Admin   *   New entry   *   Up load   *   記事一覧

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

Trackback: --   コメント: --   

柴祭りは終了したか・・。 

昨日保護されたのは
柴じゃなかった・・よかった。

それにすぐお迎えが来るような犬だった^^

すごくお転婆な、テンション高すぎるジャックラッセル。
今日中にはご帰宅、ということだったので
あまり騒々しいので早めに犬舎に戻っていただきました。

心配で、気になって仕方なく
そのために蓮ちゃんで来たんだけど・・・

白い怯えたブルブルわんこさんは

な、なんと、飼い主が・・・と言っても
一二年前に逃がしてしまった飼い主が
迎えに来て
「この犬です」と言って、「飼います」と
連れ帰ったそうです。

子犬をもらっていって、どのくらいで逃がしたのかわかりませんが
犬も覚えているかわからないし、野生化もしていることだろうし・・

と、職員さんも心配にはなったそうですが
「飼います」と言うことなので・・

辛抱強く愛情を掛けて、もう逃がさないように
頑張ってもらいたい、と願うばかりです。

飼い主さんだ、と 彼が分かったか否かはわかりませんが・・

なんとか人なれしてもらおう、と気合を入れていったので
ちょっと気が抜けてしまいました。 でも、よかったです。

さて、 首触られるの嫌いなワンコ。
クールなわんこさんです。

首以外は平気なのになぁ・・・。
檻から出せ、という時だけ、吠えます。 あとは、ただひとり・・・・・。
知らん方を向いている。

首の下側を撫でるとツボみたいで、前のめりになってうっとりします。
でも、首輪をいじるのはNO(ー_ー)

おばあさんからの引き取り犬は
相当に甘えん坊だった。 最近、この手も多い気がするが・・。

おいおいと吠えて・・

すりすりと 甘えまくる


この二匹・・・
保護譲渡団体に引き取られる予定、だそうで。

すりすりちゃんは もう一息痩せられるいいね
懐っこいのでかわいがられるでしょう。

クール犬は・・・う~ん。首にどんなトラウマがあるのでしょう。
慣れ、かなぁ・・・?


で、
明日お迎えがくるシーズー。
昨日は、運動足りてないっ、と 檻に入った後不満気味だったので

自由にランを歩き回らせてあげました。

大きな犬のそばをへらりへらり・・と・・
クール犬は、他の犬にはとても優しい・・というか
無視。

争わない、それぞれバラバラな犬たち。


このシーズー
本当にぬいぐるみ見たいです。
高齢でよちよち歩きなので、よけいに。

明日、どこまで帰るのかな。
(帰省先で放してしまったらしい)

先週月曜からだから結構長かったね・・・よかったね。

しばらく、迷子犬きませんように。

明日は雨予報なので、水曜のお散歩を今日にして
時間もたっぷり使いました。



スポンサーサイト

カテゴリ: 保健所収容犬

収容犬多し・・・ 

月曜日は何匹になっているのやら・・・

と思っていましたが、再び5匹になっておりました。

犬の個性にもよりますが、4匹以上だと
ひとりではちょっとたいへん・・

個人的にも気になっていたので、お手伝いしてきました。

甘えん坊柴とチワワは、譲渡団体へ。
しかし・・ 

迷子のダックスと
わけありな徘徊犬が二匹追加に。

ダックスは散歩させた直後に、飼い主がいらして
それはかわいがっている様子でしたけど・・

名札付き首輪着けてほしいんだよね…と思いました。
室内飼いだからいいや、って思っている と思われ・・・。

で、わけありな徘徊犬とは・・

話に聞くと、保健所から譲渡された犬だとか。

そんな昔でもなく、当時子犬だったというのですが・・・
子犬を見た記憶がない。

きっと、ほとんど保健所を経由しないで、保護された地域の人に
貰われていったとか言うパターンかな、と・・・。
麻績、か 筑北か・・そこらへん?

