Admin   *   New entry   *   Up load   *   記事一覧

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

Trackback: --   コメント: --   

パグ好きな人いませんか 

※2月3日貰われました。詳細は聞いてませんけど・・
今度きいてみよう^^


事情が深そうなので詳しく聞いていませんが
本当にやむを得ないケースもあるわけなので・・

おとなしいくて吠えないので

散歩が頻繁にできない方とか 
静かな環境が必要な方に向いている犬種です

飼い方に難があったか・・
おそらくおやつばかりあげていたかもしれません
メタボちゃんです・・・(泣)

でもよく歩きます、一生懸命歩きます。

眩しいところが苦手なのか 陰に入りたがります。
目が大きいからか??



ハウンドさんは 相変わらず元気

だんだん人を感知して甘えるように・・

でも、頭の中はひたすらごはん・・・


昨日は悪天候で来られませんでしたが
今日はほんとにいい天気でよかった・・

日光浴して気持ちよさそうでした。

譲渡欄にのせてくれわん。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



猫、数匹飼っているのでわかりますが・・・
(すでに多頭飼いの域(^_^;))

この猫は美猫、かわいい顔しています
6か月くらいです

みにきてにゃ~
スポンサーサイト

カテゴリ: 保健所収容犬 猫

今日は、猫ちゃんの動画もあるよ 



元気で力が強く・・食いしん坊で、気の優しいわんこさんです。

さんぽさんぼ~

めしめし~

おやつもくれ~

が満足すると、やっと、甘えてきました。
(よ、よだれがつく・・(^_^;))
目もちゃんと合いました。

お迎えは案の定来そうにないです。
見捨てた、ってことですよね おそらく・・

何を考えているのやら、飼い主は・・・。
全く、罰当たりです。

かなりストレスで欲求不満気味なので
一番長い散歩コースを。

ウンチ拾う時、ちょっと大変です
引っ張る力はけっこう強いので。
でも、引きずられたりって程じゃないです。
非力な私でも・・まぁなんとか^^

猟犬って、みんな ほんとに気がいいですね
なぜでしょう・・
そういう優しい犬を、いったい、どうやって使うんでしょう・・

やめてほしいなぁ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、猫舎も開けてもらいました。
猫さんと触れ合って帰ります、と言ったら
放置してもらえたので

ゆっくりとスキンシップをして
かわいかったので、動画をとりました

こちら

[広告 ] VPS


なぜか黒い猫が増えていた・・大きめだけど
まるまるした可愛いこ
黒いからわかりにくいかなぁ・・


[広告 ] VPS


わかりにくいですね(^_^;)
こんな顔の子です


箱から顔だして、こちらをじっと見ていたので
手を伸ばしたら寄ってきました
箱の中にもも一匹いたけど・・


うちの子もよその子も同じく可愛い

なにもかわらないのに・・と よく思ってしまいます

いい人に貰ってもらいたい・・

保健所に見に来てくだされ
小さい子猫じゃなくっても、ほんとにかわいいから。

カテゴリ: 保健所収容犬 猫

猟犬の迷子、殺処分問題の解決は誰がやるの? 

12-92四賀保福寺峠オス

保健所職員の撮った写真が一番きれいに取れているので・・
四賀のなんたら峠で保護された猟犬です

何かのついでで、過去メール探していたら
昨年の今頃 県とやり取りしたものが目に留まり・・
改めて読んで、いらいら・・・っとなりました。

昨年は猟犬がとても多かったんで
別途登録についてや、マイクロチップ義務化などの提案と
その他の意見を含めて送ったのですが

・・・・・・
まぁ、聞き及びました・・で終わりますね。


行政主導、ってのは見えないですからね
特に長野県の場合。

行政の長も、動物愛護会の会長である県議も
動物問題には全く触れない。

確かに処分数は他県より少ないけど
それは、民間ボランティアが頑張っているからじゃないの?って思います。

ハローアニマルは たまにイベントとかやっているけど
「何とかづくり~」とか「ふれあい祭り~」みたいなのが多い。

それこそ、行政が主導してやることじゃなのでは?

