

今日、市民タイムスの記事になったそうです。

まだ私は見てませんが・・

そして、そして・・・

なんと飼い主が見つかったそうな!!!

私は、きっとダメだろうって思ってしまってました。

でも・・・

本当に、深く考えてなくって、

おやおやどこかに行ってしまったぞ、きっとそのうち帰ってくるずら・・

みたいなおじいさんがいても不思議じゃない。

そんな個人的なことで役所なんかに聞いたってだめだ

まして警察なんて相手にしてくれないだろう

保健所って、電話何番だ? どこにあるだ?・・・みたいな。(想像)


これを機会に、ぜひ市民タイムスさんも

方針を切り替えて、迷い犬を載せてあげようって、思ってくれたらいいなぁ

今回は、単発記事として例外的に、ということらしいです。

(毎回当てにされても困る、ってことで、けん制ですね)


大糸タイムスさんは、いつも気持ちよく載せてくださるそうです。

タウン情報さんも、保健所収容犬の掲載は断っているようです。

私も、打診してみたことありますが

やはりだめらしい、ということでした。


全頭、となると無理なのはわかりますが

今回みたいに、譲渡は難しいっていう犬に限ってお願いってことなら

どうでしょう・・・。命がかかっているんです!って・・

そうだ・・・ メールを入れてみよう。


市民タイムスさんの記事で、犬一匹の命が救われた

是非今後とも、保健所に協力してほしい・・・って。


松本平にお住まいの方、ぜひに、そんなメール送ってください。

インターネットなんて見ないし、って方、、たくさんいますから。


ほんとうは、行政も少し費用を出せばいいのです。広報代として。

定期的に、メッセージなど啓発文を添えるなどして・・。


収容犬の預かり代、一日700円も取っている自治体って

ないですからね。 かなり高いです。

手数料が3500円だから・・

5日で7000円! 10日もたってしまえば一万円超えます。


他の抑留所はもっと汚くて古いらしい・・

それで、散歩もさせないで700円とるってなると・・

・・・いけないですよね。

そのお金ってどう使われるんですか?って聞いてみたことあるけど

答えはありません。

収入にざっくり入るから、だそうです。

まぁ・・・なんだか・・・(久々に行政批判です)


山形村ワンコは、一旦、保護団体さんが引きうけてくれていたので

保健所職員と記者の方が出向いたそうです。

ご苦労様でした。

この記事に載せることを一生懸命、市民タイムスや保健所に働きかけていた

チャイムさん、お疲れ様でした。

お散歩ボランティアのTさんも、ずっとこの犬を心配していました。

たくさんの人の思いがあって、この犬の命が助かっている、ということを

飼い主さんもしっかり考えて、これから大切にしてもらいたいものです。

カテゴリ: 保健所収容犬 猫

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。