Admin   *   New entry   *   Up load   *   記事一覧

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

Trackback: --   コメント: --   

保健所HP 猫の飼い主募集の欄に・・ 

追記15日
保健所HPチェックしてみたら、なんと!!
この猫さん、元の飼い主さんが見つかったのですねっ
なんと 運のいい猫さんでしょう。
教頭先生、お手柄でした(T_T)すばらしい・。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



1.掲載日 平成26年7月8日~8月7日
2.譲渡希望者 塩尻市立片丘小学校(担当 林教頭先生)
3.連絡先電話 0263-52-1606
4.譲渡理由 野良猫を保護したもの
5.種類 雑
毛色 キジ白
性別 不明
年齢 高齢と思われる
体格 中
小学校に居着いてしまいました。 人なつこく、児童でも抱っこできる猫です。不妊・去勢手術の実施と、室内飼での終生飼養をお願いします。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
少し前に、
某高校に捨てられた子猫8匹を 
学校側がすぐ保健所に持っていってしまった・・・

という話を聞きました。
おそらく 反対者もいたであろうけれども
校内において飼い主探しをしてあげてしまえば
また味をしめて学校前に捨てられるのでは・・と
考えたのだろうと思います。
人がたくさんいるところに捨てれば
だれか・・という甘い考えをもって捨てる人は確かにいるからです。

でも、それもわかりますが
命を大事に・・と教えるべき学校で
それが果たして正解だったのだろうか・・と思いもします。

捨て猫がいたら、保健所に持っていけばいいのだ
助けようと努力する必要はないのだ
と教えていることにもなる気がするからです。

保健所に連れてこられて運よく助かる場合もありますが
基本的には住民に変わって殺すところでもあるのは事実です。

捨てた人が悪い。 その人の尻拭いなんてする必要はない。
と考えるのかもしれないけれども

目の前の子猫に 貰い手を探してあげても
やはりよかったのでは、、と思わなくもありません。
ただ、保護者からのクレームもあるので・・

あれこれ話し合いになる前にすぐ保健所・・と考えたのでしょうか。

そんなことがあったので
今回、久々に猫の譲渡欄をみて
おおっ と思いました。

老猫を追い払うのでもなく・・
どうにかして、温かい場所を提供してくれる飼い主を探そう という
その気持ちは やはり 子どもたちに命の大切さを教えることになると思います。

児童も抱っこできる、という言葉に
先生の暖かさが感じられます。

さすがに、
猫6匹という多頭飼い状態の私は手をあげられませんが・・

ご飯と安心できる場所が
どうかこの猫さんに与えられるように祈ります

そして・・
家の預かり猫6匹の最後の子
(一匹は亡くなってしまいましたが)

奇跡の一枚・・まではいかなくても
いい写真を取り直しまして・・
保健所に再度載せなおしてもらうことにしました。

いつまでもミルクしか飲めなくて 
お皿からもなかなか飲めなくて手がかかりましたが
ようやく、なんとかいけそうです。^^
元気はいっぱいあります。

いいご縁があるといいにゃ♡ ♀ 2か月とちょっと。

追記:7月14日 この写真に一目ぼれした、とお電話いただきました。
    いや~ 写真負けしてるかも~ と言い訳しておきましたが
    会って「やっぱりかわいい♡」と言っていただき、飼い主さんになっていただくことに。
    一番最初に予約が入った子だったのに、紆余曲折で最後に残ってしまった・・・
    で、我が家生活が長引き、つい 名前まで付けてしまった((-_-;))
    きっと、お別れは寂しいですが、今回はさすがに飼うのは不可能と分かっているので大丈夫。
    頑張って新しいお母さんに慣れてほしいです。
    

※ 保健所収容犬 またまた かくんと減りました。
   4,5月が例外だったんじゃなくって
   やっぱり、今年は違う・・・ってことですね・・。 
   
   





スポンサーサイト

カテゴリ: 飼い主募集

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://inunokai.blog.fc2.com/tb.php/271-f0235c7d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。