たぶん、彼らのいう動物愛護が
「動物と楽しく触れ合い仲良くすること」という域にとどまっているのだろう
と私は思っています。

たしかに 動物と仲良くするのは大事。
でも・・
それだけでは動物愛護とは言えないと思うのですが・・。

人間の生活を潤すために動物を利用している
人間の楽しみのために動物を利用している
役に立つ動物、かわいい動物、賢い動物だけが価値があって
必要ないものは冷たく処分されても仕方ない・・

そういう・・思想が根底にあるように思えてなりません。


人々が楽しみを求めたり
金儲けにいそしんだり
人間の利益を何よりも優先することにためらいがない社会は

不用動物と名付けて 命を処分することにも躊躇がない社会となります。

使えるものは使う、使えないものは捨てる

大量生産、大量消費 効率優先社会は 
命も商品にしてしまった社会です。

そして、それを容認している人がとても多い。

動物愛護精神とは、それらとは全く別の方向をむいていなければならない
と思うのですが
動物愛護は、好きな動物とだけ仲良くすることだと
いまだに思っている人が多いということです。

私は、動物愛護の新参者なので
これにはかなりびっくりしました。

そういう、逆方向を向いている人が動物と言うキーワードだけで
一緒にされても
実はまったく異質だったりするわけです

たとえば、
犬好きと言われる人でも、殺処分される犬にまったく同情の念も持たない人もいる。

自分の犬猫を過剰にかわいがる人を
結構世間が冷たい視線で見ることが多いのは

それは、愛、ではなくて 執着やエゴの延長でしかないからだと思います。

すべてのものを平等に愛しなさい、なんて
神様みたいなことを要求しているのではないけれど

あまりに限定的な愛情は
自分だけ良ければいい、と言うのとあまり変わらない、ということ

また、好きじゃなくてもどうでもいいのだけれども

自分の関心の及ばないものには、なんの憐れみも感じない
痛み苦しんでも別にいい というのは
人としてあるべき姿とはいえないこと

は、確かだと思います。

 非常に、説教くさい記事内容で なんだかなぁ、と自分でも思いますが・・・


ペットショップやブリーダー批判、生体販売批判問題をみても
批判する側も、される側も
犬や猫が好き、という言葉でくくると一緒になってしまったりします。

どんどん子供を産ませて、遠路はるばる都会のオークション会場に次々犬を送り出すブリーダーが
「犬が好きなんです」と言うのは、よくある話。

動物愛護の世界が混乱しているのは、こういう理由です。


動物は人のために存在している、と言う考えはキリスト教に由来します。
西洋文化の輸入とともに、私たち日本人も、この考え方を選び取りました。
経済動物、産業動物、実験動物、など・・

過去の歴史にはなかった扱いが認められていくようになるのです。
動物にとっては暗黒時代です

利用価値がない、となれば、それだけで殺されます。
口蹄疫だって、治る病気なのに、経済効率のために皆殺しになります。
(いずれは殺されるのだけど・・)

動物は人間のためにあるのか、そうではないのか

そのどちらをとるかで、すべての態度が決まってくると思います。
今の社会は、いまだ前者が優勢です。

でも、そういったエゴイスティックな傲慢さが間違っているということを
認識できるときはいずれくることでしょう。

みなさんは
行政が 殺処分になる収容動物に「不用動物」と名前を付けていたのを知っていますか?
いまだに、その言葉を使っているところも人もいるとは思いますが・・

初めてその文字をみたとき(直にではないです)
耳で聞いたとき

自分のいる社会がどういうところか改めて理解しショックをうけました。


「動物を人間のために利用して何が悪い」
というのが欧米から輸入された思想であるとはいえ
一度定着した思想は容易に変わることはありません。
ただ、本家本元である
動物利用を推進してきた側の欧米から真の動物愛護精神が生まれているのも事実
日本はこれまた後追い状態です。

どんどん、話がマニアック? になってきましたが・・

単に、犬が好きだから、猫が好きだから
だけで取り組んできたことではありません。(私個人の思いは)
目の前にいるのは、迷子犬や
人間に見捨てられてしまった犬猫さんたちですが・・・

「動物を利用して何が悪い」という価値観が、根底から一掃されることをなにより願っています。
長いようで、短い間に変わっていく気もしていますが
そういう人が行政の内部にいる限りは、行政主導の改革は難しいので
なにを言っても 馬耳東風 というところでしょうか


