Admin   *   New entry   *   Up load   *   記事一覧

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

Trackback: --   コメント: --   

謎!なぞ なぞーっ!! 


月曜日撮影の黒ハウンドの写真です
※2/27日 保護団体(ゆめまるhappy隊)に引き取られました。

そっくりなのが 諏訪にもいる、という情報でチェック
それがこちら
150120_m_d諏訪保健所
<諏訪保健所の収容犬>※現在、譲渡済(3/2)

どうですか? うりふたご じゃないですか?

念のため、確認のため
諏訪保健所に問い合わせてみました

ものすごく、ものすごくマテイな対応で感動!
(どうでもいいようなことで電話しているのに・・(^_^;))

推測で、きっと 高ボッチあたりで捨てられたのが
南北に散ったのか・・と思ってたのですが

場所も、日にちも 違う・・・

やっぱり、確認は大事
推測でうそ書いてもいけませんから

え~ でも~
たまたまなのに、こんなにそっくりなの??って
ただ驚くばかり

ちなみに
諏訪のわんこさんは
1月20日の保護
場所は、合庁に近い豊田という住宅街

・・・・いやはや、でもね

その付近に 同じ飼い主が住んでいるかも
ってのもありますよね

本当のところは分からないけど
全く別で偶然に、というほうが無理がある気がします

近辺に住んでいる同一人物の放棄を
やはり疑います

諏訪の職員さんは、松本保健所の写真を見て
(顔がわからない)
違う気がする・・と言っておりましたが

譲渡希望か、と 一瞬期待を持たれたとは思います
すみません・・
でも、本日、ハローアニマルで引き継ぎ見当に来られるとか・・

よかった・・

そう言えば、昨年もこの時期に
大型犬を松本保健所から連れて行ってくれました
で、すぐ新しい飼い主が見つかって・・

ハローアニマルの文句タラタラ、過去には言ったりもしてきたけど
ありがたい、です。
諏訪の保健所の職員さんも 頑張ってくれてるのだなぁ、と
なんだかとてもほっとしました。

出てこなければ、しょうがないよね、殺処分でも
って、なるところもあるかな、と思っていたので・・・

松本に来てたら助かって、山超えたら助からなくって
だったら、やるせなさすぎる、と
想像が広がって悶々としていたのですけど

とりあえず、同時に捨てられたわけではないこと
殺処分にはならないこと
が分かってよかった

でもでも やっぱり
猟犬を飼っている人は、数頭で飼っているので
同人物の可能性は相当高いです
猟犬保有者の名簿作成を実施すれば、かなり防げるのにね・・

スポンサーサイト

カテゴリ: 保健所収容犬

土日はやはりストレスか・・ 

木曜日に見た、
穏やかでおとなしい 柴犬が

犬舎に入った途端、うそみたいに鳴きはじめました

別犬のようで、びっくりしました

いらいらしていたんだな、と思います

2日間(金曜日も朝の散歩だと、、実質ほぼ3日間)
檻に閉じ込められたままでいることが
ストレスで無いはずがない・・・


平日、ボランティアで外に出せるようになったけれども
それ以前、3年ほど前までは、
1週間でも2週間でも閉じ込めたままでした
(老犬など譲渡できない犬は1週間過ぎたら殺処分)

そして、それが
べつにどうということでもない、と されていました

(閉じ込めっぱなしは問題があるのではないか、という申し入れについて)
「言われてみれば確かにそうですね」
と思ってくれた職員さんが OKをくれて
今に至るけれども・・


前例にはありません、
そこまでする必要はありません
何かあったら責任がとれませんから

という(ある意味模範的公務員さん)が続いていたら
…と思うと

ちょっとぞっとします

現状がよくなっているので、あまり行政に対してクレームをいうことも
書くこともすっかりなくなっていますが・・

土日の返却も、工夫すればできるはず

と思いますがどうでしょう
(飼い主さんは土曜日に連絡をいれたそうです)

