Admin   *   New entry   *   Up load   *   記事一覧

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

Trackback: --   コメント: --   

9月7日飯田保健所にて猫の譲渡会 

ハッピーテールさんのブログで知りました。

飯田保健所は猫の譲渡会をしているのですね。
前回は6月に行われたとか・・

こちらのブログに様子が載っています。
ねこのしあわせ

犬も載っていたので
保健所収容施設の様子が少しわかりました。

檻は・・狭いですね・・・

飯田保健所は、たしか一、二年前から女性の方が動物の世話の担当になっていて
猫もずいぶん助けている・・とは聞きました(昨年だったか・・)
増えてしまって困っているようだ・・とも。
頑張って助けても、行先がなければどうにもなりません。

小さい子猫は、手を抜くと、いや手を掛けても
弱って死んでしまったりする生き物なので 積極的に処分しなくても亡くなって行きます。
もしかして自然と数が減ってくれたらその方がいい、とか心の底でうっすら思ってないか?と 
ついぞ穿った見方もしてしまいそうになります。

助けただけでは終わらない。
猫は自立していく訳ではないからです。保護者が必要。飼育者が必要です。
決して野生動物ではありません。
そこを勘違いして、野山に放てば生きていく、と思っている人もまだまだ多いですが(ーー゛)

手を掛けた猫を殺すなんてことは、ふつうの人間であれば心理的にできることではないので
貰われるかどうか保証がないたくさんの子猫たちを
積極的に助けようという気には どうしてもなれないのでは、とも思います。

それでも、本能的に助けたいと思う人は助けてしまうので
そうなると里親探しは必然的にすることになりますね
後は一生懸命やるだけ・・で。

飯田保健所の女性の職員さんがどのような方かはわかりませんが
しっかりお世話しているのだろうと思います。
保健所が譲渡会をすることに対して
関係者になればなるほど賛否がわかれるだろうけれども

私は、その気持に対して、ただ素直に 素晴らしい と思います。

端から殺しているのに比べたら、その努力は非常に評価できること。
また、一人の職員の考えだけで動くところではないので
関係職員の意識も同様に暖かいのだろうと思います。

以前より、飯田保健所のホームページを見るにつけ
意識が高い!と感動していましたけど
久々にみて、やっぱり違うな~と思いました。

暖かいせいもあり?
県内で比較すると 捨て猫の数はとても多いらしく
困ったところ、と県庁のどなたかが言っていたけど

それとこれとは別でして・・

保健所が暗く、閉鎖的で、無慈悲であってはなりません
過去がそういう場所であったとしても
そのようなところではない方がいい。

本来なら、
「命を奪う行為は行政だから正当化される」というものではないはず
でも
今の段階では致し方ないことでもあり・・
全てを助けるわけにもいかないでしょう。

住民すべての意識が高くなることが必要だからです。
ただ、行政が、その後追いではなく
先導するような場所でもありますように。

行政は、正しい姿を見せるべきところです
ある基準を作って示すべきところ。(理想を言っています)

だらだらと慣例通りに繰り返しをする職員も多いのが公務だとしても
いつの時代も、よりよく変えて行こうと思える人がいてこそ
変わっていくものなので・・。

数は少ないだろうけど、そういう一部の人たちが
変えていくことを今後も期待していきたいものです。


スポンサーサイト

カテゴリ: お知らせ

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://inunokai.blog.fc2.com/tb.php/297-d5a8eef6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。