猟犬問題から どんどん話がずれてきましたけど

どこかの行政で、一発、
すべての猟犬にマイクロチップの装着を義務付けます、とか
やらないかなぁ・・

それか 広報でがっつり、放棄される犬について取り上げてみる、とか。

どれもやる気がないのが、何とも残念です。






カテゴリ: 思うこと

小春日和 

昨日の朝は三匹いたようですが
一匹は早々にお帰りになられたらしく、今朝は二匹でした。

塩尻市柿沢のハイテンションボーイさんはご健在

じっとしてられなくて、絡みつきたくてたまらない・・(汗)


でも、なんとかマウンティングされないで、よしよしできるコツをつかみまして・・

まず、足にしがみつかれないくらいに距離を保ちつつ
気持ちはムツゴロウさん風に
「よ~し、よ~し」ってな感じで(笑)ぐりぐりと両手で顔をなでまくっていると
なんとなく落ち着いてくるのでした。・・なんとなく、ですけど
こんな感じに・・・


でも
場を離れると、おいおい、と吠えるのでした。(-_-;)

お散歩大好き、人も好きな元気なワンこ
一週間が過ぎました。
お迎えは、まだかなぁ・・・

塩尻、と言っても範囲は広く
でもって、
田舎の方になればなるほどお迎え率が減る・・印象があって・・

でも、もう片方の塩尻の迷い犬
それも かな~り遠方 日出塩駅って・・どこ?
なのですが・・

いろいろやっているうち(掃除や洗濯・・って家政婦(笑)?)
お迎えがいらっしゃいました。

このわんこさん、目がほとんど見えてなくて
触られるとすごく怖がって・・
抱っこもできないので
ずるずる引きずりながら(ごめん)外に出して日光浴

老犬ほど、飼い主が迎えに来てくれると嬉しくなりません
ボケているのか、目が見えないからか
飼い主さんが来てもうううって唸ってましたが(-_-;)

まぁよかったよかった。

でも、ほっとしても、次々にやってくる・・ 
四賀に職員さんが猟犬を引き取りに行きました。
おそらく、役場に一旦保護されているのだと思われます。

久々に・・ 猟犬が・・

北の方、多いですよね・・・。


天気が良くて、久々に暖かく感じられて・・
毛布を外に干しました。


見上げたお空・・


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

猫舎の方ものぞきました。
新しく、また収容されていたけど・・
職員さんがいなかったんで 素性がわからない。

野良ではなさそうで
心が痛みます。

家の子と似ている(おととし保健所から引き取った猫)
と思ってしばらく見ていたけど・・・

助かる、助からない、それは
運、なんだなぁ・・と思ったりして

どうにも 切ないです
(その子たちがどうなるかは、まったくわかりませんが)


奥の部屋には、譲渡待ちの猫が・・
(ワクチンなども打っています=こねこの会Tさんの働きかけで)

行っても寄ってきません、じっとしてます。

猫が高いところが好き・・・
ってことで、一番上にいて見えません。

なので、脚立が置いてあります。
脚立に乗って覗けます。

固まってるけど、そっとなでると
???って顔してます。
可愛いです。



一番上にいます、見えますか。


昨日は、Kさんご夫妻がお掃除のボランティアに来られた模様・・
またきてね~(^^)/

そうそう、思い出しました!!

保健所の猫砂が不足しています。
ご寄附、よろしくお願いします。m(__)m
(合同庁舎内、松本保健所まで)

燃やせるタイプじゃないといけないそうです。
紙製はボロボロになるので・・ ごめんなさい。






カテゴリ: 保健所収容犬 猫

毎日寒いですね・・(タイトルになってない(-_-;)) 

犬が脱走する理由はいくつかあるのですが
その一つに発情ってのがあります。

どこからかの雌の臭いに反応して
ものすごい力で飛んで行ってしまう・・らしいですが・・

この子の場合、それか??
と思われるほどの落ち着きのなさ(-_-;)

保護時は首輪がなかったんで
すっぽ抜けたか・・・?

