Admin   *   New entry   *   Up load   *   記事一覧

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

Trackback: --   コメント: --   

犬だけが好きな人 猫だけが好きな人 どちらとも、な人 

昨年の動物愛護フェスでのこと
ちょっと、面白い?話を聞いたので
思い出して書いてみます。

動物愛護フェスティバルが
真の愛護精神を養える場なのかどうかはよくわかりませんが
ふれあいなんたら、に加え
保健所関連のブースもあったり、地域猫のパネルがあったりするので
まぁ、それなりにいいのかも・・ 

ちょっとした出店をしている業者さんもいて
ペットグッズを売っていたので、ちらっと場を抜けて見に行ってみました。
(私は、啓発パネル展示と迷子札販売で参加していたので)

確か・・
そう、歯磨きグッズで ガーゼを手にまいてふき取り磨き、みたいな商品がありました。
犬用、猫用、と 一応別にあって。

片方が売り切れていたんだけど、売り子さんが
「実は中身は一緒なんですよ」と・・ 声を掛けてきました。 

「犬用を求めている人に 中身は同じです というと
じゃぁ、猫用でもいい、と言って買っていくんですが

猫用を求めている人に同じことを言うと
じゃぁいいです、って大概言うんですよね~」
と・・。

へ~、そうなんですか~ なるほどね~
みたいに笑って (何も買わずに(^_^;))戻ってきて
いぬの会のGさんに話すと
ふ~ん、なるほど~ とやはり聞いておられました。

わかるようでわからないようで・・
でもな~んか分かる気がするな~、といった感想 です。

犬派?猫派?みたいな質問は存在しているけど
いろんな関係者を観察していると

極端な犬好きは、猫があまりすきではなく・・
極端な猫好きは、犬があまりすきじゃない・・どころか 嫌い

という傾向が見られます。

力技だと、やはり通常犬が強いので(大型、中型は特に)
猫にとっては、脅威。 
猫に感情移入すればするほど、犬を嫌っていくのだろうと思います。

我が家は、犬と猫を一緒に飼っていてお互いうまく共存しており、
犬の方が猫より強いってこともなく・・
犬がワンワン吠えていても、猫たちは しら~ん顔したりしてますが・・

犬のがさつさが 猫ちゃんの繊細な神経に触るのよ
という人もおられるようです。

だけど・・ 先の歯磨きグッズの話
犬用って袋に書いてあるだけで中身は同じ、と言われても
猫用じゃないといや、ってのは・・ 
なんかちょっと神経質じゃない?と正直思わなくもないです。

勿論、そういう傾向があるってことでお話されたことですが
(非常に興味深く なにか心理学の研究対象になりそう・・)
・・と言うのは大げさだけども、面白く聞いたのでした。

犬猫に関して
嫌い、とはっきり言うわけではないけど ちょっとした話のスミには出ますね
(全く無関係な人には 犬が(猫が)嫌いです とストレートに言うこともあるようだけど)

犬好きで、猫嫌い、という人も、またいますが
こちらは、嫌いというよりも・・・ 猫なんて、という・・見下し感があったりします
犬の方が賢いし、しつけもできる というわけです

こういう人の猫のイメージは限りなく野良猫で 野生のイメージ
敢えて助ける必要は特にないだろう、と思っていたりします。
年配の男性とかに・・ 見かけました。

猫好きは 圧倒的に女性が多いですね
溺愛、と言ってもいい愛情を注いでいたりします
溺愛するので、それ以外はどうでもいい、となるのかもしれません

過去に・・
県の関係の方になにか意見していたとき 突然
「○○さんは犬派なの?」って聞かれて
なんだか とても嫌な気分がしたのを覚えています。

好きだから助けたいんでしょ、的なニュアンスを勝手に受けとったからですが

なんか関係ないじゃん、って思いました^^
「猫も好きですよ」と普通に返答。

それと思い出すのは・・
あるイベントでの職員のあいさつで
「好きだから嫌いだから、に関係なく・・」という言葉があって
その人はもともと犬も猫も好きじゃない人だったからこその言葉なんだろうけど
内心、ひそかに感動して聞いたことがあります。

好きじゃなくても 尊重することは できます

好きになる必要はなく・・
仮に、嫌いなままであっても 傷つけないという選択はできる。
苦しめないという選択は可能だということです。
その命を尊重することは 相手が何であっても大事。

好きだから守る 嫌いだから排除

これをやっていれば永遠に世界平和は来ないので(笑)

ただ・・被害が大きい場合は 排除も仕方ない時もありますね

蚊とかゴキブリとか・・ 動物も排除されることもあります
ただ、そんな時も不必用に苦しめない気持ちは大事だろうと思います。
駆除動物なら、即死させること。
罠はやめてもらいたいですね( おお、話が飛んでいる・・)

