Admin   *   New entry   *   Up load   *   記事一覧

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

Trackback: --   コメント: --   

りょうくん、ハローアニマルへ 



猟犬の りょうくん 
(これから猟犬が来たら みんな「りょうくん」って呼ぼう、と思っている^^)

ハローアニマルの 譲渡ワンコとなることに決まりました。

今度ばかりは、ハローアニマルに足を向けて寝られない(大げさ(-_-;))
・・というか
ハローアニマルなんてあってもしょうがないじゃん、って文句は
もう 当分?言えません。

「いい犬しか引き取ってもらえない」という声もあれば
「いやそういうわけでもない」という反論もあったりで

その内情がよくわからない・・・

なんといっても、遠い(小諸ですから)ハローアニマル・・・

今回は、保健所職員のたってのお願いということもあったように思います。
やっぱり大事なのは 熱意。

この手の大型犬の貰い手さがしが難しいことは誰でもわかっていて
それでも、引き取ろうと 決断してくれたことに感謝です。

・・・というのも
昨日、散歩当番でして

お散歩のあと ランで 戯れて?いましたら

ハローアニマルの人が「ハウンド犬を見に来たよ」と・・・

(◎o◎)!!!

ちょっとまえに 
「ハローアニマルは無理なんでしょうかね」と聞いたら
「「大きすぎる」って言われた~」 って職員さんが言っていたので
しっかり断られて話は終わってる、と思っていたので・・びっくり。

フレンドリーはいいのだけど

ハイテンションすぎて、落ち着かないりょうくん
落ち着きがなさすぎるりょうくん・・・

最初のころはしなかった
マウンティングをするようになってきてて

なおかつ、要求吠えもするようになってしまって
(警戒心がとれたせい、ってのもあるのでしょうけど)


ハローアニマルの職員さんの言うには

自分より後から来た人に対しては
「こいつはなんとかできるかも」と思って
マウンティング行為をするらしいのですが・・

なんとかって、?? と尋ねると

まぁ、自分の言うことを聞かせたい、っていうような感じみたいです。

確かに、私はやられたことないけど・・

新しく来たボラさんとかにもやっていたというし・・

とにかく、その方(男性)に対して
ず~っと、やろうと試みるわけです。(マウンティングを)

そういう場合はどうしたらいいか・・

から始まって、いろいろとお話を聞くことができました。

たまたま 鉢合わせたのですけど
いい機会となりました。

リードの一部を、しっかり足で踏んで

立ち上がれないようにして、あとは、根競べ。

どうも無理だな、と本人が諦めるまで。

結構長いこと粘ってましたけど、そのうちに わんは隣に伏せてしまいました。

誰にでも飼える犬じゃない、
すぐに貰い手が見つかる犬ではない・・

ハローアニマルに連れてったからって先が保証されるわけでもない・・

でも、気長に探してもらえるということですから
とりあえず安心です。

頼み倒された・・感じもなきにしもあらずですが
松本保健所の職員さんの頑張りはほんとに有難い限りです。

私はラジオを聞かないのでわからないのですが・・

FMまつもとで りょうくんのことを放送してもらったようです。
そしてこれからも迷い犬とか飼い主探しの広報を依頼していくことになったとか・・・

素晴らしい取り組みですね!!

行政からアクションを、というのが ほんとにすごい
(嫌味じゃなくって(^_^;))

何処の保健所でも、民間(ボランティア)と行政とが
それぞれに、やれることを精一杯やっていけば

殺処分も どんどん減らしていけると思います。

啓発・広報は、ほんとにとっても大事、なのですよね。


りょうくんは一か月以上になりますが、
運動不足はつらいワンコだろうと、ほとんど毎日誰かが散歩をさせていました。
数が全体的に少ない時期だから可能ってのもありましたが・・

