Admin   *   New entry   *   Up load   *   記事一覧

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

Trackback: --   コメント: --   

飼い主の責任をしっかり問う必要性 

毎日暑くて死にそうです・・(-"-)長野県だけど 本日33度予想。
庭で熱中症で倒れてニュースに載らないように、朝早めに水遣り等見回りに勤しんでおりますが・・
うっかりすると小さな苗は枯死寸前。
植物は黙っているので ある意味動物よりお世話に気を遣うかも。

さて 前回の ちょっと過激かもなタイトルの記事
マルチーズの一件です
亡くなった、と聞いたときは、それだけでやはり驚きで
(見てなかったからまだよかったかもしれませんが・・)
それ以上考えられませんでしたけど・・

飼い主が一週間出てこなかった、という報告を聞いたとたん
「病気だから放棄したのかも・・」と思い・・・

いやいやこれで終わりじゃいかん、
なんとしても 飼い主に知らせたい!という思いが湧いてきて

死んでいたら飼い主探さなくていいってことがあるわけない
保健所の管理が悪くて死なせてしまったわけじゃないんだから
堂々と探せばいいんだし・・

と思い、ポスターを貼ろう!と思ったわけです。

飼い主が出てこないだろうけど
飼い主にプレッシャーを与えたい
もし、だめでも 近隣の啓発にはなるので無駄ではない
と考えました。

保健所に行く予定がないので 久々に自力で作ろうと思い(wordで)
その旨を伝えるメールを送ってありました。
詳しい住所等の連絡を待っていたところ・・・

なんと飼い主がわかって、引き取っていった、と・・(@_@)
親戚かだれかにホームページに載っていると教えられたそうです。

ここをどう考えるか・・ またちょっとぽっかーんとなるのだけど・・
飼い主の本当のところは誰にもわからないので
それに私は見てもいないので憶測で言ってはいけない

と わかってはいますが その上で・・

本気で探すのならば だいたい三日以内で きます。
早ければほんとに とんぼ返りも珍しくないです。

一晩飼い犬がいなくても平気、ということ自体
大事にしてないだろう、って話です。

探し方が分からない? いやいや、それも どうだろう・・
そういう人は、その他の面でも
社会で生きていくのが大変そうです。

犬がいなくなったけどどうしよう・・って 誰かに言えば
保健所に聞いてみたら? と言ってくれる人は絶対にいるはずです。

今の松本保健所の犬の少なさを思う時に
この数年で
「迷子は保健所にいる可能性あり」というのが
相当 周知されたんだ と 確信しています

すごく、すごく大事なことなのに
積極的に知らしめようという努力を 行政はしていませんでした
それで 殺処分を減らそう なんて よく言えたもんだ と・・
よく思っていました(笑)

そんなわけで、知らないとは言わせないよ、って思っています。
でも、完全に室内飼いで近所づきあいもなく
散歩にも出してないようだと・・ 
飼い主が名乗り出ない場合、飼い主探しは難しい・・
というケースもあるかと思います
今回もそうかも、と思っていました。

まぁ・・真実はわからないとして・・

私がPC上で作ったポスターには
「迷い犬を保護しています」タイトル と写真
他に 今回は「探さないのは見捨てるのと同じ」
「動物の遺棄は100万円以下の罰金」も付け加えてました。

連絡先は保健所、これが重みがあっていいです。
一般人はお役所にやっぱり弱いですから。
警察署、なんてつくともっといいのですが・・。

犬はかわいそうですが 
大事にされていない犬なんて、実は世の中にたくさんいます。
人間の子供がすべてかわいがられているわけではない、というのと同じです。
ある意味、仕方のないことでもあります。

でも、親は子どもを育てる責任があり
飼い主は犬、また猫を最後まで看取る責任があります。

いなくなったら探すのも 当然の責任です。

過去・・ 保健所で亡くなった場合
そのまますぐHPから消えていたと思います
飼い主も、「どこかで死んでいるかも」で終わっていて
責任を取らされることもなかった

今回は、亡くなっても
飼い主がさがしているかもとHPにそのまま掲載していました
一週間たってすぐ消すということもなく・・

飼い主に なんとしても返そう

こういう姿勢が

とても大事なことだと、本当に思いました。

行政にそういう態度が見られれば

おのずと、捨てにくい状況 ができてくるわけです

前は 捨てたらそのうち保健所が見つけて処分してくれる
なんて思っている悪い人もいたかもしれません
事実、保健所は探す努力なんてしてなかったし
一週間で殺処分、と決めていたのですから。

HPだって、その存在知らない人はもっと多かったし
お年寄りはそもそも見られない。

飼い主がいるなら、飼い主が最後まで責任を果たすべき
これにつきます。
医療費が大変ならば 昔だと思って自然死でも仕方ないです。
餌と水と適度な運動と愛情と・・

個人的に、私は動物の過剰医療には反対です
もちろん 人間においても。

・・ということで

今年度 二か月が過ぎましたが
返還率100% です。素晴らしい。

PS
ああ、暑い中行かなくて済んでよかった・・
それにそんな近所の人じゃなかったみたいだったんで
関係ない人への啓発に終わるところでした(^_^;)
もちろんそれもいいことだけど。

めんどくさ~い、ですが、
ひらめいたことは気合でやっとこう、という考えで
やっています。





スポンサーサイト

カテゴリ: 思うこと

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://inunokai.blog.fc2.com/tb.php/254-373b8579
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。