Admin   *   New entry   *   Up load   *   記事一覧

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

Trackback: --   コメント: --   

県民ホットライン 

なんとなく、気乗りしない時でも
犬たちはきっと外に出たいだろうなぁ、と思うことで
気合を入れて出かけます。
特に今日は3連休前だったので・・
気になるときは行かないと、結局ずっと気になるし・・

本当は、職員さんに出してもらいたい・・
が、それは求めすぎなのか?
いや、そうでもない気がするけど・・ぶつぶつ

そんな日はいつ来るのだろうか。

今日はそんなことを久々に考えました。

人手が足りないのか・・やる気が足りないのか・・
両方なのか・・ 

ふと、思い立って
県民ホットラインをチェックしてみました。

あら!とびっくり。

想像以上に、動物行政に関しての意見が~~
すご~い

後でじっくり検証してみたい、と思いますが

県の回答に突っ込みどころ満載。

また、 ボランティアを募ってくれたら世話したい人はいっぱいいます
って意見があって

そうなのか~?いるのか~?って思ってしまいました。

保健所が、誌面で正式に募集すれば確かにいっぱい?
いやそれなりに来そうです。

でも、人の管理がめんどくさいので、やらないでしょう。
ハローアニマルにもっと犬をたくさん集めて
そこでボランティア募ればいいんですよね。センターなんだから。

ほんの数頭保健所から引き取って
大枚はたいて、世話は委託しちゃっているんだから しょうもない。
(あ、また書いちゃった)

もう職員はお世話はやらない、ってことでいいから
一気にボランティア募集した方がいいですよね。


今日は、猫の方もウンチがいっぱいになってたから
見て見ぬふりはいかんと 拾ってきたけど・・

前々から時々思ってるけど
猫だって、お世話のボラが入った方がいいです

でも犬も猫もはとても無理です~
(猫は私が個人的に好きだから手を出しているだけで
ほんとは犬の散歩の会なのでした・・とほほ)

そもそも いったい、だれの責任においてするお仕事になっているのかな~

って、ここで騒いでないで直接言ったら?って思いますよね。

時間があるときにできる人が、みたいになっているのが実情です。
(結局、若い女性獣医師職員に押し付けられている気がする・・・)

でも本当は

犬猫の世話担当者は 各保健所に置かれていることになっています。

なっているけど、例外ってことですかね。

それぞれに事情が、って言いますよね。

分かっているけど、時々、う~ん 果たしてこれは、って思います。

他の保健所はどうなっているのかなぁ。


子猫のお世話なんて、男性ができるのかしら?

ボランティアが引き出す以外は、どんどん殺しているのでしょうか・・。(言い過ぎか・・)

飯田は女性の方が担当だと聞いています。

女性がいいと思います、私。

これからの時代は特に。

動物愛護は女性の独壇場となっています。男性は、まぁ少ない。

動物行政がなかなか進まない背景には

やぱり男性中心社会の問題もある気がします。

上に行けばいくほど、男性の役職者ばかりですもんね。


繰り返しますが・・動物愛護活動をする人の大半が女性なんで

行政とボランティアで ずれが生じるのも無理がない気がします。

命を考えるときは、やはり 女性の方が全般的に優れていると思います。
(例外は必ずありますが、あくまで 全体的に、です)


原始的なことを言えば・・

戦ったり、殺したり、って 男性の専門ですから。
(語弊があるのを承知で書いてます)

男性ばかりで話し合えば、それなりの結論しか出ない。

動物行政の県の担当者がすべて男性なのが、残念です。

女性の管理職があまりに少ないのは日本全体の問題。

(ああ話が、すごいところに行ってしまった・・)


動物の世話って、やっぱり ウンチの始末と給餌、そして愛情です。

それは、男性よりやっぱり女性が向いているんです。

育児と同じですから。


これは、一年半保健所に通って犬そして猫を見ていて

しみじみと思うことです。

四国みたいに、野犬がまだたくさんいるところは別でしょうけど。


こんな、愚痴ブログを書いていいのか?

と自分で思いつつ

思ったこと、ということで書かせていただきます。

地元の行政関係者はあまり見ていない、という安心感もありますが・・

どこかの、県のだれかさんあたりが 目にしないとも限らない。

でも、まぁどうでもいいです。(開き直りか・・)


そうそう・・

県民ホットラインの 意見いろいろ 
是非読んでみてください

こちらです




スポンサーサイト

カテゴリ: 動物行政

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://inunokai.blog.fc2.com/tb.php/178-81b0c6f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。