Admin   *   New entry   *   Up load   *   記事一覧

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

Trackback: --   コメント: --   

ブリーダーという悪行 

注:やたら長いですm(__)m

軽井沢に引き続くかのような
栃木の事件
もっともっと大きくマスコミで取り上げるべきだ!!
と思いますが
手がかりをつかんで犯人逮捕まで頑張ってもらいたいと思います

詳細な事件の内容はこちらから⇒テレビ報道

記事タイトルは、こちらのブログから使わせていただきました
クリックして、記事をお読みください
ブリーダーという悪行

ブリーダー・・・・
がみんな悪いというわけではない

というのも 聞くセリフですし
確かにそうかもしれません、でも

命の売買を始めたら、やはりどこかで狂いが生じてくると思います
通常の人でもそうだろうから
根っから、性根が腐り気味な人が始めたら
それこそどうなるかわかりません

崖から衰弱した犬を投げ捨てる

それはもう、人ではありませんね

動物虐待は犯罪につながる、といいますが
要は、その人の人間性が歪んでいるという証明なので
悪い条件が整えば何をするかわからないということです

遠い昔、愛犬家殺人事件ってありましたね・・
あれは、埼玉だったでしょうか

犬を愛する人がモラルが高いとは限らず・・
というか、本当に愛しているのなら犬の売買に等携われるはずはありません

なぜなら・・

「殺せないとブリーダーっていう商売はできない」
と、聞いたことありますが
実質はそんな世界です

趣味で片手間にやっているならまだしも(それもどうかだけど・・)
それで生計を立てよう、儲けよう、と思ったら終わりです

犬がお金に見えてくる ということです
命には見えなくなるということです

売れそうもない(基準から外れた!?)毛色や軽い障害があるような子犬は
生まれてすぐに殺します。
「売れるか売れないか」がいのちのラインです

実際売れ残りを全部生かしていたら、商売はできません

殺さないなら、誰かに殺してもらうしかない
もしくは、捨てるしかない・・ということです

おそるべきことに、長年行政がそれに加担していたので
(積極的加担ではないのだが、流れ作業として出来上がっていた処分ラインを利用されたということ)

それはいかんだろう、と・・・
徐々に ブリーダーからは引き取らない傾向が強まってきて
とうとう、やっと、引き取り拒否可の法律ができました。昨年。

その法律も原因、と報道されると
引き取り拒否に問題があるみたいに勘違いする人もいると困るんだけど・・

引き取りし続けていたら、ブリーダーの悪行が表ざたにならない、というだけのことだったんです
こういう子たちが、保健所やセンターでずっと殺されていたってことですから。

表立った事件として映れば

ブリーダーというのが どういう仕事なのか
どうやって犬が人間のエゴに使われているのか
物と同様に流通させられて、命として扱われていないのか

考えるきっかけにはなると思います

「家はかわいがっていますから」 と目を背ける人もいるでしょうが
・・それはそれとして、
そういう犬好き人間相手の商売としてつくられた非道なシステム
裏側事情にも是非に気が付いてほしいものだと思います

それで、どうするかは個々人の判断ですが。

ただ・・
命の売買自体を問題視しても解決は遠いので

まずは、ブリーダーになるために 登録ではなくて「免許制」にすべきです
面接も含めての試験。ペーパーだけではだめです。

通報があったらすぐに調査が入るシステム。
免許あげたらそれっきりでは困りますから、更新制で。

そのためには
動物愛護が行政の一つの仕事として分離しないと難しいですけど・・
(今の保健所はそういう目的で設立されていないから、まず無理)


いい方向に向かう前には、一旦悪が表にでなくてはいけない
という法則みたいなのがあります。
そのために犠牲になる存在は 哀れなのですが
犠牲がなくては、物事は動かない・・・
残念ながら・・・

少しづつ殺していたらわからなかったでしょうが
このブリーダーも追い詰められていたのか、廃業したのかなんなのか
派手にやらかしてくれましたね

トイプードルや、ダックスやチワワがほとんどだったそうだけれど

あなたの可愛がっている子のお母さんやお父さんかもしれない、ということなんですよね・・・

私も かつては無知な人間の一人でしたので
8年前に 今の犬を買いました
当時流行始めたミックスですが そういう意識もなにもなく買いました。
ほんとは、猫が飼いたかったので明らかに衝動買いです。
(犬は買うのも、飼うのも人生で初)

親犬は北海道だと聞きました。

こんなところに売りさばいてしまうんだから
きっと悪質なブリーダーだったんだろう、と 後になって気が付きました。
親犬は 哀れな死に方をしたかもしれません。

知らない、ということは、なんにしても残念なことです。

4年前「犬を殺すのは誰か」を読んだときの衝撃を思い出します。
今は文庫でも出ているようですね。

犬を殺すのは誰か ペット流通の闇犬を殺すのは誰か ペット流通の闇
太田 匡彦

朝日新聞出版 2010-09-17
売り上げランキング : 46951

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


書きながら、途中
愛犬家殺人事件について調べてみました。

ペット問題とつなげて感想を書いているブログ記事があったので、一部転載します。
犬業界は、おかしな人多いです

犬に1000万の値段がつく
(実際に、自慢している人にも会ったこと有(-_-;))