去勢しても変わらない節はありますが
万が一再び脱走して、どこかの外飼いの女の子に・・

っていう恐ろしいことにならないように

飼い主さんには虚勢をお願いしたいものです

そばによると、マウンティングされてしまい
じっとしてないので、まともな写真が撮れませんでした。

じっとしているのは、ご飯を食べているとき(-_-;)


いや、この子はキツネ目じゃありません(汗)
写真が酷くてごめんなさい。


今週は この時期らしく 収容が少なくて静かな一週間でした。
新しいお散歩ボランティアさんが
おひとりでも来てくれて 有難かったです

おかげで、このわんこさん
来てから毎日散歩できてます
が・・

それでも
昨日は朝雪のため、午後行ったのですが

ベッド(濡れてもいいようにプラスチック製のもの=チャイムさんのご寄附です)
に載せた毛布は引っ張り出されて、ウンチもあっちこち・・

イライラと、出たがっていたのがわかりました。


かつては、
こんな元気のいい子でもなんでも ずっと狭い檻に入れっぱなしで
掃除は上から水撒きで・・
(いまさら過去をほじくりかえすのもなんですが・・)
犬も濡れてしまっていて・・

殺処分が前提だった時代の 非人道的扱い
まだまだ 払拭できない保健所でした。

(いまだに、そのような保健所やセンターはたくさんあるでしょう)

習慣・・・とは なかなか変えられないものです。
外部からの働きかけがなければ、延々と継続されるのみ。

「かわいそう」と本当に心を痛めるならば
何か、ワンアクション起こして 余波を残してほしいものだと思います

それは、動物行政だけじゃなくて、そのほかのことでも同様です

文句を言ったり、嘆いたりするだけじゃなくて
よくするために何かできないか、と 一人一人が考えるような社会
(最近は、そういう空気があるような気がしてますが・・)

たんに知識をあれやこれやと詰め込むだけじゃなくて
そういう考えを持てるような人を育てる学校教育が
本当に必要だろうなぁ、と思います

動物問題は特に「かわいそう、デモ仕方ない」ってい人がとっても多い気がします。

それは行政職員も同様です。
前例踏襲をかたくなに守ろうとする性格だと、ますますそうなります。
自分の考え、というものすら すでに放棄している人も・・

本当に、仕方ないのか? 
そんなことはないはずで
ちょっとでもよくする方法は必ずあります。
それを探さないのは、怠惰というものです。

・・・・・・・・

話がそれて、別の話題になりそうなんで
これについてはまたの機会に。

とりあえず、松本保健所管轄外にお住まいで
犬猫問題に心を痛めてこのブログを見た方

どうか、地元の保健所に足を運んで
収容環境をチェックしてください。
(チェックしたい、などと言ってはいけません(笑))

寒さで凍死しそうになっていませんか?
冷たい床でうずくまっていませんか?

見たら可哀そうだから・・って人

気持ちはわかりますが

自分の心を守る方が大事なんだなぁ・・と私は思います
いえ、守るのはいけないことではありません

でも、そういう人が言う「かわいそう」って・・

・・・って まだ脱線したので
この辺で。



カテゴリ: 保健所収容犬 猫

家に帰れたわん!びっくりだわん(なんと生後11か月) 

徘徊が長いから無理かも・・と
職員さんも諦めかけていたワンコさん

なんと、お家に帰れたようで びっくりです。

今日の午前中、Tさんが行った時はまだいて
元気に走り回っていたとのことでしたが・・

夕刻には赤文字にかわってました。
「飼い主に返還されました」 と。

きっと・・

今までだって、もっと広報できていたら
たくさんの命が救えただろうに・・と

なんだか悔しい気持ちにもなります。が

過去は変えられないので

改善されてよかったことを、素直に、よかった、と思いたいです

市民タイムスと、タウン情報に
毎回、文字だけですが、載せてくれるようになって

断然、返還率が上がってきました。

飼い主が見つかっても見つからなくても
毎回文字になる意味がとてもとても大きい。

「犬がいなくなったら保健所に保護されているかもしれない」
という・・
関係者には当たり前のことでも
気がつかない、思いつかない人は結構いるはずで・・

そのことを、多くの人に知ってもらう本当によい啓発になっています。

記事になればすぐなのに・・というのは
実は誰しもが思っていたことですが
「写真つき」ということに、どうもこだわっていたようです。

そうなると、無料というわけにも双方いかず・・ということで 
ずっと実現はできないでいました。

大町の市民タイムスさんは ご厚意で写真つきで記事になってましたが
「あれは例外です」という扱いで
松本の市民タイムスでは実現が難しく・・

とりあえず、一般の人も無料で載せている文字だけの欄に載せることになったようです。

実現してみれば、ほんとに簡単なことで・・
なんでもっと早く、、って思うのだけど

(「無料で載せられるところがあるって知らなかった」とも職員さんが言ってましたが・・。)


