Admin   *   New entry   *   Up load   *   記事一覧

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

Trackback: --   コメント: --   

小さな小さなこねこがたくさんいます 



時期的に・・仕方ないのか・・
と思っても
見たら気にせずにはいられない子猫

猫は ウィルス感染の心配もあるため
入ったばかりの子たちと
飼養状態に入っている猫は
部屋を分けています。

犬舎が広いので、入りたての猫はそこに収容されます

松本保健所の犬舎は いまや 無駄に広く^^;
およそ20頭分の檻がありながら 使用されているのは多くて3個程度です。

大抵面積が広くなると、一部が物置化するものだろうと思うのですが・・
半分は、なんだかたくさんの物が埋めていたりはします

捕獲檻の大きいの、とかがたくさん
猫用のケージも必要を超えてあります。

それらが場所をかなりとっています。

そんな・・どうでもいい情報はさておき。

そういうわけで、犬を出すだけでも
嫌でも猫を見てしまう・・という 状況にあります。

鳴いていたら なんにしてもミルクをやらなければ!と
すぐ思ってしまうのは、やはり・・なんというか
動物的本能かもしれませんね。

まだ小さいので お皿からは飲めないんじゃ・・と
ミルクやりを申し出て
あげくに、体洗いも申し出て・・

ワンコ対応してくれてた散歩ボラさんも手伝わせてしまって


犬より、猫にかけた時間の方が長かったかも・・となってしまいました。
あの子たちはどうなるのか・・と聞くのもなんだか怖くって

過去の保健所を知っている私としては

あれだと小さすぎて育たないからきっと処分かも と
すぐそっちの覚悟をしてしまうわけで・・

なら、ちょっと大きい子、あの子なら保護できるかも・・と

まだ家に保護子猫かかえていながら
たいへんだからもうやらない(T_T)、と言っておきながら・・
つい、そんなことを考えてしまうのでした。

で今日も。 他の用事もあったんで でも昨日見た子猫が気になって
珍しく連日で出かけましたら・・

子猫たちはとても元気で
新しい職員さんから丁寧なケアを受けておりました。
いずれは開業医になりたい方だそうで
すでに 動物病院のお医者さんの雰囲気が・・
きっと、たくさんの飼い主さんが通う人気の病院になりそうです

猫は大きすぎても 懐かないので厳しいです
でも、小さすぎても当然だめです。

私から見ると、その子は難しいのでは?と思う子たちも
至れり尽くせりのケアをしてもらっていました。

なんだか・・
安心して少し気が楽に。

どういう結果であっても精一杯やってくれている
というだけで うれしいです。

端から全部助けろとも思っていないし・・
猫は殺処分が避けられない状況ではあります。

ただ、処分になる場合でも
できることなら 最後までお腹いっぱいで
眠るように死なせてあげることが
正しく管理し愛護することだろう、と考えます。

放っておいても子猫は衰弱して死んでしまうものなので
なにもしない、という保健所やセンターもあるかもしれません

生きたまま暑いコンテナのトラックに載せて
殺処分所まで輸送させてしまう人もいるくらいなので
全ての人に、そういった配慮や優しさがあるわけではありません

殺処分数の数字だけではわからない
動物への対応、思いやりが実は一番大切・・・

とにもかくにも
本当に、松本保健所は当分はしばし安泰です

犬も、行かれない時には散歩させてくれるようで
それこそ、私がずっと 願ってきた状況。
とてもうれしいです。

最初は、ボランティアが来たときに
週に一回でも二回でも外に出られたらいい
というレベルだったし・・
その前は、収容犬は外に出してはいけない
という空気だったのだから。

人による、という 不安定さはあるものの
空気というのは 大事です

なにが、「ふつう」か・・という空気です。

ふつう、の内容がだんだん変わってきていて
感動しきりです。

長野保健所の職員さんたちみたいに
本当に、できるだけ助けようとしているのが
よくわかります。

猫を飼いたい、という人がいたら
どうか、保健所の猫ちゃんのことを教えてあげてください。

もし飼えるなら 飼ってあげてください。
ただ、先住猫がいる場合は 猫によっては難しい場合もあります。
スポンサーサイト

カテゴリ: 保健所収容犬 猫

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://inunokai.blog.fc2.com/tb.php/263-e82df2db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。