休みの日には、こんな大雪続きの中
女性の!職員さんが雪をかき分け 来てくれて散歩にも出してくれて・・

結構、恵まれたわんこさんだったのでは? と思います。


ハローアニマルでも みんなにかわいがってもらって
もっと、学習していい子になって・・
いずれはちゃんと、いい人にもらってもらえたらなぁ・・と願うばかりです。

悩ましい決断をしていただいた、ハローアニマルの職員さんに
ほんとに感謝です。
たくさん興味深い話をしてくれたので、また小出しで話のネタにでもしたいと思います。

久々に、犬舎が ゼロ になりそうです。
明日は収容がありませんように。






スポンサーサイト

カテゴリ: 保健所収容犬 猫

「犬・猫にやさしいまち」長野 低い殺処分率 

・・という見出しの新聞記事

ウェブ上でも見られるようです。

誰もが長野県民でなおかつ信毎とっているわけでもないので
見といてくださいね、では 不親切だったかも(^_^;)

コメントくださった「タマらんブログ」さんの記事より知りました。
こちらに記事全文掲載されてます

「いぬの会」の活動も紹介してくださいました(#^.^#)
いやはや・・恐縮です

重複にもなりますが
とりあえず ⇒信毎ウェブ

長野市 の動物行政と

長野県 の動物行政が 別ってこと・・

ほんとによくよく知っている人しか知らない話なんですよね。

それに、松本保健所って 松本市がやっていると思っている人も結構多かったりします。
松本にある、というだけです。管轄は8市町村に及びます。

では長野保健所とは? という問題が・・

長野市保健所と

長野保健所 があるんですよ! ご存知ですか??

変でしょう。

長野保健所、とは 長野市を除いた周辺の地域
須坂市とか・・何とか町とか・・
ドーナツ状になっているんです、管轄地が。

何とも不思議ですよね。

長野市保健所は担当職員も多くて、記事にあるようにお手本になりそうなのだけど
長野保健所は、違います。
職員も少ないし、地下にあって外に出してもらってはいません。
ただ、結構広くてきれいだとは、聞いてます。
地下なので、冬はそんなに寒くない・・とも・・・

長野県は保健所が10か所あって、職員の異動もある。
(たま~に長野市と長野県の職員交換?もあるようですが・・)

職員が変わる度に、微妙に待遇も変わっていくと思われます。
ボランティアがいるところ、いないところでも大きく違います。


・・まぁ

殺処分が減っているんだから、
ガス処分機を完全撤廃して
殺処分は麻酔薬を使った注射による処分を県一律で行うようお願いしたいです
焼却は地元にあるはずなので委託してください。

と いうようなこと・・
最近めっきり訴えてはいません。
(たぶんもう分かってはいるはず)

予算とか調べだすと、なんだか妙にいらっとしてストレスになるし・・・(-_-;)

とことん減れば、かの人々も考えるでしょう
・・・ってことで。

目の前のことをコツコツやらせていただくとします。






カテゴリ: 動物行政

速報! 僕のお迎え、ちゃんと来たワン 

12-97波田雄リード

朝一、かな? 昨日のうちかな?

ボラさんが行った時はお帰りになっていたそうな。

なんにしても、よかったよかった^^

貼り紙期間は10日くらいあるけど、まぁ、いい啓発になるかな
と思ってお任せします。
(期限が切れたら処分してください、と書き込んであります)


あとは・・ハウンドに 
いいご縁があればなぁ。。

カテゴリ: 保健所収容犬 猫

日差しだけが 春 の気配 


猟犬のりょうくんは 相変わらず元気です!

雪が溶けたところと凍ったところがまちまちで、かえって怖い。
変に踏ん張るので、微妙に筋肉痛になりそう・・。


カモしかワンコは、お迎えが来ませんでした・・・

どうしたんでしょうね

見た目ではわかりませんが、痩せていて、ちょっと心配な老犬です。
写真通り実物も、超可愛いわんこさんです。



田舎の方は、積極的に探さない傾向がつよくて・・

「死んだかと思った」と 放置されるケースをよく耳にします
そんなふうに、
知らない間に保健所に捕獲され ガス室で苦しんで死んでいった子は
過去にはたくさんいたに違いない・・と遠い目になります。
心が痛い話ですが・・。