で、だいぶ前に逃げてしまい、ずっと徘徊していたとか。
捕まえたくても捕まらなくて、やっと捕まった、という話。

負傷もしている、というけど

奥にうずくまって出てこない
ずっと震えっぱなし。

いったいどんな怖い目にあったのだろう・・と思うほど
震えが止まらない。

当然餌なんかでも釣れない。

なんとか檻から出したけども まったく歩かない。

下手に触ると、ガブっとこられるかもしれないし・・・

そろそろと、トライしてみたら
触られるのはどうも OK(^_^.)

でも、怖いからかどうしても踏ん張って歩かない。
(怪我は左前足がちょっと痛いかな、という程度で深い傷ではありませんでした)

う~ん・・・ 

いけるかな、と思って、
だっこしてみたら、だっこできてしまった(驚)

ランに連れて行ったはいいけど、犬魂碑の裏とツツジの間にはまり込んで出てこない。
一時間は 入りっぱなしでした。(写真を撮ったけど失敗)
最期は無理やり引っ張り出して、貸切状態のランを少し歩かせましたが・・・。


ちなみに犬魂碑とかいてある石碑はこちら。春先撮った藪ぼうぼうの時の写真。
(いったいいつだれが何を思って設置したんだろう)

とりあえず全体像はこんなわんこです。
やっと歩いて犬舎に帰るところ。 私が後ろから追い立てております^^;


でも最終的には、だっこ・・
って・・最近このサイズの犬を持ち運ぶことが多いのはなぜだろう(ー_ー)

でも 少しは、安心できたかも・・
帰りみたときは、檻の中ですっくり立っていて
しっぽもやや上がっていたし
もう、ブルブルとは震えてはいませんでした。

でも、かなりの精神的トラウマがあると思われるので・・・
要観察、要愛情、なワンコです。

2年も前に?逃がしたという飼い主が仮に引き取りに来ても
難しいだろうなぁ・・

ただ、どこかで餌は貰っていた模様で
毛並みもきれいで痩せてもいません

プクプクに太った(血で(ーー゛)) ダニがいたので
お線香作戦で 退治してみました。

あとで落ちているといいですが・・

(いきなり抜くと足が残るということで、つけたまま殺すのがいいらしい)

ダニ退治されている時、ものすごく嫌がってはいたけど
嫌がっているだけで・・

あばれる、とか
威嚇する、という発想は全くない様子・・・。

根が優しくおとなしい犬なのだろう、と思いました。
怯え、がとれたら それなりに吠えたりするようになる、かも、ですが。

さて、残りの・・ 

シーズーくん。
県外の方が、飼い主だったそうな(@_@;)

遠いらしいのでお迎えは1日だということ。
なんにしてもよかった。
相変わらずのマイペース、トコトコ歩くお人形みたいなワンコさん。


収容期間がずいぶんと長くなってしまった
首回利を触られるのが相変わらず嫌いな柴。

やっぱり、日向が好きなのか・・。
カメラは平気みたいです。

おばあさんに飼われていた さみしがりのワンコ。

人を恋しがってちょっと鳴きますが
傍にいれば安心して静かにしています。

ここで、しばしストップで…と願いましたが

これから犬を保護しに向かう・・という話でした。

もう一匹増えそうです

なんともなぁ・・・。
なんだろうか。 どうか、柴犬ではありませんように。
すぐ帰る迷子犬でありますように。 

カテゴリ: 保健所収容犬

もらってください 


※譲渡団体ゆめまるhappy隊に引き取られました。 
飼い主には、この子の良さがわからなかったようですが
見る人が見たらものすごくかわいいワンコです

噛む、とかなんとか あれやこれや言っていたらしいけど
仮にそれがほんとだとしても
あなたにも原因があるのでは?