これ自体が異常。
人間の欲望の醜さを痛感させられます。

レアである、珍しい、から高値がつく。
他人と差別化したい、優越感に浸りたい、というのが根底にあります。
好きだから、の背後にある心理です
(高級車とかブランド品と同じです)

…・・・・・・・・・・・・転載・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Barking Dogより

あの連続殺人事件は、うさん臭い犬業界だからこそ起きた事件です。(少なくとも私はそう思ってます。)その証拠に、同時期に同様の連続殺人事件(いわゆる大阪愛犬家連続殺人事件)が起きています。

極悪人の関根が、悪徳ブリーダーだったが故に起こした連続殺人なのですから、関根のような極悪人でさえ悪徳ブリーダーとして商売ができるような、うさん臭い犬業界を抜きにこの事件は語れません。
殺人鬼が商売上のトラブルで殺す訳ですから、その悪徳ブリーダーぶりも当然描くべきでしょう。

ただ、あの事件を忠実に再現するには、関根と共犯者が初めて出会うきっかけになったドツグショーの風景や、犬の手配も必要になると思います。しかし、業界(犬関係の主な団体は公益法人である。その公益法人の会員が犬の繁殖業者である。つまり、この類の団体は、犬の繁殖業者の集合体、言わば業界団体である。その公益法人の裏側を描く事が、特に公益認定を目指す団体にとってどのような意味を持つか。私は単なる犬屋の集団に公益認定など認めるべきではないと思う。)の裏側が暴露することになるので犬業界の協力を得るのは難しいと思います。

また、被害者の殺害に使用された薬剤の入手先が動物病院であることを考えると獣医師会としても面白くないでしょう。

悪徳ブリーダーの悪徳ぶりを描くと、悪徳ブリーダーを抱える犬業界から睨まれるかもしれませんが、犬あっての事件なので、やはり犬を抜きに語れません。

映画の主役のモデルになった、事件の共犯者が出所後に事件の全貌を語った著書がありますので興味のある方はご一読下さい。志摩永幸著『愛犬家連続殺人』(角川文庫)

※「埼玉愛犬家連続殺人事件」とは、1993年に埼玉県大里郡江南町(現:熊谷市)周辺で発生した殺人事件で、4人が殺されています。

逮捕されたのは、埼玉県熊谷市にあった犬の繁殖販売業者「アフリカケンネル」の女社長と、実質的な経営者であった社長の元夫、役員で当時群馬県でフレンチブルドッグのブリーダーをしていた共犯者の男の3人。

「アフリカケンネル」は、業界ではシベリアン・ハスキーやアラスカン・マラミュートのブリーダーとして有名だったようで、マスコミが、謎の連続失踪事件として逮捕前から騒いでいた時にそのように説明していたのを今でも覚えています。

ハスキーやマラミュートのブームで儲けた関根が次に目を付けたのがアフリカ原産のローデシアン・リッジバックで、この犬を巡って男性一人を殺しています。

関根は、酷い悪徳ブリーダーだったようで、ドツグショーの審査員を抱き込んでいたり、法外な値段で犬を売り付け、トラブルになるとヤクザが現れる。そのヤクザともトラブルになり、運転手もろとも殺してしまう。
さらに女性を一人殺しています。

死体はすべて共犯者の自宅の浴室で解体し、肉や内蔵はサイコロ状に細かく切り刻んで川に捨て、骨はドラム缶で灰になるまで焼いています。

殺人に使用した、硝酸ストリキニーネは、犬を殺処分するとの理由で動物病院の獣医師から入手したもので、この件で獣医師も行政処分を受けたと聞いていますが、大阪愛犬家連続殺人事件でも同様の理由で獣医師から筋肉弛緩剤を入手しており、このようなことが常態化していたことが暴露しました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

数年前、某公園でワンコのお散歩中
大型犬のブリーダーのところで働いている、という男性と話をしたことがあります

私が、ガス処分じゃなくって注射の安楽死を・・っていう
話しを始めたら

注射でも苦しんでいたけど、、って言いました。

見たことあるんですか?? と驚いて聞いたら
勤め先(ブリーダーんとこ)で 打っているのを見たらしい

私が言っているのは、麻酔薬の過剰投与だけど

上の記事にも出ているストリキニーネとか 酷いと消毒薬とかを打って殺す
というのも読んだことがあります。きっと、その類だったんでしょう。

殺していた理由は聞かなかったけど
シェパードを、って言っていました。

そのブリーダーは、大きなお家に住んでいます。
儲かるんでしょうね。

運動とかはさせている、とか言っていたんで
売り物になる犬、使える犬はきちんと育てているのでしょう

あ、免許制と同時に
数の制限をした方がいいですね

廃業、崩壊した時のことを考えろってことです

そこまで、強きに出られないのは「 業界 」ってのいうのが力を持っているからってことでしょうか
金の力、ってやつか??

全体の意識の底上げをして
彼らが儲からないようにするしか、ないんでしょうけどね・・
スポンサーサイト

カテゴリ: 思うこと

コメント

Re: タイトルなし

あまりに情報が中途半端です。
名前をご存じならば、匿名で警察、保健所等に訴えるべきかと思います。
SNSでご自分で発信されてもいいでしょう。
世の中には悪質ブリーダーは多々います。知った人が声をしっかりあげるべきです。

URL | Nimura #-
2016/04/15 22:55 * edit *

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://inunokai.blog.fc2.com/tb.php/322-d68422c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。