さて、そんなわけで
久々に貼り紙出動しました。
今回は、保健所さんからの依頼(^_^;)

保健所に直接お手伝いに入るまでは特に
貼り紙貼りにまさに東奔西走、走り回ったものでして・・

やる度にちょっと懐かしい気分になります。
本当に切実で せっぱつまった気持ちでやってたなぁ・・、と

8日や9日目には殺してしまったのも
そんな昔のことじゃなくて、でも
今思い出すと嘘のようです。

3年ひと昔、です。
(3年前は・・って外人アーチストが語るCMやってますよね~)

今朝の信毎にも長野保健所の記事がでてましたね!
殺処分率が全国で最低だそうで・・・すばらしいです。
普段新聞見ない方は 是非探し出して読んでみてください。

そんなわけで・・

カモしかワンコさんのポスターを
公民館とゴミステーションに貼ってきました!
ついでに近所の保育園(メモ書き依頼でポストイン)

(飼い主が)出てくるといいなと思う気持ちと・・
あんまり大事にされてないなら戻したってどうなんだろう・・と思う気持ちと
・・
ですが 基本は返還、です。
140222_1114~310001

だいたい10日程度の期限をつけて
「貼り紙掲示協力お願いします」と書き添えてきます。

前回、山形村のわんこは 
お蕎麦屋さんの貼り紙をみてくれたらしいのですが・・

今回は近くに何にもないところなので 
やっぱり ポイントはゴミステーション(^_^)/

雪がすきなようです^^


[広告 ] VPS


もし、飼い主さんが探してくれなかったら
もっと大事にしてくれる人にもらっていただきたいものです。

おとなしい老犬って、かわいいですよ。






カテゴリ: 保健所収容犬 猫

かも・・しか? 



散歩当番のボラさんが送ってくれました

かわいい・・

何かに似ている・・・

そうだ、かもしかだ・・・ !!

早く迎えが来た方がいいけど
一回くらい会いたいなぁ・・などと思ってしまった私でした(^_^;)

塩尻の男前わんこも早々お帰りになられた様子。
茶白のかわいい子もやっとお迎えが・・


雪山に登れる、ってことは、固まったってことなのですね~
でも人が乗ったらやっぱり、沈みますよね(私も乗りたい、と思っている・・(^_^;))

カテゴリ: 保健所収容犬 猫

大雪 雪かき かまくらづくり(^.^) 

記録的大雪で
土日のわんこが心配でしたが

なんとまた 御当番は女性職員の方
あの豪雪の中来てくださっていたとのことでした(泣ける)

ハウンドわん+2匹いましたが
2匹は飼い主のお迎待ち
うち一匹は日曜に保護した梓川の迷子でHPに掲載する前に
注射済み票をつけていたことで飼い主がすぐ分かったそうです
 
で・・
ハウンドさんは この通り
ますます 人懐っこくなりました。
そばにいれば静かにしていられるけど
離れようとすると、どこ行くの!と吠えるのでちょっと困りものですが・・



犬舎の表 通路は車も通り抜けできます。
雪がかいてあるけども
犬をつなぐ場所がない~ 

通りかかった見知らぬ男性職員さんが
親切に雪かき手伝ってくれました(ありがとう)


一泊で帰られた梓川のワンコさん

ついていたのが迷子札なら・・
保健所職員も大雪の中引き取りに行かなくてもよかったし
飼い主さんも引き取り手数料等支払わなくてもよかったし
なにより、すぐ家に帰れたわけなので・・

迷子札、配布しないかなぁ~ と思いますね。
登録料の一部で作ればいいと思うのですけどね。

さて、裏です。ドッグラン。
外通路は、駐車場から職員が通る道なのでかいてありましたが
中は1メートル程度たまっいて
押して入るドアなんで・・むりじゃん、

と話していたところ

前回もかいてくれたSさんが
「こうやってやればできますよ」と長いリーチで
かいてくれました、すごいっ。


無事に開いたところで 雪かき開始

妙に楽しい気持ちになってしまい・・

鎌倉をつくってしまいました(^_^;)