そこ言って、1日や2日、だから別にいいか
って、思われることだろうけど

犬にとっては、少しでも早く出たいわけですし
飼い主も早く連れて帰りたい、と思うわけですし

いや、できるはずなんだけどなぁ・・・
工夫次第で。
返したって、聞いたことがあった気もしなくもないけど
気のせいか・・

どうなんでしょう。

とにかく、柴ワンコは無事に帰りました

娘夫婦が飼っているのだが忙しくなり散歩ができないので
私がやっていて、と若いおばあちゃんが・・・

散歩がかりだったお子さんが中学生になり、部活なんかで忙しくなって・・

あ~よく聞くような話。

子どもが世話をする、と決めて飼っても
そうなる可能性は多々あるので

親が世話できる自信が無ければ、ペットは飼わない方がいいですね
つなぎっぱなしは、ほんとうにかわいそうですから。


大型犬もストレスフルなのか
常に大食いだからなのか
とにかく 先にご飯をくれ、と騒がれました

雄と雌なので

季節的に? 雄が絡んで、雌が怒って・・
という光景が・・

猟犬を飼っている人は、去勢とかしないのだろうか

生まれたら、育てられない子は捨てたり殺したりするんだろうか

私は、猟をやる人を直接知らないのでまったくわかりません
ただ、モラルがない人が少なくない、ということだけは耳にします

どうなることやら、の2頭ですが

私たちのできることは、外に出して、お散歩して
スキンシップをとったり、なでたり、ご飯やおやつをあげたり

ということなので、
淡々を務めを果たしながら
様子を見守りたいと思います

カテゴリ: 保健所収容犬

3頭おりますが・・。 

ちょっと日延べして・・ 

だいじょぶかな

週末3頭という、最近にしては珍しい状況に。
夕方にでも、この子は帰ってくれているといいなぁ・・・

もう、性格の可愛さにまいった(笑)
こういう柴犬が飼いたい、と思ってしまう

しずか~に、そばによって来る、
その控えめな甘え方が、ツボにはまりました

昨日 お当番さんのお手伝いがてら予定外に行ってきましたが
すぐ帰りそうとも思って写真はとってこなかったので
保健所のを貼ってみます。

実物は、もっと凛々しい感じがしました。
早くお帰り。(松本市新村保護、リード付き)
12-78新村首リード雄

大型犬、二頭も元気にしてますが
来週どうやることやら・・。

短時間でも、外の空気を吸ってお日様にあたるだけでも
全然ちがう と思います

日差しが春めいて、寒さも緩み
お散歩も気持ちよくできますが

3匹になると、ちょっと一人だとたいへん・・
(3匹の内容によるが)
Mさん、本日はお疲れ様でした☆




カテゴリ: 保健所収容犬

おそらく 同じ人が捨てたんでしょう 

ペットは、愛玩動物 なので
一応、かわいがられるのが前提

猟犬は 道具と思われているケースが・・・・
どのくらいあるか知りませんが、
可愛がるために飼われているのではないのは確か。

雌の方は子どもを産んだ形跡がありますから
赤ちゃんが生まれて、親の方を捨てたんでしょうか・・

家にいる猫のマロンは
子猫が生まれてしまったから
と保健所に捨てられた親猫です

子猫には不妊手術をすること を条件に、仕方なく引き取ったらしい
(二年前の話)

彼らは、特に悪いことをしたとは思っていません、おそらく。

山に捨てたら、かってに生きていくだろうと思っているバカも
いまだにいると思う。 
野犬としてしばらく生き延びられたとしても・・

まぁ、そういう人は、想像力も乏しいので
目先の解決(いなくなってくれること)しか頭にない。

保健所に、病気の犬を持ち込んだバカ一家がいたけど(法改正直前)
彼らも、何も悪いことしている気がない、というか
言い訳と正当化がすごくて 現実逃避している、という感じでしたね


2月6日同日、同地域で、同じタイプの猟犬が保護されていて
別のわけがないです

猟犬保有者、別途登録制度。
まじめに、つくったらどうでしょうか。

昨日午後、保健所に収容された黒い猟犬
保護した人がしばらく置いてくれていたみたいだけど・・・

まぁ、飼い主はでるわけがないか・・ 首輪もないし。

穏やかで懐っこいです。

マロ眉毛・・・(ピンボケ)

さて、先週からいる
保護した人が引き取り希望になってるワンコさんの方
その方が風邪ひいたとかで、しばし延期に・・・






なぜか軟体動物みたいに、激しく転がっていました・・・
草がきもちいい?


甘えん坊の、食いしん坊主。
すりすり、べたべたしてきます(^_^;)

どちらも、寂しん坊たちで
場を離れると、ウォンウォン吠える

片方を散歩に連れてこうと思ったら、おいてくな、と吠える

しかたなく
チャレンジ、二頭立て。

どちらも、そんなに引っ張らないので
できないこともなかった^^;

散歩、になれてないかれらなので、あっちこっちですが
リードさばきも、そこそこうまくやってくれます


グルグルされているうちに、勝手にリードがねじれて
まるで二頭立て用のリードみたいに(笑)

カテゴリ: 保健所収容犬

いれかわり、たちかわり・・ 

※黒クマワンコさん、即行ご帰宅!
 首輪もなかったのに~
 う~ん、読めないな~ 2/10 追記



心配した堀金のおばあわんこ
金曜日にはお迎えがあったそうです

タウン情報に出たのが木曜なんで
(「保護しています」という文字だけのいつもの記事)
それもあったかなぁ・・

タウン情報は
信濃毎日新聞(信毎)をとっている世帯全戸に配布されるので
目にする人は多いです
(長野県民は信毎をとっている人が多いんで)

市民タイムスには、早く載っていたそうです
(こちらは、契約者に毎日配布されるミニ新聞)

二社に載る、その威力、影響力は素晴らしいですね☆

(ネットはどうしても、若い人よりなので 年配者向けには必須)

日本中が そのようなシステムを模索してほしいです
返還率は一気に 絶対に 増えます


今朝、明科の迷子わんさんのお迎えに遭遇しました
一家総出で、おばあちゃんから 小さなお子さん
6人くらいで来てました(^.^)

山の中の一軒家だから・・・と言ってたなぁ
「ずっと探し回った」 とおばあちゃん

そうだよね・・
まずは 自力で探すよね・・

まさか、保健所が連れて行ったとは夢にも思わなかった、かも?

