Admin   *   New entry   *   Up load   *   記事一覧

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

Trackback: --   コメント: --   

行政が犬を引き取る理由 と その問題点 

なぜ、保健所が犬を捕獲して引き取って、殺しているのか・・
殺してきたのか・・

狂犬病予防法が根拠であることは言わずもがな、なのですが・・

その問題点について
とってもいいこと書いてある!、と
「お気に入り」にしまってあった サイトから転載します

(そのブログ全体とても共感できるのですが、現在は書いておられません。)

目的を見失っても 形だけを残そうとするのでこんな有様に・・ってことですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

狂犬病が身近にあった時代には 犬を保健所で引取り、殺処分することに
一定の「意味」はありました。

しかし、現在の保健所の犬の殺処分は その根拠となる法律の目指したものとは
全く乖離してしまっている。

今、保健所に「収容」されるのは、放浪犬でもなければ 野犬でもありません。

それは 「迷子」と「放棄犬」です。
元は 明らかに人間の元にいた ペット、「飼い犬」です。

迷子には様々な理由があり、一概に飼い主が無責任であるとは 私は思いません。
(勿論、迷子を防ぐ手立ては様々ありますけれども、ここでは割愛させて下さい。)

問題は、狂犬病予防法が 無責任な人間が犬を遺棄することを「助けてしまっている」
という、歪み です。

保健所には 法に従い、犬猫を引き取るという義務があります。
その「法」が、現代日本の現状と まったく乖離してしまっているのですが、
義務は義務として残ってしまっている。

「引越で飼えなくなったから」「飽きた!」「吠えてウルサイ」「病気だから」などという、
本来の法律の目的とは全く無関係な、ふざけた理由でも 保健所は 無条件に犬を収容し
最終的には 殺さなくてはいけないのです。

こんなふざけた話がありますか。

私は今、保健所などに収容されて殺処分となる予定の犬を預かるボランティアをしています。
ですが、私の心は全く晴れません。
自分のやっていることが 砂漠にオモチャのジョウロで水を撒いている行為だということが
よく分かっているからです。

むしろ、自己批判の気持ちが 日々高まります。
目の前の犬を愛することは それなりに意味のあることで、決して無意味ではないけれど
これって、ちっとも「正義じゃない」・・・・・・・・・・・・。

明らかにオカシイんです、この国の、この法律の運用方法は。
狂犬病予防という意義のある法律を、先人達が必死になって作ってきた法律を
自分勝手な、無責任が人間が 犬から逃げて身軽になるために適用してしまっている!

このことに怒らないこと、意見を言わないこと、何もしないで安穏と暮らしていること
その全てに 私は 自分で自分が嫌でたまらない。

私は、他人のことは はっきりいってどうでもいいんです。
他人の問題じゃないんです。
私は超・個人主義者なので 人の批判をするようなマインドは全く持っていません。
「自分」、ただ自分の問題として、私のやっていることは あまりに小さい。

このことを 私は約1年間、ずっと考え続け、自己批判をし続けています。
何ができるのか、何をすべきなのか、それすら未だに分かりません。

とりあえず、自分のブログで意見を言う事、そして次に、勉強をすること。
最終的には もっと法律の勉強をし、これこそが人間の正しい生き方だと
自分で自分が納得できる生き方をしない限り、自分も犬も救えないです。

それにしても思います。
この不景気の時に、大金を相続した人は 割とアッケラカランと脱税することが許され、
一生懸命働いている人は 有無を言わさず税金を持って行かれ、
その税金が「犬、いらないから殺しといて」というふざけた人間の都合を優先するために
使われている この現実に なぜ皆 怒らないんだろう、と。

・・・・・・転載終了・・・・・・・・・・・

私のブログ より


3年前の記事です。

それはそうだなぁ・・と やっと、やっとですが

国は法律の一部改正をしました。

高齢、病気はダメだよ、と。

ただ、長年の慣習が邪魔をして・・・厳しいですね。
スポンサーサイト

カテゴリ: 動物行政

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://inunokai.blog.fc2.com/tb.php/156-143f7008
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。