Admin   *   New entry   *   Up load   *   記事一覧

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

Trackback: --   コメント: --   

保健所でも いつでも里親募集中(猫) 


※収容中に亡くなりました。エイズ陽性のため感染症などに抵抗力がなかったかと思われます
消毒には気を付けていても次々野良猫やその子猫がはいってくるため
最初に入れる場所は無菌というわけにもいかず、また家庭のような世話はとてもできないため
その猫の抵抗力にかかっている面もあります。残念ですが、仕方もないです。30日。


前記事にも書きました。
シーバのCMに出ているような グレーの猫さん。
とても人懐っこく、抱っこが大好きです。
男の子です。 生後、4,5か月くらい。

猫をたくさん飼っている私ですが
このくらい甘えてくれる猫はそうそういません。
抱っこされるのが嫌い、という猫もたくさんいますし・・・。
べったり猫と過ごしたいという人にお勧めのにゃんこです。

猫の性格は、本当に違います。
「猫ってこういう生き物」ってい固定概念を持っている人は多いけど
人間並みに個体差があります。

この前は黒団子写真だったけど
顔が分かるのが撮れました・・(といっても二匹だけだけど)
後ろに二匹います。みんな似ています・・
このくらいから育てると
ほんとに飼い主さんがお母さんだと思い、とても懐きます。
その代り、お母さんくらい手を掛けてあげないといけません。


おとなしい猫さんが・・というのなら
おっとり 大人の猫もおすすめです
小さい子は手がかかりますから。
それに 半年も過ぎれば、すぐに大きくなります。
性格がわかりやすい成猫の方が安心、ということはあります。

とにかく、今たくさんいます。
見に来るだけでも大丈夫です。

不幸な命を増やさないための 避妊去勢を約束して
責任もって最後まで飼える方なら 
あれこれ難しいことは言われません。

保健所といえば、犬 だった時代から
猫・・に変わりつつあるのを感じるこの頃ですが

犬同様に 本来の解決は啓発にあります。

また考えていきたいと思います。

いいことしていると思っている勘違いな猫好き餌やりさんが
実は一番悪いことをしている、ということもあり・・・
その辺の意識改革が必要だと思われます。
行政は、さらに広報に力を入れていくべきでしょう。

自分のところで増やしてしまった人への指導も
厳しくしていかなければいけません。

保健所は 新しい飼い主を見つけてくれるところではありません。
数が多ければ、健康であろうといい子であろうと可愛かろうと
殺される場所だということを
捨てに来る人は自覚してほしいものです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ついでになってしまってごめん。狸くん。(顔まわりだけが黒っぽいので)
今日も元気で 人の後を追って回ってました。

今日はボランティア希望の大学生さんがお散歩もしてくれたのですが
わたしと、その方と ちゃんと交互に甘えに来るので・・
その気遣いに関心しました。

早く飼い主さん来るといいね。


スポンサーサイト

カテゴリ: 保健所収容犬 猫

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://inunokai.blog.fc2.com/tb.php/276-422ce2f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。