じゃじゃーん!
・・って
写真の角度が間違っている・・

この顔に特に意味はないです
入り口は左側

ちゃんと人も入れます(実証写真⇓^^)


雪かきの目的が途中で確実にずれてしまったのですが・・

とりあえず、欄の敷地内には入れれば
犬は勝手に雪の上を走るかなぁ…と思ったのですが
雪あり過ぎで 足が埋まるんでやっぱり無理みたいでした


でも、一日に二回も出られてよかったね~

雪かき後のランの全体図


冬の青空と UFO雲?



そんなこんなでずいぶんと時間を使ってしまい・・

さて帰ろうと思ったら

鳥事件が発生(T_T)

とりが・・とりが~
ちょっと開けっ放しにしていたドアから
犬舎に入ってしまっていたようで・・

それが、どうしても出て行かない
モップで追っても出てってくれない

困りに困って途方に暮れて
事務所に電話して職員さんを呼び・・

猫かなんか?を捕まえる重たい縄の網つき棒しかなかったのに
それで頑張ってくださいまして・・

追い回されて嫌になったか
やっと出て行ってくれました。

つぐみ、だそうですが・・


う~ん 
犬が出てしまうから扉の開閉はきをつけよう
と話したことはあるけど
鳥、は 想定外・・。 びっくり。

発見してから、外に出てってもらうまで30分程度かかったのですが
もうむりか・・とあきらめかけていたので
出て行ったときは嬉しかったです。

何を目指して入ってきたのかなぁ・・と不思議。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ながながと 長い日記になりました。

この記事を書いている今日はまた
二匹のワンコさんが収容された模様・・

でも 塩尻宗賀の男前のワンコさんは既に飼い主が判明しているらしいです
12-96宗賀オス首

も一匹は また波田か!
と言いたくなるけれども
切れたリードがついてたそうなので
見つかる気がします。が・・
12-97波田雄リード

かわいい・・。









カテゴリ: 保健所収容犬 猫

また 雪が。。(T_T) 今日はねこ特集で・・ 

波田の迷子犬は、写真で見るより小ぶりで
かわいい子らしいです。
松本保健所迷い犬

きれいでかわいいし、首輪もあるのに・・・
昨日の段階ではまだお迎えがないようで

気になりますが、本日はこの・雪・・

そして、そのまま土日・・

大丈夫だろうか、と心配になりますが
したところでどうにもならないので

月曜日にたくさん運動させてあげよう、
と思うしかありません。


昨日、ドッグランに入れるように
Sさんが気を利かせて雪かきしてくれたのですが((T_T))

また、積もってしまうことになりそうで・・

月曜日は 雪かきしようと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

前回、猫写真と動画をとっていたので
遅ればせながらのアップしてみます。


[広告 ] VPS


この子は 長いこと一番高いところで引きこもっていたにゃんこさんです

12月撮影(脚立に載って^^)

職員さんの話では・・
白茶の子が入ってきたら、降りてくるようになったとか・・
その子はこの子→

※ 先週貰われていったそうです。きじねこちゃんはショックかも・・(2月18日追記)

[広告 ] VPS


後ろに、キジ猫ちゃんが見えますよね(^^)

それにしてもこの白茶ネコさん
こんなになつっこいのに、保健所に捨てていけるのは・・なぜなんだろう・・
命に代えても手放せない、って人もいるのにね。

負傷猫として載っていた迷子ねこちゃん
すぐ飼い主さんが見つかったようでよかった。

犬以外は負傷動物しか保護しない、というのが
保健所の基本なのですが

それでも、首輪等しっかりついていれば
配慮して載せてくれます

猫にも首輪、と 迷子札 つけましょう。

野良猫だ、と保健所に持ち込まれたら・・
もう会えないかもしれませんから。。。



カテゴリ: 保健所収容犬 猫

脚側歩行・・・できてる? 