初対面からフレンドリー。
でも うるさく吠えたりしない。
元気に歩く可愛いチワワです。
本日、飼い主より引き取られました。

あーだのこーだの言って捨てにくる人はおそらく雄弁でしょう。
飼えない理由の第一は、吠えて噛む、らしい・・

「噛みませんよ」と言ったら、 え? とものすごく驚いてた職員さん。

いや・・噛みませんって。 

いきなりさわっても全然大丈夫だったし。

と、
本日私がブログを書いているのは

ふと思い立って
他の用事がてら寄ってみるか、と 寄ってみたのでした。

基本、水曜日担当してくれている人とも
たまには会ってコミュニケーションとった方がいいしなぁ・・ 
くらいな感じで。

相変わらず 例の柴が二頭、だと思っていたのです。
ちょっと気難しいのと、甘え坊主。

そ、それが・・・

目を疑いましたが、5匹 いました。

そうこうしているうちに、後半1匹 追加され
(認知症の一人暮らしのおばあさん宅より(ーー゛))

6匹に。

こ、これは、いったい(@_@;)
気が遠くなりそうでした。

来てくれて助かった~と言われましたが
私としても、行ってよかった。
まさに、虫の知らせか。

そう・・最初に、引き取りのチワワのご紹介。
可愛いです。
お散歩は、途中まで行ったら急に不安になったようで
「戻る!」と言われました^^。

それと

きれいにサマーカットされているから帰るだろう
と思われる四賀の方の迷子。

あまり歩かないので、お年かもしれません。
シーズーらしく、ひたすらおとなしい。
(それで、助かったけど)

とりあえす、5匹日陰につなぐと、もういっぱい。

後から来た、おばあさん宅からのワンコは

犬みしりがあるようで
5匹集団を見て怯えたので
とりあえず、ランのフェンス外側に。

しっぽを思い切り下げています。

そりゃ、そうでしょう・・
いきなり連れてこられたんだから。

室内飼いで飼われていたもよう。
よく太っています、毛並みもきれい。
おとなしい・・いい子です。

取り残されるペット問題
高齢の一人暮らしにはセットですね
(猫の方が多いだろうけれど)
 
おばあさんの親戚筋の人とこれから話ができるらしいですが・・

どうでしょう。
引き取ってくれるとは・・思えませんが・・・・


例の柴二匹は、元気です。
気難しい子は、やっぱりすこし気難しい。

日向がすきなようで・・・

暑いのに・・

首輪に触られるのは、嫌いです。
相変わらずです。


甘えんぼぼうの柴は やっぱり甘えん坊で
ご飯も食べずに
やたらに手や足をなめてくる・・・
柴犬なのに・・・

この犬も もう譲渡対象ですから
(本来は一週間です)

懐っこい柴犬欲しいっ って人はお願いします。
利発な犬です。

追記※譲渡団体ゆめまるhappy隊さんに引き取られました。

ちょっと、呼んで吠えますが ちょっとだけです。
基本おとなしく座っています。

ランを出るときはすたすた歩くけど
犬舎の前にくると、踏ん張ります。

いやだ・・・

いやだってば・・・。

はい、
だっこ (ー_ー)

何も飼ってないなら飼ってあげたいけど
むりなのだよ・・・。

迷子犬で いちばんおっとりしていて
お嬢様の風格だった シェルティは
(雄か雌か実はよくみてないけど)

午後保健所HPみたら消えていました。(帰っていた)

やっぱりね・・・・

あの落ち着きぶりはただものじゃなかった(笑)
始終ゆったりとしてて・・
パタパタ動くチワワに
「あら何かしら、この犬」とでも言っているかのような・・



後は、シーズーが順調に帰ってもらえたら

と願います。
首輪、ありです。
中川・・とは、 地図で見たけれど、相当な田舎。
「役場に聞いてみよう」とか そういう発想になれればいいのに・・
保健所、が浮かばないのかもしれません。

そうそう・・

不安もいっぱい、だろうけど
(しっぽがずっとさがりっぱなし)

ちょっと最後にいいお顔してくれました。
おばあさんの家から来たワンコさん

優しい目をしています。
性格はとてもいいです。
雌。 






カテゴリ: 保健所収容犬

柴犬ばかりで、なにがなにやら・・ 

水曜日。二頭いる、と言われたけど・・
HPに新しく載らないしなぁ

と思っていました。


そうか・・
そうだったのか (-_-;)

先週の木曜日に来て、ブログに載せた柴犬は
「発見者宅保護」と なっていた犬でした。
なので、松本市庄内の保護犬です。

どれもこれも似ているので
新しくHPに載った塩尻の犬が、それだろうと
勘違いしてました。

写真が違うと別に見えるのですよね。
27-12-22庄内雄





上二枚は、保健所HP掲載
一番下のものは、本日ブラシを入れた後の彼の写真です

お・おなじ犬に・・     

見えませんでしょ?