ちょっとした手間だけど
それでも、最初に始めるって とっても大変ですごいことです。

なんとか飼い主を捜して家に帰してあげよう、という気持ちが
職員さんたちの中に強く育ってきているのを感じます。

以前は、「そこまでして探してやる必要はない」
「積極的に探さない飼い主が悪い」という冷たい空気を感じました。

迷子のポスターを現場に張ってもいいか?と初めてお願いした時は
OKは出ませんでした。それは、県の対応も同様でした。

意味がわかりませんでした。

おそらく、貼り紙の取り残しがあったり、殺処分直後に飼い主が見つかったりしたら
いろいろとややこしくなる、と思ってのことだったのでしょう(そうとは言わなかったけど)
7日、と期限を決めていたからというのもあります
飼い主が見つかるまでちょっと粘ってみよう、という発想が生まれない。

実際、処分して翌日に飼い主が・・ということは
どこにでもある話のようで・・
松本でも当然ありました。

収容数に関係なく、収容期限を守ろうとしていたのは
それが、お役所、というものだからかもしれません。


期限をなるべく延ばして・・というのは全体の流れのようですね。
収容環境もそれと同時によくしていかないといけないのですけども・・・

でも、確実に空気が変わってきています。
長野県だけじゃなく、全体的に・・。


松本保健所の返還率は、数を数えてはいませんが
通っていると、ずいぶん高くなったと感じます。
(迷子数は同じなんだけど・・(-_-;))


それにしても・・

今回のワンコさん・・

あちらこちらで目撃証言があり徘徊期間が長いってことで
ほんとに諦めきってました。
でも

保健所に電話する・・

そういうの、苦手な人もきっといますよね。

飼い主が見捨てたんだ・・と役所側は非情に片づけてきたけど

「見捨てるつもり」ではなくって

単に どうしていいかわからない、とか・・
そのうち帰ってくるはず、とひたすら待ってしまう人も実際にいるのですよね

自分の飼い犬を、本気で見捨てる人は
そう多くはないはずです。


迷子を確実に帰していくことが 殺処分ゼロへの近道です。

松本保健所が変わってきた点はいくつもありますが
迷子犬の紙面掲載が 先々に渡って考えると
一番意義深いことなんじゃないかなぁ・・と
感慨深く改めて実感するところであります

毎回マメに新聞社に連絡を入れてくれるK係長さん有難う(^_^)/

職員が移動になっても、しっかり「慣例」としてもらいたいと思います。








カテゴリ: 保健所収容犬 猫

ぼくの新しい飼い主さんになってくれわん 

帰れたわん!(1月14日 追記)






年齢不明ですが、ほんとに、かなり若いです。
もしかすると、子どもか??
もちょっと大きくなったりして?
(今17,8キロくらい、かな)

なんにしても、とても明るく元気で懐っこくかわいらしい。

一匹もペットがいなかったら飼ってみたい!と思うような
賢く性格のいいワンコです。
いろいろ覚えてくれそうなんで・・

ただ、お散歩ができない人、遊んであげられない人はダメです。
運動できないとかわいそうなタイプ。

3連休・・ちょっと気の毒なんだけど
当番の職員さんに期待。

犬舎に戻りたくな~い、と 入り口でさらに踏ん張るようになってました。
しょうがなく 抱っこされてました(笑)

なにをしても怒らない、ほんとにいい子で・・

でも、いったい何と何を掛け合わせた犬なんだろうね・・という話も。

長い徘徊期間のこともあるし、謎なワンコさんです。
保護されたところは、田舎なんで外飼いの犬も多そうで
そういう犬のところに出没して仲良しになっていたらしい・・(^_^;)


ダックスは、保護団体さんが引き取って行ってくれました。

犬舎は、静かになりました。
当分このペースが続きますように。

久々に猫舎をゆっくり見られたのですけど
まともな写真が撮れませんでした・・どれもピンボケで(T_T)

今4匹います。

一人暮らしのおばあさんが飼いだしてすぐ施設入りしてしまい、
持ち込まれたというニャンこさんはまだ6か月程。
飼いネコさんだったんで人馴れしています。
(キジトラ、おとこのこ)

