Admin   *   New entry   *   Up load   *   記事一覧

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

Trackback: --   コメント: --   

猫問題を考えてみた 

昨年は、見るに見かねて・・
タイミングが悪く(猫ボラさんところがいっぱい、とか)
行き場のない子猫さん等を預かっては
保健所に戻せない・・と、自力で譲渡なんかもしましたが・・

猫問題は・・
犬問題よりずっと複雑で

どのように対策を考えていくべきか
まったく 実はビジョンが持てず
とりあえず、仕方なく、目の前の子を助けてみる・・・
という状況で なんとなく 悶々とします。

犬猫殺処分、と括られても
問題の質が違う。 解決方法も違います。

そもそも 犬は引き取りがメインではなくなっていて
迷い犬が多かった。
なので、解決の一つとして「飼い主を見つけて返す」「迷子にしない」等が大きな柱でした。
引き取り問題は、「飼い主の責任」を強く訴えることで減少可能。
昨年施行の愛護管理法が強調した、「終生飼育の義務」は いい後押しとなりました。
意図的(と思われる)捨て犬と 飼い主が高齢・病気等のケース
噛む、という特例だけに絞られるので
順調に減っています。

で、猫はどうかというと 100%が住民による持ち込みです。
そして、持ち込んだ人がほぼ飼い主じゃないケースが多いということ。
飼い主の責任なんて問えません。
稀に、自分の家で考え無に産ませてしまって困って・・っていう人来てますが

前年度は、若い女性職員さんに
「今回が最後ですからね。」と 強く言われていたりする光景も見かけました。
お年寄りだったんで
あまり自覚がないようでしたけど

昔は山や川に捨てているのが日常だったので無理もないかもしれません。
(少なくとも昭和はそんな時代。)
山や川に捨てるよりは、人道的かもしれません。

引き取りは100%処分
犬もそんな時代は最近までありました。

人間が 必要とするかしないか だけポイントで
犬側の立場なんてありません。
「不用犬」という言葉が物語ります。

引き取られた犬でも、可能なら譲渡しましょう、となり・・
じゃぁ、猫だって同様に・・、となったのが

ほんとに極最近の話。
松本保健所にも猫が置かれだしたのが一昨年ですから。

行政の視点が、犬から猫にシフトしていっているのが分かります。
長野保健所の記事の写真も猫でした。

「殺処分問題」としたときには 犬猫総計なんで
猫の処分を減らさないとどうにもなりません。

この全体の流れは おそらく日本中に広がっていて
前回記事のような事件が起きているのだろうと思います。

行政側も、
「できることなら殺したくなんかない」
それを意図的に表現するようになりました。
「殺すのが仕事だ」と、公言しない時代となりました。

保健所が自ら猫を捕獲することはありません
する理由がそもそもないし

ただ・・ 引き取りは法律で定められていることなので
要請があったら引き取らざるをえません。
けれども
やむを得ない場合、という文言も付け足されているために
各自治体で、「それはやむを得ないと言えない」となれば拒否れるわけです。

昨年
「わざわざ捕まえてこなくても、ほっといてくれたらいいのに・・・」
と、職員さんがつぶやいていたことがありました。

猫が保健所に持ち込まれる理由がよく理解できない私は
いちいち、この猫はどうしてここへ? とばっかり聞いていました。

とにかく 飼い主がいるのやら、いないのやらわからない
迷子なのか、勝手に捕まってしまったのか分からない(これは犬も同じか)
持ち込んだ人はどんな思いでもってきたのか・・・
警察経由の場合は特に 謎。

子猫は 敷地内に野良猫が産んでしまった というパターンが多く
持ち込む人は責任者じゃなくて、困っている人、となるために
引き取ってあげなければならない感じになるわけで。。

野良猫、外を自由に歩き回る飼い猫がいる限り
まるでザルで救い上げている感じになってしまう

どこを、なにを目指していいかゴールがあまりに見えない

TNR(地域猫活動)だって
管理が失敗すれば、あっという間に新たな猫の発生源ともなり
幸せなのか不幸なのか分からない猫も多数生み出してしまう

犬とは生態も管理方法も違うので
犬が減ってきたからと言って、猫も・・と思っても
全く別の対策が必要なわけです。

が・・・ 私には個人的に何も考えが浮かばない
子猫数匹の猫助けにかかわったけれども
それは猫問題の改善につながるわけではない。

避妊去勢が重要な啓発なことはもちろんなのだけど
70%以上が予防接種を撃たないとなんの効果も実はない、というのと同じように

相当数を一期に手術できなければ
実はほとんど効果なんてないのかも・・
とも思ったりするわけです。

あまり考えても仕方ないから、結局は
目の前の仔を助けていくしかない、になりそうで
でもそれだけだと やっぱりエンドレスになりそうで・・


動物愛護問題

学校の道徳カリキュラムに取り入れてもらえないだろうか
直接社会にかかわる問題だし必要だと思うのですが・・

単に趣味とか好き嫌いの問題じゃなくて
命をどう扱うかという問題として 取り上げてみてほしいなぁ、と思います

娘が小学校の頃
「動物園の動物は幸せか」というテーマで意見交換が行われたことがあったそうです
動物福祉は弱者福祉にも通じること

慈悲、という概念も教えてもらいたいです 

ちなみに、動物園の動物は 幸せじゃない  となったと聞きました。













スポンサーサイト

カテゴリ: 思うこと

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://inunokai.blog.fc2.com/tb.php/248-4130f195
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。