もう一匹、月曜に塩尻柿沢で保護されたのが
この犬でして・・
27-12-25塩尻市柿沢永福寺付近雄

とにかく、柴犬ばかりというのは

どういうことでしょうか・・・。

飼育頭数が絶対的に多いのはわかるけれども
ここ一か月の柴犬の多さは・・ちょっと異常です。

首輪もないし・・

なんなんだろうか。

先週からいる方の柴(保護宅にしばらくいた犬)は
ボラさんの報告通りに、檻の中でワンワン吠えていて
すんなりリードをつけられそうにもなかったため

リードでわっこをつくって首にかけ、しばらくはそれで散歩しました。
落ち着いてきたころ、そろりそろりともう一本のリードを首輪につけ直し。

出たくて仕方なかったのか・・

おしっこをすごく我慢するタイプの犬なので
とにかく、すぐおしっこ。
(檻の中では嫌なのはもっともで、かわいそうではある)

外に出た後は、全く吠えもせずおとなしくなりました。

とりあえず、ランにつないで、お次の 塩尻のお寺付近で保護
というワンコ。

「なんか、散歩したことが無いような感じ
いったいどういうふうに飼われてたんだろうねぇ・・」と

いう話だったのですが

この子もびびり君。
(びびりが続く・・・)
檻からなかなか出てこないし、

檻からやっと出したら、犬舎の中でへたり込んで歩かない!
職員さんが立たせても、また座り込む。

なんだ、なんだ?

無理やり扉の外にだしたら、急に歩き出しました。

人には無関心か? 
様子を見つつ、くもり空の涼しい中、結構なロングコースでお散歩。
おもしろいのは、車が来ると怖がって、
べたっと道路にへたり込んでしまうこと。
(そういう犬、お見かけしたことありません(^_^.))

確かに、
あまり「散歩」というものをしていた風ではない。

は、放し飼いか・・・(-_-;)

田舎の方には、いまだそういう飼い方をしているところも
きっとあるかと思われ・・・・。

水曜日は「リードに噛みついたりしてた」らしいですが
とりあえず、散歩はできる。

さ、交代~。 
と ラン内につないで待っててもらった柴を散歩に連れてこうとしたら

まぁ、吠えること。(塩尻保護の柴がです)
それも柴犬にしては、高い声で・・。 

姿が見えなくなれば吠えないかも、と小走りで退散。
基本的に、しつこく泣き続ける柴犬、は見たことがないですが
案の定、まもなくやみました。

戻った時は、ぺたっと休んでいた(笑)
が、すぐまた興奮・・・。

ちょっと扱いが難しい犬かしらね~ と思っていたら

こやつは、意外に甘えん坊主だった。

ご飯をあげても食べようとせず・・寄ってくるので
傍に言ってしゃがんであげたら、食べ始めました。(@_@)

いや、人が見てると食べない犬はいるけど・・

傍にいると安心して食べるって、
それって、もしかすると、
かわいがられて育ってる????

あぁ、わからん。

その後も、塩尻の保護わんこは
すりすり、ごろごろ(これは猫か・・)
妙に甘えるのでした。


小首をかしげる わんこです。

歯の感じでは4,5歳と思うけど 雰囲気が幼い。
やたらに絡んでくるというか、落ち着きがないというか・・

先週、「かえりたくな~い」と踏ん張られたきれいな柴に
なんとなく似てなくもない・・。

なんて思ってたら、

似てました。 帰り際
犬舎の入り口で、「戻らない、歩かない」と断固拒否。
またまた 抱っこで帰還いたしました。
(柴犬って、抱っこ犬か・・・?)

お寺で、川付近保護で・・・と聞いただけで
飼い主が出てくる気がしない(-_-;)
そのお寺、3,4年前にも、聞いた気がするんだけど(-_-;)
どうだっけか・・


二匹が割と穏やかなのは、この通りです。
仲良し、まではいかないのですが
ふ、ふたごか? と思う(^_^.)




