Admin   *   New entry   *   Up load   *   記事一覧

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

Trackback: --   コメント: --   

長野県動物行政 

信毎に、殺処分減少についての記事が大きくでましたので・・
(長野市日本一処分率が少ない、
 ボランティアとの連携が成功している、という記事です)

それについて、思うこと
また考えたことなど 犬情報の合間に書いてみたいと思います。

動物愛護をやる人は、動物が好きなわけで
助けたい動物を見つめているわけなので・・

行政や政治のことは、わからない・・となりがちです。

でも、なんでもそうなんだけれども

この世の問題には必ず、お金、の問題が絡んでいます。
(これ、最近読んだブログに書いてあったこと・・)

そもそも なぜこんなに犬猫が処分されてしまうんだ、殺されてしまうんだ?
と考えたときに
犬猫が、品物として流通している、
金銭と引き換えに売られている存在だから、というのがあります。
(猫問題は それとちょっと違いますが・・)

ものなので、在庫が出る。
利益を出すために、扱いが虐待にもなり、殺しもする
(ブリーダーやショップは、ひそかに殺しています、・・らしいですよ、たいていは)

で、経済優先社会なんで そこらへんは社会全体で目をつぶる
彼らのやる虐待は虐待とみなさない、ということです。

檻に入れっぱなしで、子供を産むだけの機械にされて。。って
いくらごはん貰っていたって、虐待ですよね。

でも中には、良心的なブリーダーやペットショップもある

これは否定しませんが 商品になり日本中、世界中で流通する金儲けの道具になってしまっているうちは 犬猫の不幸は根絶はできません。

・・というは 無理な話なので
とりあえずおいておくとして

政治の話にもどります。
政治に お金の問題はつきもの、です。
お金の使い道を決めるのが政治、といってもいい。

お金と政治は切っても切れない関係です。
政治家さんも、それで失敗してたりしてますけど・・。

行政つまり官僚、というのは ある意味特権階級です
公僕、なんていますが、それは建て前で
権力者です。なので、すり寄ってたかる人がいます。

自分のお金じゃないので、気前がいいです。
同じ仕事でもたくさん払ってくれます。
ケチらない、からですね。 税金がたりなくなるわけです。

政治も 自治会レベルから国家までありますが
どこも似たようなもんです。
一部の人間が勝手に決めてしまいます。

民意は反映されないものです。民主主義ってのは、実は幻です。

・・って 動物行政に話をもっていきましょう。

動物行政にも当然 予算、があります。

が、関心を持ってみる人はまずおりません。
調べるのも結構面倒だし。

わたしも、こんなことでもなかったら、予算なんてみることはなかったと思います。

動物を殺処分するためにいくら使っているのか・・

生かすためより、殺すために、大金が使われています

悲しいのは、ボランティアが頑張って頑張って身銭を切って処分数を減らしても
なぜか 殺すためのお金は変わらない、ということ。

公務員がそもそも高級取りなんで、それに合わせているのでしょうけど
仕事量に比例しない金額、ってのが なんとも・・ですね。

以前は、空でも車がルートをきちんと走りましたからね、ありえない。
運ぶものがなくても保健所を迂回する、ということです。
殺処分無くても 業者の社員は ぼけっと管理所におられたりしましたしね。

今は、保健所経由に関しては必要な時だけ寄るようになっているようです。
管理所行のトラックは、日通です。

さてと・・

そういうこと考えるとイラつくからやめた~ ってなってましたけど
ちょっと調べてみました。

「意見募集とかしてたんだ~」と今更気が付きまして

来年は、気合があったら無駄を承知で出してみたいです。


犬等管理所運営費総額一千九百三十四万九千円 19,349,000円
犬の殺処分数がおそらく100頭くらいでしょうから・・
どうでしょう、高額、じゃないですか?

最近は、いつも犬猫でカウントされているけど
管理所のガス処分機は犬を対象に作られたものです。ねこ用ボックスは後から付けたし。

犬の処分は危険が伴う、と言い訳してガスの処分方法を維持してるんだから
犬がほとんどいなくなったらやめてもらいたい

猫は子猫が大半であり、犬と同列にしてカウントするのはトリックです
こんな処分数があるから維持したい、と言われている気がしてなりません。

とにかく、ガス処分はやめてもらいたい、
やめられるはずです、やる気の問題です。

新聞記事に、避妊去勢代等税金の無駄遣いはできない、みたいなコメントがあったけど
あなたたちがしている税金の大きな無駄遣いは
どうにかしようと考える気はないのか?と思います。

ハローアニマル 維持費 総額 一億4千万

 当所の動物飼育委託費 2千5百万

これらは、殺処分減少のためにどれほど役にたっているのでしょう
経費に見合って効果がありますか?
費用対効果、というやつですが・・

無いと思いますが。

各保健所の施設は相変わらず
世話も不十分でしょう(ハローアニマルなんかに比べると)

新聞記事にあったように
犬猫殺処分の減少については
ボランティアに大きく依存しているのは事実です。

彼らにこそ、わずかでも金銭を支払うべき・・

いや、支払わなくてもいいから

殺すためじゃなくて、生かすために血税を使うべきです。


殺処分が本業・・ってのはまだ基本、ということですね。
処分数に応じたお金がもらえる、、と聞きました。(詳細不明)

三郷の管理所、また残りました。
考えると まじめにイラっとします。

ひとりで怒っていてバカみたい・・ってなるときもあるけど
黙認ってのは・・ほんとうはよくない。
言い続けなければいけないのだろう、とは思ってはいます。

ただ職員が毎度毎度変わる県庁や保健所・
その時の人に訴えたことは、また次の人にも同じことを・・
となるので、途中でちょっと嫌になりますね

長野市保健所に県が追いつけないのは
この、やたらな人事異動のせい とも言えます
まぁ・・異動がなくて固定化してて最悪だ というケースも
世の中にはあるようですけど。

経費というのは・・

「適正です」と言い切られると、それで話が終わるので

絶対適正じゃないだろう(ーー゛)、と思いながら・・
黙ることにします。

自分にできる範囲で、イラつかないことをするしかないですからね。


早かれ遅かれ、廃止になるのだから
早くやめたらいいのに。

無駄遣いをやめないで、お金が ないない という・・

まぁ、政治って、てか官僚組織ってそんなもんかも 

一旦請負業者となると、おいしい仕事ですよね~
袖の下、な~んて あるのかな、と 一市民は想像します。
嫌味たっぷりですみません、単なる想像・・ですから、お許しあれ。

ちょっとすっきり

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

保健所のワンコさんは 午前中にはみなさんいなくなるらしい
やっぱりお迎えありましたね、柴さん。

このペースなら ハナマルです。

あ、そうそう わんこの返還手数料を
地元の保健所に還付してね、って思ったりします。

現在松本保健所は 新聞掲載とか継続的に依頼して
返還努力してくれていますから。

迷子犬のポスターも地図付で用意してくれたりします
係長さんはとても親切です♪

全て、人によります。それにつきます。

スポンサーサイト

カテゴリ: 動物行政

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://inunokai.blog.fc2.com/tb.php/236-790fec3c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。