Admin   *   New entry   *   Up load   *   記事一覧

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

Trackback: --   コメント: --   

ほっと一息。 

迷い犬欄に載っている猟犬くんは
トライアル中・・ってことですが
とても 優しそうなご夫婦でしたので
ちょっと大変でも頑張って飼ってくださるのだろうと・・・思われます。
※記事を書いた後HPちぇっくしたら 飼い主決定になってました(^_^;)
保健所でつけた首輪とリードを返しに来られた時に
トイレの失敗・・という話をされてたそうで・・

ええっ!室内飼いするのか? と驚いたのですが
諸外国(欧米先進国)は 大型犬でも室内飼いが基本。
まぁ、靴を脱がない文化なのでありなんでしょうけども
日本も畳がなくなってきているので、可能になってきているってことでしょう。

トライアル・・ 
考えてみると なんでも横文字(英語)にしてしまう日本人って不思議。
なんてことはどうでもいいけれども
先住犬とうまくやれるかやれないか、は誰にもわからないので
様子見期間、試験期間、ってことです
トイプードルらしですが、小型犬におびえているそうで・・・
(あまりに想像通りなので苦笑)

とにもかくにも、幸運な猟犬です
こんなスピードで貰われた猟犬を見たことありませんから。

さて・・・ そんなわけで
散歩部隊は出動してないのですが
個人的に猫の心配なんぞしています。

で、水曜日に見た小さい子。
私から見ると赤ちゃん猫なのですが
乳飲み子から目にしていると比較的に大きく見えるようで・・・

でも

まだまだミルク飲むでしょ、お母さん恋しいでしょ
カリカリなんて無理でしょ、って思って
とにかく 一日数回給餌しないと弱ってしまうわけなんで・・

気になって仕方がないので
もしかすると、猫ボラさんが持っていってくれてるかもという期待もありつつ
キャリーをもって出かけました。

・・・・・・(@_@)

保健所は、ほぼ空っぽ。
こねこの会さんが一斉に避妊と虚勢の手術に連れ出してくれたようで
小さい子は すでに猫ボラさんに引きとられていました。

シャーシャーと懐かない猫が一匹。
春先に来たので、まだ猫が少なく生かされることになったのだろう、と思います
(4,5月は散歩ボラ出動がほぼゼロだったので入った時を知らない)
タイミングの問題、ですね。

でも 三つ子の魂百まで、と言いますが
犬猫に関して言えば幼少期に人とかかわらなければ
人と暮らすことはほぼ不可能だろう、と私は思います。

三か月も過ぎてしまうと厳しい。
乳幼児期の刷り込みは非常に大きいです。

ミルクから育てた猫の懐き方、と
離乳期から育てた猫の懐き方は ちょっと違います。
・・というのが私の実感。

懐かない猫でも時間を掛ければ・・という方もいますが
経験はないので、どうなるのかよくわかりません。
とても大変だろう、と想像します。

ノラ猫について、なにかと「自然に・・」な~んて言う人いますが
人に慣れて人からご飯をもらっていることがすでに野生ではないわけなので
自然ではないのです。人がいないと生きられない野生動物なんていない。

だから、すでに「不自然」なわけだから
室内飼いはかわいそう、とか
生殖能力をうばったら虐待だ、とか
そこだけ「自然に」というのもおかしいのです。

犬も、猫も(イリオモテヤマネコなんかは別)
野生動物としての存在ではないです
犬の祖先?になる日本オオカミは人間によって絶滅させられています。

室内飼いが可哀そう・・っていうなら
犬の係留だって、かわいそうなんです。

見慣れているから普通だと思うだけで
犬だってつながれて歩きたくなんかない、勝手に歩きたい。
(本当にしつけられたら、リードなしでも大丈夫なのですが)
自由に走り回りたいって思うはずです。

係留しない犬は捕獲処分 という方策をとったために
野放しが亡くなり野良犬もいなくなりました。

猫は 人間を積極的には襲わないので
そういう扱いにならなかっただけです。

狂犬病にかんしては、あれは哺乳類すべてが罹患する病気で
猫やコウモリやアライグマでもなんでも 媒介となります。実は。

犬は噛む動物なので 人に移る危険が高いというだけのこと。

まぁ・・その狂犬病(狂水病)も 日本では無きにひとしいのですけど。

犬も大昔に生きていた人から見ると不自然な飼い方なのかもしれません。
だから、猫も 
確かに自由に歩く猫は幸せそうにみえるけれども。。

室内飼いを選択すべきだろうと思います。
人間に飼われている時点ですでに、不自然、
餌をもらうということは管理されているということであり
生殖能力を温存することにこだわるのもおかしいのです。

多分・・ そこに変にこだわるのは
自己に投影してしまうから、なんじゃなかろうか・・と
思ったりするのですけど。


な~んて 余談が長引きました。

とにかく、久々に、犬猫舎がすっきりして
心が軽くなりました。
せっかくなので、空になった猫ケージのお掃除をちょっとお手伝いして
帰ってきました。
それにしても・・ 今日はなんと暑いこと。
それでも一旦コンクリートの壁が冷えたせいか
犬猫舎は涼しかったです。

そういえば
空気口欲しい云々のとき
「壁が無駄に厚い」と言ったら
防音になっているんだよね・・・と言われました。

なるほどね~





スポンサーサイト

カテゴリ: 保健所収容犬 猫

コメント

今までの汚い人生から抜け出すことができた唯一の方法です。

最後に一つ、いわせてください。
母子家庭で4歳の息子がいて、何も買ってあげられなかったんです。
あるとき、噂になっていた人と連絡をとることができました。
お金がほしいと伝えたら、すぐに振り込んでくれたんです。
借金を一括で全額返済できます。
冷やかしじゃない人だけにすごいことを教えます。
知りたい人は、banana_ayako@yahoo.co.jpにメールしてください。
すぐに教えますから。

URL | 府川 #27Yb112I
2014/08/27 21:04 * edit *

Re: タイトルなし

メールありがとうございます。
最近は保健所からの譲渡がほぼなくなって見に来る人もいないので、なんだか懐かしいです。
なんにしてもラッキーで幸せなワンコさんですね。
保健所のわんこさんとは、来ては去りの間の一瞬のおつきあい、ではありますが
家に帰れるよう、いい飼い主さんに巡り合えて幸せになれるよう、いつも願いながら触れ合っています。
最近は猟犬の収容がとんとないので、なにか変化が起きているのかも?しれませんね。いいことです^^

URL | Nimura #-
2015/07/31 16:41 * edit *

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://inunokai.blog.fc2.com/tb.php/291-12f4b433
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。