この子だけでも、飼い主、でてこないかなぁ・・
無理かなぁ。。。

午後はまた雨。いいタイミングで出してあげられてよかったです。

※ 記事を書き終わって、何気に保健所HPみたら
  また柴が。

  どこかで密かに多頭飼いが崩壊し、だれかがあちらこちらにばら撒いたとか
  そんなことはないだろうか、と思ってしまう
  こんな、柴犬続きはあり得ないです。

  変に、仲が良かったのも・・ もしかすると・・・
  もしかして・・・
  ・・・ ・・・

追記21日。 最新の柴犬は飼い主が見つかったもよう・・
         よかった・・ 
         三匹仲良し状態だったら・・(@_@;)と言う心配はなくなりました^^










カテゴリ: 保健所収容犬

犬も見かけによらぬもの・・ 

天気予報とにらめっこ。
雨はもっと早く上がる予報だったのに・・結構長引きまして
お昼前くらいに行ってきました。

あわよくば、一匹くらいに減っているかもしれないな

な~んて思っていたら、四頭いた!(T_T)
(さて、犬は匹か?頭か?(ーー゛))

えっ、え=っ(@_@;)なのですが
たいていそのくらいいるときは
ドアを開けると、吠え声が聞こえるはずなのに

しーーーーーん。  ありえない。

あれ?まだびびり君がいる
きれいな柴も・・・

でもって迷子が一匹と 引き取りが一匹と・・。

また、迷子は柴系か・・・柴祭りは継続中なのか・・・(ーー゛)
新しい迷子は、まだアップになっていませんね

臆病で注意が必要、みたいなメモ書きがボードにありましたが・・
ゆ~っくりゆっくり、じわじわ~と寄ってって
リードもちゃんとでつけられました。

頭の上から手をやると、ちょっとパニくりますが
顎の下からそっとなでてあげると大丈夫。

これまた、抜け毛が・・・
この時期柴系はみんなたいへんな抜け毛となりますね

慣れたころを見計らって手でむしったり(^_^;)くしを入れて、多少とりました。
触られるのがダメ、ということはなさそうです。
ちょっと不安なお顔をしています。


保護場所は、保健所のHP待ちで。とりあえず松本市 雄です。


引き取りの犬は、写真で見るよりやや大きめです
ずっと譲渡欄に載っていた犬です
飼い主が亡くなった、と書いてありますが・・。

おそらく、さみしいし不安だし、で ・・・なかなか落ち着きませんでした。
ねぇねぇ、とアピールしてきます、そばにいてよと。
お座りするまでに 小一時間。

15歳という驚きの年齢ですが健康にも問題はなさそうです。
よいこです。

※保護譲渡団体に引き取られました


で、保健所が長くなってしまった
すみっこぐらし、ことびびりくん。
明日の譲渡会の時に
びびりくんの発見者=貰い受けてくれる方 が来られるそうです。

ちょっと不思議なびびりくんは
意外にも、勝気であった(ーー゛)

まぁ、これだけの犬がいたら、
他の犬に吠える犬がいてもおかしくはないのですが・・

まさかの びびりくん・・。
フレンドリーな三匹のなかでもって、ひとりだけ
他の犬と接近するとうなる、でもって、ガウガウ・・(ーー゛)

意外でした・・。
ロングワイヤーにつけてあげたら、飛び跳ねて喜んでいたのはいいのですが
他の犬のところに寄ってってはガウガウなので
短くつなぎなおしました。

ちょっとだけ、ダメ!と言ったら少ししょんぼり?