「好き嫌い関係なく・・・」と動物愛護精神を語ってくれた職員さん
言った本人は忘れているだろうけど
非常にいいポイントでした。

偏った愛情を抱く人は 敵意も抱きやすい傾向があります
かわいさ余って憎さ百倍、ってのにも近いかも。

時々全体を遠くから見て、なにごとにも
中庸の精神をもっていたいなぁ、と個人的によく思っています。


※HPのマルチーズは残念ですが、放棄されたのかもしれません。
  小型犬が放棄されるケースは
  ホームセンターなどで、安易な気持ちで衝動買いできるという背景が一因でしょう。
  かわいい~ って飼ってはみたけど、責任まで取れない、というケース。
  売ってもいいけど・・ (売らないという選択も厳しいのはわかるので)
  10年20年飼えますか? 老犬になったら介護できますか? 医療費大丈夫ですか?
  くらいは最低聞いてほしいです。
  その点、譲渡も販売も同様なので
  「じゃぁ考え直します」と言われるとしても、確認しなくてはいけません。
  朝から晩まで留守な家にもらわれた動物は、やっぱり不憫。幼猫、幼犬なんてもってのほかです。
  (そういう人の問い合わせを受けました~)
  自分の癒しのために動物を飼うのは非常に反対です。
  人間のためだけに動物は存在しているのではありませんから。
 
  みんな動物を飼おうよ、じゃなく なるべく飼わない が 実は動物愛護なんじゃないのかな
  と思うこのごろです

スポンサーサイト

カテゴリ: 思うこと

コメント

Re: miko

保健所によっては、殺さないで済むところもあります。
ただ、タイミングやボランティアの有無
子猫の状態によります

県内の方でしょうか、もし問題なければお住まいの地域を教えてください

避妊去勢、年配者ほど言ってもダメです
家のとなりのおばさんも 文章で丁寧にお願いしてみたけど
去勢してない猫が歩き回ってます

若い人たちから 改革は始まります
あなたも 一つの発信源となって すこしでも 周囲に影響を与えられるよう
これから先も長いので^^頑張ってほしいと願います。

URL | Nimura #-
2014/05/27 23:25 * edit *

Re: タイトルなし

そうですか・・
学校に持ってきた人は誰なんでしょう。どこかに捨て置かれてしまったのでしょうか。
飼い主が分からなければ指導もできませんよね・・。
貰ってもいいという人は、誰もいなかったのでしょうか・・
私は猫担当のボランティアではないので詳細がわかりませんし
犬の収容がない限り保健所に行くことがありません
今掲載されている白いマルチーズは老犬で収容中に亡くなってしまったので犬がゼロなのです
私のところに依頼が来るくらいなので おそらく手一杯だろうと思われます
缶詰が食べられる程度で健康であれば、保健所でも
最低限度のケアをしながら里親募集に回すこともありますが・・

なんにしても、生き延びられるかどうかは 運命としか言いようがありません。
ボランティアも腹を立てながらやっているのですが
いつまでもいたちごっこではあります


URL | Nimura #-
2014/05/28 21:52 * edit *

Re: タイトルなし

その対応はひどい・・と一瞬思いましが
今回、学校で里親を探すようなことをすると
2度目、3度目が出てくるかもしれない、と思ったのかもしれません

猫に罪はないけれども
「公共の場に捨てればなんとかなる」という甘い考えを持たせても困る
ということですかね・・・

先生方の間でも意見が分かれたかもしれませんね・・・

URL | Nimura #-
2014/05/29 19:04 * edit *

Re: タイトルなし

それならば 捨て猫が置かれないように立札看板することか
ポスターを貼るとか
なにか対策を打つべきですね。
まして教育現場、なので。

捨て猫がいたら保健所につれていけばいい、、という考えがいいわけではありません。
生徒さん達から提案するなり、実行するなりもありだと思いますよ
検索を掛ければ、いくらでもポスター例があります

また、ブログ内でもまとめて紹介できたら・・と思いますが
可哀そう・・だけで終わらない
何かをしていけたらいいですよね

URL | Nimura #-
2014/05/30 10:15 * edit *

Re: タイトルなし

ちょっと、プレッシャーだったかなと思っていたので
そう言ってもらえて、とてもうれしいです。

啓発は、すぐにリターンがあるわけじゃないから
地味な活動なんだけど、とても重要です

先生は、命の大切さ、を教えるべき人たちなので
生徒から言われたら、変なことは言えませんよね(^^)

健闘を祈ります。
まずは、身近なところ
自分の気が付いたところから 変化を起こしていきましょう。

URL | Nimura #-
2014/05/31 21:31 * edit *

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://inunokai.blog.fc2.com/tb.php/250-c63cad4a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。