今日は打って変わって晴天
見渡せば何処もスキー場のようですね(^_^;)

保健所はどうなってるだろう・・
合庁だから入り口付近はいいとしても
犬舎周りは・・・??

行ってみなければわからない と・・
ややブルーな気持ちで気合を入れて行ってきました。

さすがに、職員大量に抱えた合同庁舎
基本的にはどこも除雪されてました。
勿論、通り道だけ、ですが。


ドッグランは入れません(ー_ー)!!

・・なので、合庁の駐車場の はじっこのあいている方とか
そこらへんを ひたすらぐーるぐる・・

※本日写真は、散歩に入る前の一枚のみです
 カメラを取り出したり、撮ったりしてる余裕がなく(^_^;)
 文章だけとなりますが、ご了承を~

力持ちの大型犬なので
とにかく、転ばないように頑張れるだろうか・・というのが
不安でしたが・・・

どう~いうわけか、ど~~いうわけなのか

引っ張られて転ぶ可能性を恐れて
小まめにリードを引っ張っていたら

なんか リーダーウォークの練習っぽくなり・・・

そのうちに ハウンドくんが
人の左横について歩く・・(脚側歩行、という)
しつけの基本みたいなことができているではありませんか。


まぁ、簡単に言うと 右手でリードの輪に腕を通して取れないようにしっかり持ち
犬の首輪から30㎝くらい短い部分のリードを左手でもって
犬には人の左側についてもらいます。

先に行こうとしたり、勢いがつきそうになったら
素早く、ぐいっっと左手でリードを引っ張ります。

私の速さに合わせなさいっ!って強気でやります(笑)

脚側歩行のやり方が非常に分かりやすくのっています。⇓
絵と写真で見る訓練(客側歩行)


かつて、
元気がよく懐っこい、というだけで
制御不能の大型犬を引き出して苦労した経験があり・・

その際、某訓練所にもお世話になり
リーダーウォークも実地で教えていただきました。

精神的にも金銭的にも 痛タタタ・・ な経験でしたが
何事も無駄じゃない・・ってことで・・・
いろんな意味で、お勉強になりました。


かわいそう・・・だけで 動き出してしまう動物愛護の人は

しつけ専門の方々からは「犬を知らないのに」と
白い目で見られたりすることもあるんですが・・

犬をよく知っていてしつけもばっちりできますと言う人が
(といってもすべての犬がどうにかなるとは思わないが・・)
不幸な境遇の犬に関心が無かったりするのだから
まぁ、しょうがないのです。

実際、しつけの詳しいことを知らなくても
愛情で何とかなる場合も多いと思うし
小型犬などの愛玩犬は、トイレのしつけとか
そういう方が大事だったりして・・・

ほっといても、
意思の疎通ができれば大抵のことは問題ない気がするのですけど

大型犬は やっぱり しつけは必要です。
好き勝手されたら、対応できないから。
ある程度、人間に従順でいてくれないと困るわけです。

「まぁ、元気でいい事ね」と目を細めてもいられない
とびかかれば小柄な人の背丈くらいになってしまうし
勢いついて走り出したら引き倒されてしまうし・・・

しつけ、というのは
人と一緒に暮すうえで身に着けてもらいたいマナーなのですが
犬は割と単純なので、繰り返すことで習慣になります。
(個体差はもちろんありますが)

ゆっくり散歩ができるって
とっても大事。

思いっきり走らせてあげたいなら、ドッグランにつれていくというもので・・
普段の運動は、人と一緒に歩けなければ困るわけです。

家の庭に相当広い場所があれば別ですが
散歩ができなければ、結果的につなぎっぱなしになってしまう(T_T)

そんなわけで・・

今日のハウンドくんは、それはお利口でびっくりなのでした。
(写真撮れなくてほんと残念)

合庁敷地内を歩かせていたので、保健所の女性職員さんからも
「お散歩がちゃんとできている!」と 驚かれました。

昨日、一昨日と、あの雪の中を当番で来られたとのこと
土曜日は、まったく雪もかいてない中を犬舎まで歩いてきたそうで(感涙)
ハウンド犬はかなりのハイテンションで、大騒ぎ(大喜び)だったそうです・・
ほんとにご苦労様でした~(T_T)

