Admin   *   New entry   *   Up load   *   記事一覧

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

Trackback: --   コメント: --   

引き取り拒否問題 

9月より法律改正にあたって

高齢、病気が理由の場合の引き取り拒否が可能となりました。

が! 頼まれたら仕方ないじゃん、という声が

職員の中にあるようです。(松本ってことじゃありません)

習慣を変えるのは、意識を変える必要があるので

難しいのですね。

引き取り拒否問題は たしかに・難しいです。

ヤクザみたいな人もいるだろうし、ノイローゼみたいなひともいるかもしれない。


あと、犬と猫も同列には考えてもいけない、とは思います。

猫は、自分は飼い主ではない、という。

犬は、飼い主が来ます。飼い主じゃないふりで、迷子です、と持ち込む人はまずいない。

そんなことするくらいなら、そこらに放してしまうでしょう。

猫は、場所に居つくので 害獣扱いされて持ち込まれます。

増やしてしまった子猫も持ち込まれますが

自分たちが餌付けしていたとは、まぁ言いませんね。

猫は、拒否は厳しいです。捨てても目立たないので。

それがさらに増えることになる・・。それを考えたら、引き取らざるをえません。


犬は、拒否しましょう。

熊本市が、かつて「嫌われる行政になろう」と言いました。

持ち込む人と やりあう、ってことです。

そんな事するから、熊本県の引き取りが増えるんだ、と

批判した人は数知れず。

松本の行政関係者や愛護会関係者の多くもそう言っていましたしね。


でも、正しいことをしているのですよ

そこがわかっていない。


引き取りを拒否することで、そのあほは、野に山に町に捨てるかもしれなくて

結局保護に向かわなくてはならなくなって仕事は増えるかもしれない

引き取りなら、たった!2千円でももらえるけど

捨て犬の保護は収入がないし。

そういう、実利的なことじゃなくって

同義的にも 社会教育の面でも

拒否しなくてはなりません。


捨てたらいけないけど、保健所に捨てるのはOK なんて

矛盾だらけなことをやっているから いつまでも啓発できないんです。

保健所に捨てるのも、飼育放棄であり

終生飼育の義務違反です。

法的な罰則が設けられていないだけ。


そこらに捨てた人間が、もし発覚したら

ちゃんと 愛護法にあるように 罰金が求められるような社会であれば

放棄もなくなるでしょう


・・・とここまで考えて行き詰りました。


動物は、飼い地獄 ということがあるのです。

生かさず殺さず、放置して殺す、ということも可能です

何処も引き取ってくれない、捨てたのを見つかれば罰金刑

それが、徹底されたら・・ 飼い殺しの選択がされるでしょう。


なので、アニマルポリスが必要、です。

動物虐待を通報したら、動いてくれるところです。

日本では、 ついこの前 栃木県で初めて動物虐待で

一般の飼い主が起訴されました。

が、相当ひどくないと、それも長年にわたって、でないと

めったなことでは 保健所は動きません。


・・まぁ、そういう 全体的なことがなっていかないと

引き取り拒否だけを実行してどうなのか、という話は確かにあります。

でも

でも、ただ一つ。

今すぐにでもできることは、捨てる人間に これは酷いことなんだ

人としては間違っていることなんだ、と思ってもらうことです。

手続きに時間をかけ、審査に時間をかけ

簡単に捨てられないようにするべきです。

どうしても やむを得ない理由なのかどうなのかを審査するのです。


やむを得ないケースもあります。
それと、飼い主のわがままと区別する必要がある。

高齢と、病気は、動物を飼うにあたって想定できること
生き物をかうとはそういうことなのだから理由になりません。

自分たちの食費を減らしても、レジャーを減らしても
世話をするべきなんです。
医療費が払えないなら、自然に任せても仕方ない。
本来の動物は自然に死んでいくのだから。
過剰医療を施す必要もないんです。

それも嫌なら、安楽死の選択も必要です。悪いことではありません。
人に殺してもらって、いい人ぶるよりはずっといい。


飼い犬、飼い猫の命を粗末にできる人は
当然人間の命に対しても同様です。

違う、というかもしれないけど

困ったら、捨てられる、ということですから。
何か問題が起こればわかります。

捨てに来る人間は、間違いなくみな自己中心的で言い訳ばかりです。
自己正当化して、現実から目をそらします。

自己否定には耐えられないから
自分を甘やかす訳です。

仕方ない、と言って。

そして、自分は悪くない、と思い込む。
その思い込みの世界からは出る気がないので
なにを言っても仕方がないのです。

人間も悪い親をもってしまうと不幸なのは同じ。
虐待は動物だけの問題ではありません。

でもそんな人間を抱えて動いているのが社会なので
少し、彼らより賢い人々が解決するしか、やはりないのです。


放し戻して・・

行政は、正義を示してもらいたい。
人としてどうあるべきかを優先させてもらいたい。

捨てる人にやさしく、は 完全に間違っています。

ダメな子どもを甘やかすのと同じです。

ダメなことをしたら、ダメだと教えてあげるのがまず大事なんです。


保健所に相談したら連れてこいっていったんだ
相談したら、引き取ってくれたんだ

ってね。 これだと、全然悪くない、ってなりますよね。

僕悪くない。

小さな子供の声が聞こえてきそうです。

スポンサーサイト

カテゴリ: 思うこと

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://inunokai.blog.fc2.com/tb.php/153-486d91c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。