小さいすぎる子猫は手がかかるので・・
初めて猫を飼う方には いいかなと思うのですが・・・

それにしても

高齢になったら、ペットを新しく飼うのは我慢してほしいものです。
さみしさを癒したいというのは分かるけど
愛するペットのその後を考えてあげてほしい・・

一人暮らしの高齢者が増えている今、この先
この問題はどんどん大きくなるような気がします
犬猫はしゃべれないんで、詐欺も発生するだろうし・・

やっぱり、我慢してもらうしかない気がするのですけど。

アイボみたいな高性能ロボットで代用したらどうだろう・・・

なんにしても途中で放り投げだされるペットは可哀そうです。



カテゴリ: 保健所収容犬 猫

小学生の投稿 (信濃毎日新聞 建設票より) 

生き物を大切に 単純だけど私の平和

命を大切にすること、いきものを殺さないこと、
これが私にとっての大切な平和だと考える。

平和と聞くと多くの人は、激しく争いたくさんの人が死んでしまうと考えるだろう。
「戦争は嫌だ」とよく聞く。けれど、戦争と命を結びつけるのは難しい。

しかし、図書館で「かわいそうなぞう」を読み、私は戦争と命を結びつけることができた。上野動物園では戦争で爆弾が落とされれば、檻が壊れて大型の動物が出てきてしまううと、多くの動物を殺してしまった。最後にゾウが死んだ。そしてみんな泣いた。

私は争いをすれば人の心も傷つき、人の命も奪われるし、何もやってない動物や人を傷つけるのに、なぜ戦争や争いをするのだろうと思った。

「やられたら、しょうがない」という人もいると思う。
しかし何もしていないのに殺される動物や人がいる。だから戦争はいらないと思う。
命を大切にすること、いきものを殺さないこと、
単純かもしれないがこれが私にとっての大切な平和だ。

安曇野市 大倉 奈々 12歳

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

優しいこの子のような感性が
多くの子供たちの中に育ちますように。

殺さないで・・

そう言えば、この前テレビで見た「風の谷のナウシカ」で
オームの赤ちゃんを取り上げられるナウシカが叫んでたなぁ・・


ただ、
何もしていないのに殺される動物は平常時も実はいるということ
社会が気が付かないように隠しているだけだということを
いつか気が付くときもあるでしょう。

どこまで、正当化するか・・
正当化していいことなのか・・

という、非常に難しい問題に真剣に向き合う人は少ないですが・

しっかり一度考えて、自分で選択ができるようになればいいなと思います

カテゴリ: その他

笑顔 


           ぼくと遊んでわん!

「徘徊」と書かれていたので、やつれているかと思いきや
毛並みもいいし、体格もしっかりしている元気でやんちゃな 愛くるしいワンコさんでした。
おそらくとても若いです、歯が真っ白ですから。

職員さんの話によれば、目撃情報はひと月以上?と長いらしいのですが・・

(どっかでごはん貰ってたか???)

届もないようなんで

こんなにかわいい子ですが、飼い主は出てこないかもしれません。

全体としては、こんな姿で


初対面で檻から出すときは
ちょっとだけ唸って警戒されたんで

徘徊中にいやなことがあったかな
人が怖いかな、と思ったのですけど・・

外に出してみたら、「うれしいうれしい」「遊んで遊んで」って言うわんこさんでした。

檻に戻した後も、こんなポーズで・・


・・・一緒に連れてって・・っていうような

切なさでした。

切ない・・といえば
もう一匹の収容犬のダックス。

檻から出たくて出たくて、鼻先をぶつけるので
鼻先がこすれて、血が・・ (T_T)

毛糸のセーター、温かくてかわいくていいのですが
よく見たら、フケがいっぱいで(Tさんが気が付いてくれまして・・)

脱がしてみたら、体をカリカリと掻いているので
目の細かいブラシを入れてあげましたら
気持ちよさげに尻尾を振っていました。

半ば強行して(^_^;)置いてもらったパネルヒーターがあるんで
服がなくても大丈夫かなと・・
(老犬、小型犬は 是非とも暖房器が欲しいですよね)

預かって帰りたい気にもなりますが
平日は、誰が見に来るかもわからないので
とりあえず頑張ってもらって・・

小ぶりでかわいい、優しい性格のダックスです。

保健所はいつでも見に行くことができます。
見に行ったら貰わないといけない、ということでもありませんから・・
(ちょっと敷居は高いとは思いますが)

