Admin   *   New entry   *   Up load   *   記事一覧

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

Trackback: --   コメント: --   

猫舎改造・・とは 窓のこと 

猫舎改造・・って・・・ どんなん?
ですよね。

はめ込み厚ガラスで 明かりをとるだけだった場所に
二重サッシの窓ガラスとステンレスの網戸と脱走防止の鉄格子枠と
その上さらに小さな目の網をつけました。(なんと完璧な)

          Sさん撮影


予算があれば本当は、クーラーとか風を取り込むファンとか
つけたかったのですが
今回、ドッグランのフェンス募金の余りを使いましたので
その範囲で、となりました。

こういうところに 決して予算がまわってこない
というのは 不思議なのですが

犬猫なんぞにお金は使えない、というのが
本当のところじゃないのかな?と思ったりします。
その割に・・・ 委託費や動物愛護センターの維持費が高い
と(個人的に) 思いますのが・・
慣例で既に予算の割り当てがある分はなかなか減らせないため
新しく必要な部分には回せない、というところなのでしょう。

何処も同じ・・・(秋の夕暮? BY百人一首)
じゃないですが(~_~;)
既得権益、ってのがどうしたって出てきてしまうのでしょうね。。

なんて 愚痴ぐち言っても仕方ないわけなので・・

猫舎の窓が完成して 檻(ゲージ)に 閉じ込められていた猫さんの一部(ワクチン済みの子)が
室内放し飼い状態になります。
家で猫を飼っている人ならわかりますが
ずっと檻暮らしなんて ありえないっていうか
非常に可哀そうなわけです。
特に子猫時代は走りたいので
自由に動ける空間が保証されるのは素晴らしいことです。
ペットショップより幸せ、ってことですね。

この部屋は、昔、っていっても3年前は 暗い倉庫でした。
処分を待つ猫を一度だけ見たことがありますが
暖房ひとつない寒い中負傷していてうずくまっていました。

保健所はそういうところだと思っていたので
驚くことはありませんでした。
仕方ないのだろう・・と思いました。

猫の鳴き声一つ聞こえた記憶がないので・・・
ほとんどが即処分で
子猫の一部だけ、保護ボラさんが引き取っていました。

おととし、あるとき職員さんが大掃除をされて
部屋らしく作り直してくれました。

猫ボラさんが寄付された大型のケージや
キャットタワーや 
空気清浄器や暖房器具などが置かれるようになり・・・

見違えました。

そして、今回。
空気を入れ替えることができる窓が完成。
ドアが馬鹿みたいに厚くて重くて、
この窓意外に空気が抜ける場所がないけれども
ないよりまし。
犬舎と同じで天井から換気口が噴き出す形ではありますが
自然風には叶わないわけです。

本当は、犬舎の方も穴をあけたい・・・ のですが
行政が予算づけすることは100%考えられないので
どうしても・・というのなら有志でお金を出し合うか
募金に頼ってみるしかなさそうです。

急に涼しくなったんで まぁいいか、ってなってますけど35度を超える日の夕方は
本当に 犬舎は熱気が抜けなくていけません。

コンクリート壁なので 熱くなりにくいですが
一度熱がこもると、また下がりにくい・・。

他の保健所がどういうところか 大町しか見たことないですが
どこも酷い環境らしいので
少しづつでも 一番悪いところから改善してもらいたいものです。

寄付を呼びかけたら、犬猫好きは多いので
相当集まるはずですが
行政主導ではそういうことしてはいけないのかしら??
(たぶん、できない理由があるのでしょうけど・・)

昨年のドッグランについては 動物愛護会のご協力を仰ぎ
お名前をお借りして大々的な募金集めの運びとなり・・
結果、余剰が出るほど集まりました。
「行政への民間からの寄付」という形でフェンス増設は可能となり
残金は猫舎の改善費用に充てることになりました。(愛護会の要望)

行政が出すお金ではないけれども
設置に関しては、現場の保健所職員さんが担当者としてかいがいしく
最初から最後まで動いてくれました。

そもそも ドッグランについても
保健所職員の意識の持ち方や
理解と協力なしでは設置にはいたれなかったので
猫舎の窓設置も含め
カタチとして後に残るいい仕事をされたなぁ、と思います。
(私も一緒に自画自賛していいですか~^^)

長くても、同じ場所に3年程度、という移動の激しさの中
何も新しいことをする気にならない・・という人も多いだろうに

ほんとに素晴らしいことです。

まぁ、まだまだ 改善の余地はありますが
以前と比べると天と地。
いろんな人が見に来られる、軽い空気の場所になっていくことをさらに期待したいです。












スポンサーサイト

カテゴリ: 松本保健所はこんなところです

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://inunokai.blog.fc2.com/tb.php/287-095e3911
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。