夢にも思わない人が多かったのに
広報を怠って、たくさん殺してしまいましたよね・・

保護してるから迎えに来い!って
どの自治体も、自発的に広報に力を入れるべきですね
ツールは探せばいくらでもあるでしょう

なんにしても、新しく事を始めるのは
<特に、行政においては>たいへんみたいです

積極的に捨てる、となると 犯罪 なわけですので
犯罪人がそんなたくさん発生するはずもない

ほとんどが 積極的に探さない だけの人々だったり
探し方がわからなかったり
保健所、ってワードが頭に浮かばない人々だったのだろう、と思います

短期間でどんどん殺していたことは
いまさらですが 
よろしくないことでした


まぁ、そんなことを思うわけですが・・・

二匹帰って、入れ替わるように
二匹やってきてました


どうして、ハウンド系のわんこは
いつもガリガリで 食欲旺盛なんだろう・・
(保健所に来るのはいつもそうなのです)

塩尻片丘にて保護 雄

保護した人が
飼い主が現れなかったらひきとってもいい
と言っているらしい (いい人だ(T_T))
非常になつっこい、驚異的な食いしん坊です

食べたいだけあげるきっと 下痢します(;一_一)


くまちゃんみたいな可愛い黒犬
今朝早く来たそうです
梓川熱田神社付近での保護です

首輪がない、のは気にかかりますが・・・

しっぽの付け根をトントンすると
足踏みして喜びます

どちらも、なつっこいですが
吠えるタイプでもあるので
(人の姿が消えると吠えまくる寂しん坊たち)
ちょっとめんどくさいです(^_^;)

カテゴリ: 保健所収容犬

読みは当たらない・・ 

今日は、予定変更で 行ってきました

お迎えがくるはず・・と思ったワンコ
リードも付いているのに、一週間が経ってしまった(-_-;)

なおかつ、
飼い主がわかっているということで
すぐ帰るのかと思っていた ダックスが・・まだいらっしゃる

あまり吠えないし、なつっこい良い子なので
すぐに飛んで迎えに来てくれるような人に
貰ってもらった方がいいんじゃないか???

と不穏な気持ち。

寒いので服を持っていったら、ゆるかった(-_-;)
服がでかいってのもあるけど、痩せているので心配になります


2日月曜日撮影分 <安曇野市堀金烏川で保護>
隣に黒いのうつってますが、ダックスくんです

昨日きたらしい新しいワンコさんも、お迎えがすぐ来るかは微妙だけど
読みは当たるようで当たらない

当たるも八卦当たらぬも八卦

とても頑丈で重たそうなチェーンと金具付
う~ん (-_-;)

おっとりしたいい子でした


読めない、といえば・・

まさか、二月に入ってからバタバタとたまっていくとは
読めませんでしたね~ (-_-;)


あ、晴れてきた!

こ雪混じりの中 出かけたのに (ーー゛)
天気予報のうそつきーっ

これも 当たらぬも八卦、ですかね^^

カテゴリ: 保健所収容犬

さすが、寒中。寒いです。 

ちょっと昔まで 一月末から二月頭に
学生さんは「寒中休み」ってのがあったはずなんだけど・・・
(いつからなくなったんだろうか)

さすがに、休みにしたくなるくらいの寒さがやってきました
朝の最低気温はマイナス10度前後
(盆地なので、高低差で気温が微妙に違います)

日陰の雪は、溶けずに氷となります

ランの扉付近が固まっていたので
職員さんにお願いして、かいてもらいました
(スコップで削ってもらった)

お日様が当たると、ほのぼのとあったかいんだけど
(あったかいんだから~♪^^)
気温は、午前中でもマイナス
鼻水が・・ハダミズガァ となります。

比較問題として、犬舎の中が暖かく感じます
猫さんも同じ場所にいて、ストープ当ててもらっているせいもあるかな

さて、金曜日からいたらしい お二人
ダックスさんは飼い主がわかっているということでしたが
お迎え時間は未定だったので外に出しました

あまり吠えなくて、静かに待っていられるよい子たち



写真で見た感じだと、またヨロヨロなのか?
と心配しましたが
元気に歩きます

ちょっと、ボケかけているかもで
ひたすら、ぐるぐるとランをひたすら回り歩きます

保護場所から 家は遠いかもしれません

でも、リード付きで保護されているので
(なんで、リード?)
お迎えはじきでしょう


光りが、滝みたいでおもしろい
(眩しくて、写真撮っている間は画面が全く見えません
目くらめっぽうシャッターを押して、家に帰ってから見ます)


雲一つない晴天、でも冷蔵庫みたい
無風で助かった^^



カテゴリ: 保健所収容犬

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。