Admin   *   New entry   *   Up load   *   記事一覧

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

Trackback: --   コメント: --   

脚側歩行・・・できてる? 

今日は打って変わって晴天
見渡せば何処もスキー場のようですね(^_^;)

保健所はどうなってるだろう・・
合庁だから入り口付近はいいとしても
犬舎周りは・・・??

行ってみなければわからない と・・
ややブルーな気持ちで気合を入れて行ってきました。

さすがに、職員大量に抱えた合同庁舎
基本的にはどこも除雪されてました。
勿論、通り道だけ、ですが。


ドッグランは入れません(ー_ー)!!

・・なので、合庁の駐車場の はじっこのあいている方とか
そこらへんを ひたすらぐーるぐる・・

※本日写真は、散歩に入る前の一枚のみです
 カメラを取り出したり、撮ったりしてる余裕がなく(^_^;)
 文章だけとなりますが、ご了承を~

力持ちの大型犬なので
とにかく、転ばないように頑張れるだろうか・・というのが
不安でしたが・・・

どう~いうわけか、ど~~いうわけなのか

引っ張られて転ぶ可能性を恐れて
小まめにリードを引っ張っていたら

なんか リーダーウォークの練習っぽくなり・・・

そのうちに ハウンドくんが
人の左横について歩く・・(脚側歩行、という)
しつけの基本みたいなことができているではありませんか。


まぁ、簡単に言うと 右手でリードの輪に腕を通して取れないようにしっかり持ち
犬の首輪から30㎝くらい短い部分のリードを左手でもって
犬には人の左側についてもらいます。

先に行こうとしたり、勢いがつきそうになったら
素早く、ぐいっっと左手でリードを引っ張ります。

私の速さに合わせなさいっ!って強気でやります(笑)

脚側歩行のやり方が非常に分かりやすくのっています。⇓
絵と写真で見る訓練(客側歩行)


かつて、
元気がよく懐っこい、というだけで
制御不能の大型犬を引き出して苦労した経験があり・・

その際、某訓練所にもお世話になり
リーダーウォークも実地で教えていただきました。

精神的にも金銭的にも 痛タタタ・・ な経験でしたが
何事も無駄じゃない・・ってことで・・・
いろんな意味で、お勉強になりました。


かわいそう・・・だけで 動き出してしまう動物愛護の人は

しつけ専門の方々からは「犬を知らないのに」と
白い目で見られたりすることもあるんですが・・

犬をよく知っていてしつけもばっちりできますと言う人が
(といってもすべての犬がどうにかなるとは思わないが・・)
不幸な境遇の犬に関心が無かったりするのだから
まぁ、しょうがないのです。

実際、しつけの詳しいことを知らなくても
愛情で何とかなる場合も多いと思うし
小型犬などの愛玩犬は、トイレのしつけとか
そういう方が大事だったりして・・・

ほっといても、
意思の疎通ができれば大抵のことは問題ない気がするのですけど

大型犬は やっぱり しつけは必要です。
好き勝手されたら、対応できないから。
ある程度、人間に従順でいてくれないと困るわけです。

「まぁ、元気でいい事ね」と目を細めてもいられない
とびかかれば小柄な人の背丈くらいになってしまうし
勢いついて走り出したら引き倒されてしまうし・・・

しつけ、というのは
人と一緒に暮すうえで身に着けてもらいたいマナーなのですが
犬は割と単純なので、繰り返すことで習慣になります。
(個体差はもちろんありますが)

ゆっくり散歩ができるって
とっても大事。

思いっきり走らせてあげたいなら、ドッグランにつれていくというもので・・
普段の運動は、人と一緒に歩けなければ困るわけです。

家の庭に相当広い場所があれば別ですが
散歩ができなければ、結果的につなぎっぱなしになってしまう(T_T)

そんなわけで・・

今日のハウンドくんは、それはお利口でびっくりなのでした。
(写真撮れなくてほんと残念)

合庁敷地内を歩かせていたので、保健所の女性職員さんからも
「お散歩がちゃんとできている!」と 驚かれました。

昨日、一昨日と、あの雪の中を当番で来られたとのこと
土曜日は、まったく雪もかいてない中を犬舎まで歩いてきたそうで(感涙)
ハウンド犬はかなりのハイテンションで、大騒ぎ(大喜び)だったそうです・・
ほんとにご苦労様でした~(T_T)

今日は、最初はそれなりに、行く行くモードでバタバタしたけど
後半は、ずっと左側を私と同じスピードで歩いてくれて助かりました。

先週、ウンチを拾おうとして転んでしまったので
(犬が待てないで歩き出すため)
お散歩の後半でもう一回通って拾うことにしました・・正解でした。

脚側歩行に加えて、待て と お座り ができると完璧なんだけどなぁ・・
扱いがすごく楽になるし、
意思の疎通ができてこそ犬を過ごす楽しみがあるというもの。

過去にしつけらしいことも訓練されたのだろうと思います
でも、お座り、って言う言葉は聞いたことがないようですし
お座りはしません(ーー゛)
フードにつられて後ずさり→お座り、ってパターンもダメ、
おやつを見せたら絶対に座れません・・

適当に 「リョウちゃん!」(猟犬だから^^)と呼ぶと振り向きますし
ドッグランで放したときも 呼んだらちゃんと来ました(^_^;)

あ、そうそう
金曜日に、ドッグランの真ん中の仕切りをとって
一面を使ってみました。
その時の写真がこちらです。





写真って、大きさや広さがわからないですよね
実際より広く見えてます。

まぁ、運動能力が高い犬なんで・・ 
もしかし飛び越えちゃうかも・・ということも心配しつつ見張ります


誰でも飼える犬じゃないかも、だけど・・

なにをしても噛もうとはしないこと
すれ違う人や車に 吠えたり威嚇をまったくしないこと
しつけがきちんと入りそうな、お利口さんではあること

はメリットです








スポンサーサイト

カテゴリ: 保健所収容犬 猫

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://inunokai.blog.fc2.com/tb.php/219-8dc2baf2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。