こんな風に見えて実はわたし・・じゃない僕、気がつよいんです。
※予定通り、保護した方が引き取ってくださいました。

だけど、人は好きです。人にはかな~り慣れてきて
手を掛けて甘えてみたりします。
水曜日に行ってくれたボラさんも変化に驚いてました。



そして、・
こんなにきれいでいい子なのに・・
お迎えがありませんでした。

きっと、国道19号を相当歩いてきてしまったのかも。

犬舎に入った時は、一番手前の檻から
きょとんとした無表情な顔で見上げていたけど
外にでたら嬉しくて嬉しくて、で
ロングワイヤーをこの子に使ってあげたら
短い距離をミニダッシュするかのようにぐるぐる走ってました。

おいおい、と控えめに呼びかけたりも。(正確にはわんわん)

まるで子犬のようです。遊んで、というようなポーズもします。

※保護譲渡団体へ
いつもよりたっぷりと外に出してあげたのですが

「檻には戻りたくない」と断固拒否られました。

入り口で踏ん張るわんこは結構たくさんいますが
ランの出口から踏ん張られたのは初めてで・・・。

でも、そうも言っていられないので
ぐいぐい引っ張ったら・・



抜けた・・ 

なにがって・・
首輪が。

・・・・・・ 時間が止まる・・・・・・(゜゜)

かなり真新しい頑丈な首輪で、保健所のなんですが
まさか・・・そんな・・うそでしょう・・的な。

何も考えられない感じで、後を追っていったら
十メートルくらい歩いたところで彼は立ち止りました

 しゃがんで、「おいで」と言ったら

戻ってきました。

そっと、そばによってリードをわっこにして
話しかけながら撫でながら するり。

きっと
行くところなんてない、と 犬もよく分かっているのですよね・・

これまで3年余りのうち、フェンスをよじ登ったとか、その下を掘ったとか
扉の出入りで飛び出されたとか・・あったけど(-_-;)

逃げて行った犬はいなかった。


人がいないと生きられない犬たち・・・

人がいないと生きられない
完全に生死を人に握られている、という点で
犬や猫というのは ある意味哀れな気がします。

運よくいい飼い主に出会えたらいいのだけれど・・・。


結局、もどりたくない踏ん張りは変わらなかったので
「抱っこ」しました。(片手で脇に抱える体制です)

「重い・・」と言いつつ檻の中まで運びました。

すみっこぐらし(びびりワン)もそうですが
犬は高いところが苦手なので
持ち上げると固まるのですよね、面白い。

檻に入ると観念したのか、おとなしくしてました。

明日譲渡会なので
直接見てもらって
いい人がいたら貰ってってもらいたいなぁ・・

ちゃんとかかわってくれる人
番犬、とか言って放っておかない人に。

きれいで若い柴犬なので、欲しい人はたくさんいるかもしれないけど

放置されている柴犬(だけじゃないいろんな犬)が
世の中には(田舎には特に)たくさんなのですよね。

愛情や関わりを求める動物なので
放置はかわいそうです。


結構我慢していたのかな・・ と思います

それほどに、今日はなんだかはっちゃけて(何語?)
ぴょんぴょんしてました。
どんな流れであっても、幸せになれますようにと祈るばかりです。

あす、「ゆめまるhappy隊」さんと「こねこの会」主催の
譲渡会が、保健所裏手にて午後一時より行われます

犬猫を飼ってみてもいいかな?という人
是非足をお運びください



カテゴリ: 保健所収容犬

月曜のワンコ 


すみっこぐらし(仮名)は横座りです

暑いのかな?
昨日は、ちょっとはお散歩できたらしいです・・・。


梓川のおばあワンコだけでも帰れてよかった。
相当に弱っていたとのこと・・(T_T)
月曜にはミルクをもらって飲んでたそうです。


こんないい子なのに!! 飼い主なにしとる??
村井の国道を歩いてたわんこです。

松本市庄内の保護ワンは・・でたかな、どうかな。
27-12-22庄内雄



カテゴリ: 保健所収容犬

なぜか柴系まつりになっている・・・・(ーー゛) 

どれも似たような犬が。。なぜだ。。

でもって、なんで飼い主は探してないのか不思議でなりません。
特にこの子。村井の国道を歩いていたということでしょうか・・・。
どこから?