今日は、最初はそれなりに、行く行くモードでバタバタしたけど
後半は、ずっと左側を私と同じスピードで歩いてくれて助かりました。

先週、ウンチを拾おうとして転んでしまったので
(犬が待てないで歩き出すため)
お散歩の後半でもう一回通って拾うことにしました・・正解でした。

脚側歩行に加えて、待て と お座り ができると完璧なんだけどなぁ・・
扱いがすごく楽になるし、
意思の疎通ができてこそ犬を過ごす楽しみがあるというもの。

過去にしつけらしいことも訓練されたのだろうと思います
でも、お座り、って言う言葉は聞いたことがないようですし
お座りはしません(ーー゛)
フードにつられて後ずさり→お座り、ってパターンもダメ、
おやつを見せたら絶対に座れません・・

適当に 「リョウちゃん!」(猟犬だから^^)と呼ぶと振り向きますし
ドッグランで放したときも 呼んだらちゃんと来ました(^_^;)

あ、そうそう
金曜日に、ドッグランの真ん中の仕切りをとって
一面を使ってみました。
その時の写真がこちらです。





写真って、大きさや広さがわからないですよね
実際より広く見えてます。

まぁ、運動能力が高い犬なんで・・ 
もしかし飛び越えちゃうかも・・ということも心配しつつ見張ります


誰でも飼える犬じゃないかも、だけど・・

なにをしても噛もうとはしないこと
すれ違う人や車に 吠えたり威嚇をまったくしないこと
しつけがきちんと入りそうな、お利口さんではあること

はメリットです








カテゴリ: 保健所収容犬 猫

猟犬なんていらない 



猟犬の放棄は
非常に悩ましい問題です

私は、犬を使って猟をしている人に会ったことはないし
そもそも 猟をする人と接したこともない

どういう感覚でいるのかも、よくわかりません

野生動物に容赦がなくても 自分の犬だけは別でかわいがれる人もいるだろうし
野生動物も自分の犬も、殺すことにためらいのない人も
中に入るかもしれない(非常に怖いが・・)

猟犬は、たいてい人懐っこい犬種です
この子も、歯をみようと口を触っても大丈夫だし
首輪をがっしりつかんでも怒りません

性格がいいだけに、一層悩ましいです。

誰にでも飼える犬ではないからです。

誰も飼えない、となれば・・
生きていくことはできません。

譲渡、といっても
行く先で不幸になるくらいなら・・

死んでいた方がよかった、ということもあります。

あからさまな虐待もあるでしょうが
雨風も凌げない場所に置かれてしまうとか
つなぎっぱなしで放置されるとか

死ぬより辛いことはあります。

過去に、それらしい猟犬をみたことがあって
思わず・・「安楽死を」と願いました。
父親が5匹の猟犬を残して急死
息子は父親とも仲が悪いし犬も特に好きではない

屋根はなく、雨にも雪にもさらされっぱなし
炎天下ではかくれるところもなさそう
うち二匹は目が白濁していて見えていない

目が見えないと、触られると怖くて噛もうとしたりするものなので
触らない方がいい、と言われ・・手も出せない

健康な数匹は、再び猟犬としてもらわれることになったらしいけれども(^_^;)
その目の見えない二匹がどうなっていったか、わかりません
あんな状態で生かされて、徐々に弱っていくのなら
安楽死をしてもらった方が数倍いい、と思いました。

せめて屋根らしきものを・・と
彼らに直接かかわったボランティアさんが頼んでくれたとも聞きましたが。

息子さん(と言っても大人です)は、父親も
父親の猟という娯楽をも軽蔑していたようでした
四足を殺して・・ とか 罰が当たった・・みたいなセリフを
口にしていました