是非、電話したうえで見に行かれてください

久々に載せてみよう、保健所の電話番号
0263-40-1943


おんなのこです。小さめです。あまえんぼうさんです。

収容が、アクシデントで長引いてしまったので
一日も早く 新しい飼い主さんが見つかりますようにと願います







カテゴリ: 保健所収容犬 猫

年初め 保健所に行ってまいりました 

年度末に確か帰った・・と聞いていたはずの
ダックスが・・・
どういう訳か・・いた(涙) 

でも、この休みは、何とも犬の出入りが多く
職員さんもせっせと通ってくださっていたと思われ・・

ダックスちゃんも 元気にしていました。

こんなにかわいい服を着せてもらって
ハーネス付きで・・
まさか放棄ですか・・・?

ただ、保護場所が、とても広い公園(豊科の南部公園です)
なんで・・・なんとなく、通常の迷子と思えない・・・

事実は闇の中、なのですが

抱っこ大好きな 小ぶりのダックスです
今日は、ボラさんのおひとりにずっと抱っこしていてもらえました・・

飼い主の迎えを待った方が・・と譲渡欄に載ってない
ってのもありますが
もう二週間にもなろうとしているので
いい方にもらってもらった方がいいと思われます

ちょっとさみしげなお顔ですが・・
まぁ 無理もないか・・・


ホームページに、犬がやたらにたくさんいたんで
いったいどうなっているのやら、と思いましたが

官庁の年初めってこともあって
本日続々と犬たちはご帰宅されていったようです。

「休みの日でも、合庁に電話すると通じるのに~」と思いますが
思い込みで平日しか対応しないと思ってしまうってのはありますよね。

午前中行ったときには、
このダックスと ものすごく元気でかわいいラブラドールと

気を付けて! と言われたけど
実はそうでもなかった紀州犬(要注意な犬種なんで) 

の3頭でした。

写真がまともに取れてないけど、
なんとなく、寂しいので、載せときます


とてもかわいいけど、とてもやんちゃなラブでした。
元旦早々迷子とは・・
6日間立っているので心配でしたけど、よかったです。

それと 紀州犬・・はこんな犬でございます
北海道犬と似ている、って言うか、 白い犬は全部お父さんに見える私・・


ねこさん部屋は見せてもらいそびれました。
早めに言わないと、鍵して事務所に戻られてしまいますので・・

それにしても 毛布が 案の定 山のようにあり
洗濯が~ あ~ という状態です
この休み中の出入りと ボランティアの不在を考えると
無理もないのですが

ぼちぼち片づけたいと思います。

週間まつもとさんに 電気ストーブかパネルヒーター欲しい
リード、首輪も欲しい~ と載せていただきましたら
たくさんお電話いただきました
でも、ストープは一台か二台でよいので・・

結局お断りが多くて申し訳なかったです。

リードはなぜか減っていく・・(首輪の大きめなのはたくさんありますが)
ので、いくらいただいてもありがたいのですけども。

休み中、塩尻の個人でリサイクル業をされている方から
大きめなパネルヒーターをもらってきて
さっそくおいてみました

今から寒中にかけて、二か月くらいが寒さのピークなんで
ちょっと電気代は嵩みますが・・よしてしてもらおう・・ということで・・

天気のいい時は外の方がずっと暖かいのですよね
今日は風もなく、良い日でした。

駆け回るラブが本当にうれしそうで、
寝っころがって、走り回って遊んでました。

まさしく、ドッグラン になっていて、感動・・
犬が少ないときだからこそできるのですが・・

紀州犬は 用心マークがついてたんで、フェンスの外側にいてもらいました(監視あり)
ダックスは抱っこ。
広場はラブ独占。気持ちいいほどの走りっぷりで。。
あんなに嬉しそうだと、見ているだけで笑顔になります。

尻尾の付け根の毛が抜けていたのは
ストレスで退屈で、自分で噛んだのだろうと思われました。
満足するには1,2時間は運動したいところだろう犬なので・・しかたないか・・と

そんな子なので
夕方、赤文字で「返還しました」とホームページに載っていた時は嬉しかったです。

でもって、また新しい迷子さんが・・

徘徊・・ということは 長く目撃情報があった、とか言うことだろうから
飼い主さんは見つかりにくいかもしれません

12-87_1片丘徘徊首雄
きっと痩せているのでしょう・・

ずっと探してた犬! となることを期待したいです。

カテゴリ: 保健所収容犬 猫

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。