お散歩中に「いい犬だね~」とおじいさんに声を掛けられました。
「いえ、私の犬じゃなくって保健所に連れてこられた迷子犬ですよ」と。

柴犬は気難しい、というような話を前回書いたばかりですが
例外は常にある、というもので・・・

たいへんに、おとなしい。吠えない。どこを触っても大丈夫。
リードさばきがあまりできない感じだったので、お散歩はあまりしてもらっていなかったかもしれません。
首輪がなかったことから柵の中で放されて飼っていたかもしれません。
お顔もきれいですよ

可愛がられていたはずなのですが・・・。
推定、5,6歳、というところでしょうか。

保健所HPが、
薄茶色の犬がバタバタと続いてて恐ろしい感じなのですが・・

太ってて立てない?というワンコさんは
体調不良のために、すぐ保護団体に引き取ってもらったようです。

で、またまた山の方というか田舎の方
塩尻市北熊井保護のワンコさん。

この方、「びびりくん」とは聞いていましたが
(水曜日雨だったので、昨日ボラさん行ってくれています)

想像以上の不思議ちゃんでした。
なんか、私的にはちょっとツボにはまりそう・・・

まず、リードをつけても絶対に!歩かない。
10キロくらいはゆうにあるけどめんどくさいから抱き上げる。
あばれない、おとなしい・・・・(@_@)

隅っこが大好き。
「すみっこがすきですが、なにか?」

徘徊が少し長かったのかも。
目の周りに傷があります。
食欲もすごい割にお腹がゆるいのも、そのせいか。

もう一匹、昨日来た、やはり柴系。
おばあちゃんでよろよろです。
保護場所のデリシア(スーパー)はすごい私の家の近くなので・・・
でてこなそうなら貼り紙でも頼んでみるか・・と。

なんだか・・ いやな予感がします。
だいぶ昔、塩尻のアップルランドにシーズーがつないで捨てられていたのを思い出して・・・。

でも首輪はしているので、期待できなくはありません。
近所の犬、かなぁ・・。

この時期、柴犬系は抜け毛がひどい。
今日も職員さんがきれいにしてくれてました。

とってもとってもまだとりやまぬ・・  エンドレスな抜け毛。

この犬は柴系雑種ですが、このこもまた、どこを触ってもおとなしい・・・

そうこうしていると・・・

隅っこにはりついてた彼が、いきなり歩いて寄ってきた・・
あれれ?どした? ,


しっぽ、みじかくないよ。丸まり過ぎてるくらい。

「あーしっぽあげてるーー!!」と 私一人で驚いてました。
毛を抜いてくれている・・職員さんの手。

そしてまた しばらくすると、隅っこ暮らしモードに。


ズーム、イン!


(長いロングワイヤーでつながれています)

時々思いついたように歩き回ったり、他の犬の食べ残しを食べようと寄っていったり
で、また落ち着くと隅っこに張り付く彼。

帰りはリード着けてもやっぱり歩かない。 
なので俵のように片手で抱きかかえて収容。

ちなみに
すみっこぐらし、とは 文具のキャラクターですが・・・

これです。

彼の隅っこ暮らしの本領発揮は、檻の中。
おもしろ画像 ぜひお楽しみください。




私はこんな風に寝ていた犬 みたことありません。
きたときからずっとこうだそうで・・・。

今日は暑くもないし、特に犬舎の中はひんやりしているので・・
床が冷たいから、ではなさそうです。

まさに、すみっこぐらし、ですね(^_^.)

顔をぐっと近づけても、両手で挟んでぐりぐりしても 
なにしても平気なのに・・・
なんで歩かない?なんでベッドに普通にまるくならないの?

ほんとに不思議ちゃんです

でも、こんな不思議ちゃんですが、なんと!!
発見者が貰い受け希望をだしているそうな!!

県内ですが遠方の方らしいのです。
偶然発見してしまったのですねっ。

首輪もないし、飼い主はみつかりそうな気はしません。

これもご縁ということか・・家族みんなで話し合って引き取ろうとなったそうです。
なんと幸運な(@_@。

散歩なんてしたことがないんだろうなぁ・・
リードを引くと踏ん張られてしまいます。
ほうっておくと、ちゃんと歩くので足が悪いとかではありません。

3匹いても、おばあわん(あんまり歩けない)と 引きこもりわん(散歩しない)
なので、まったくたいへんじゃないボラでした

「数じゃない、中身が問題だ」なのですよね。



















カテゴリ: 保健所収容犬

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。