長野県は、鹿駆除の問題を抱えているために
猟師人口を増やしたいという意図があり
それは全国的にも同様で
「猟師になろう」的なPRも行っているようです・・

理由があると、殺戮も正当化されるものなのですが
基本的には 殺生 であることにちがいなく・・

最近、信毎で毎週月曜日に
「猟師になりたい」っていう漫画コラムが掲載されてますけど

免許を取ったばかりの素人猟師が、
鳥を撃ち損ねて傷を負わせてしまった。。という内容がありました。
傷を負った鳥はそのあと苦しんできっとどこかで死んだのでしょう・・

傷を負った小鳥を見たら、可哀そう、と誰しも思うだろうに・・
積極的に殺そうとした場合は、かわいそうじゃないのかな

まずはイメージアップから
という戦略が見られます
あかるく、さわやかな かっこいいイメージを持たせようとしてますね。
当然、暗いイメージがあるから、なのですが。

「ちはるの森」と言うブログで
コメントが炎上しているようです。
私は、自己顕示欲の強さに辟易しますが・・
猟をする若い女性のブログです。

当然、私は、猟そのものに反対です。

イギリスでは長いことキツネ狩りが貴族のお楽しみでしたが
残酷だということで禁止されました。
スペインの闘牛も続々と廃止の方向で、闘牛場のほとんどは閉鎖されているとか・・。

現在猟師の多くは高齢です
たまに、誤射事故があって、亡くなったりもしていますが
正直、ばちが当たった、と思ってしまいます。

・・・・猟犬も必要ない・・・・












カテゴリ: 思うこと

パグちゃんが幸せになったご報告いただきました! 

あっという間に貰われていったパグ犬
職員さんも担当した人しか詳細はわからないようで・・

まぁ、とにかくきっとパグ好きに違いないから
よかったよかった、ってことで・・

と思っていたら思いがけないコメントをいただきました。

なんと、このサイトで見て
以前からパグが欲しいと言っていた方に紹介していただいたとか・・
で、あっという間にパグは 
再び「家庭犬」となりました。

あの、大きな丸々した体でソファを走り回っているのか・・

きっと、嬉しくて仕方ないのでしょうね。

ときどき・・
このブログに載せていてもなぁ・・

と思ったりもしたけれども

書いててよかった、と思いました。

パグの写真は確かにちょっとかわいく撮れていて
保健所にも一応送っとこう~ と、送ってありました。
でもそのあとすぐ貰われたので
真っ黒い顔の写真がまだのっています・・(笑)

写真は大事ですよね
お見合い写真みたいなもんだから

実物より良いくらいでも 詐欺にはならない(?)

猫の動画も
どなたかが ツイッターでツイートしてくださったようで・・

ツイッターはやらないので
「出てたよ~」と教えていただきました。

ありがたや、ありがたや・・ ですm(__)m

何処で芽が出るかわからない種まき

と思いながらやることも多いけれども

たいへん感激しました。


名前は、コメント欄にも書かれてありますが

「マーガリン」ちゃんになったとか・・

ますます太りそうな名前の気がしなくもないので

ダイエットよろしくお願いしま~す(笑)


今日も寒い中、散歩ボラのSさんが行ってくれました
明日は私の御当番^^凍え死なないように
防寒対策ばっちりで行こうと思います。

カテゴリ: 保健所収容犬 猫

いろんな動物愛護活動 

昨年末に声をあげてくださったボラさんも
少しづつ慣れてきてくれて
今年に入って、犬数も少ないので
ひとりで行ってワンコさんの散歩をしてくれています

なんか、こんな楽していいのかしら・・と思ってしまう
それは、肉体的に楽、ってことだけじゃなくって
気持ち的に楽って意味でもあります

犬にとって一日は長く
日光も当たらないコンクリートと鉄の檻の中で
ただじっとしているのは
とてもつらいことだろう、と思うからです。

たいくつ、というのも 知能の高い彼らにとってはストレスですし。


最近、県に何か訴えよう・・という勢いが
なんだかぱったりとありませんが(私個人が、です)

せめて3日に1回は 外に出すように・・とかいう
基準とか決めてもらえないものだろうか、と思います

現場に任せてあります
散歩もしているはずです

と言われたのは・・・3年前ですけど。

すべてが現場任せの体制ならば

各保健所の周辺に住む意識のある人たちでもって
何とか待遇改善を呼びかけていくしかありません。

一週間二週間檻に入れっぱなしでも
そのことに疑問を感じない職員も多いということです
それか、単に
そういう習慣がありませんから、で終わっているということも・・あるかな?
実際10か所の保健所の内情は、知る由もありません。

迷子にした飼い主が悪い
迎えに来ない飼い主が悪い
そこまでやる必要はない

過去の松本保健所も
そういう空気が満ち満ちていたりしましたが・・

返還時に高額な手数料とるようになったんだから
それなりの世話しないといけないと思います
(単なる罰金か? でも一日700円は一番高い部類です)

でも、そのお金は現場で使えるわけではないようで・・

お金を取るようになったし、その分ちゃんと面倒見てあげよう・・
とならないのが残念なお話。

昨年末、長野を中心とした愛護団体による収容施設の改善などの要望が 県に提出されていたけど

成果はあったんだろうか・・
県は何か動いてくれたんだろうか・・
佐久は大丈夫だろうか・・
(一番施設的によくないと聞いています)

等と、思ったりもしますが・・

とりあえず 地元で自分のできる範囲で
コツコツやっていくことで
なにかしら 影響が広がればいいなぁ・・と期待してます。

県の予算の無駄遣いとか・・
(彼らは無駄とは思ってないだろうが)

いつまでも残っている殺処分施設の問題・・
つまりは安楽死徹底の問題とか・・

あるにはあるけれども

人々の意識が変わっていくことで
全体が底上げされていくことで

やっとお上(行政)というのは動くものなので・・

地道にコツコツ、ですね

昨年末あたりから、おひとりで
環境省のポスターを貼って回っている女性がいます
(勿論許可をとりつけながら)
素敵だな、と思います。

ポスター貼り、長らくやってないのだけど
気持ち的には非常に刺激を受けています。
ねこと幸せの輪

ほんとうは 県でもポスターの一つくらい作ってくれたらいいのに・・って
思いますけど
やって、って言ってもやらないならやるしかないかな、ということですね(^_^;)

ポスターのお願いって、実は簡単じゃないです。
嫌な顔されたり、断られたり・・
営業職やったことある人ならわりと平気かもだけど
結構凹んだりもします。
(経験者は語る・・^^)

なんにしても

動物愛護の活動は、やる気になれば誰でも一人でも
やれることは見つかるもんだなぁ・・といういい例ですね

でもって
あれもこれも、は疲れてしまうだけだし続かないので
欲張らずに 無理なく続けていくことが大事かな・・と


犬猫を引き取るわけにはいかないけど
普段時間もないけど
何かしたい・・と言う方には非常にいい活動と言えます。

この方が貼っている環境省のポスターはこちらから

こんなのもあります。こちらをクリック⇓
どうぶつ福祉ネットワーク

ついでにこれも是非・・クリック⇓
ニッポンFURFREE計画



残酷なことや、見たくないことは
大抵大衆の目から隠されています

知らない方が楽かもしれませんが
苦しむ動物を少しでも助けたいのなら
問題として知らせていくことが一番実は大切かもしれません

社会問題として存在している、と多くの人が知っているだけでも
空気は変わってきます、きっと。

都会では、殺処分反対、生体販売反対デモや
毛皮反対デモ、フォアグラ反対デモなど

いろいろな啓発活動を頑張っている人々がいます。

田舎で、デモって・・さすがに無理なんで(^_^;)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

保健所の収容わんこは ハウンド犬 と
もう一匹いるようですが・・

飼い主は見つかっているようでお迎え待ちらしいです
(どうして、すぐ引き取りに来ないかなぁ・・)

今日もこの寒さの中行ってくれて、ありがたいことでしたm(__)m












カテゴリ: 動物愛護活動

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。