Admin   *   New entry   *   Up load   *   記事一覧

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

Trackback: --   コメント: --   

個ボラということで・・・(何でも短縮(^_^;)) 

保健所HPの写真では「だいじょぶか?」と言いたくなるような老犬さん
無事におかえりになられまして・・まことに安堵。
帰れ~帰れ~と 遠くから念を送るような気持ちでいつもいます。
正直、億劫だったりするんで
帰ってくれたらありがたい限り。

さて・・気が付く人がいるかいないかわかりませんが
タイトルから「いぬの会」を削除いたしました。

そもそも、「いぬの会」って・・
短いようで長い道のりがあるのですが
お散歩から始めた活動、ではありませんでした。

なので、人は入れ替わり立ち代わりで(でも少人数)
右往左往。
何していいやらわからないけど
このままじゃいけない、という思いだけのスタートでした。

犬の保護・譲渡活動、というのは割と昔から全国にあり
松本にも個人的におられましたが(かつては団体で)

譲渡できる犬だけ助かっていればいいかというと・・

それは違う
なんかもうシステム自体、全体的にまずい
と個人的に強烈に思ったわけです。

一番は、迷子の広報の問題でした。
行政的には、迷子という扱いをあまりしておらず捨て犬だという前提でいるようでした。
徘徊犬を捕獲して処分という戦後からの長~い歴史があるんで
なかなか意識が変われないのでした。

野良犬がいなくなり徘徊していてもほとんど飼い犬・・。
でも迷子なのか捨てられたのか・・犬自身は語ってくれませんのでわかりません。

実際、ぼんやりしてさがさないだけ、自力で戻ると信じている人
保健所というキーワードが浮かばないだけ、という人も多かった。
命の期限はとても短く、ベルトコンベア式に殺されていました。
(と私には見えた)

こんなの、いいわけない・・・ 

動物愛護法改正時期でネット上でもいろんな議論を見ることができました。
まずは、啓発だ、と思いました。 
(啓蒙、とも言われてましたけど蒙という文字には侮蔑要素があるらしいですね)

啓発とは・・。 
まずは現状を知ってもらう、意識を持ってもらう変えてもらうという活動、ということでしょうか。
ポスター貼りはそういう思いでやっていました。

とにかく がむしゃらに右往左往。
保健所の収容環境についても意見させていただいて
お世話も申し入れていました。人手がないから、なのか
なんなのか・・・とにかく前例がないことなので時間はかかりましたが

閉ざされた見えない場所 でなくなったことは、きっと大きい。

私自身が、それまで全く知らぬ存ぜぬ状態で
(何百、という犬が日々殺されていたことを)
お気楽にいたことがそら恐ろしく思えて、

現状を「知らない」「知らせない」(=無意識的に隠す)
というのはいけない、と強く思いました。
それが始まり。6年前のことです。

むやみに人集めを呼びかけて 数人が集い ・・。

保健所から犬を引き出して飼い主を探す活動
(いわゆる保護団体、と呼ばれます)
をするためには、登録が必要で
最初の一頭を出すときに、登録名として「いぬの会」にしたわけです。
結構適当につけてます。
(3人になれば会って言ってもいいよね、みたいな会話を思い出します・・・)

団体、といっても結局は個人がメインになりがちです
そういうところは多いです
NPO体制でも組まない限り、組織にはなかなかなりえません。
(NPOの実態もおそらくまちまちなんだろうけど)

都心にはその手の大きな団体がありますが
人口のパイが大きいので奇特な人がそれなりに集まるのでしょう(^_^.)

それに、犬相手と言っても動機が結構ばらばらだったりなので
本当に難しいですね。視点が結構違うし温度差も当然あるし。

で、すったもんだありましたが
活動二年目くらいに 保健所収容犬の散歩という軸ができてからは
結構安定して続いてきています
5年目ですがお散歩を最初からずっと続けているのは、私含めて3人。
(途中増えたり減ったり)

状況がどんどん良い方に変わってきているし(収容減、返還増)
期限が過ぎたら保護団体さんが引取りに来られるしで・・・
活動はどうしたものかしら?と聞くと
続けましょう、と言われるので^^・・・続いてきました。
それぞれ、ばらばらに行くので顔を合わせることはあまりないですが。

今年度はさらに状況が好転。
わたしとしては問題解決としてはひと段落で終了してもよくないかな?
と一層思うようになりつつあり、メンバーの意識確認をしたうえで
ちょっと意識転換を図ることにしました。

形は結局変わりませんけども
「会」じゃないよ、というスタンスで 行こうかと・・

私が引っ張って来た人たちではありますが
既に長い時間がたって自立して活動を続けてきています
個としてのボラ、で お互い連絡もとりあえる・・という・・

ずっと長いこと、
私がまとめていかないとという責任を感じてきて
見えない重みがあったのですが
「会」じゃない、としたことで気が楽になりました。

この先、活動を拡大する意図も予定もないので
形を実態に合わせてみた・・・というか

今までの流れがブち切れるわけではないけど
各々の判断で自由に、といたしました。

決まりをつくるのは、あるていどの強制力を強くことであり
全体の目的を遂行する場合には必要なのですが
義務的になるとそれはまた ボランティアとは呼べなくなりますし
楽しくありません
それに、今はこれといった達成目的、はありませんし。

対外的には何の影響もなく同じなんですけどね(笑)

ブログは、県外の人も目にすることがあるので
こういう活動もありだよ~、と全国の関係者の方々に知ってもらうためにもいいかな
と書いてきました。
保健所やセンターに一般ボランティアがお世話に入る例はそう多くないので。
(収容して檻にいれっぱなし、ってところは、まだ あるかも・・)

保護団体ではないので何か支援が必要、とかいうことでもないし
協力したいです、とおっしゃってもらうことがあっても
昔と違ってあまりお願いできることもない(^_^.)

というわけで・・

ブログも書いたり書かなかったりになるかな、と思います。
(今もそんなだけど・・)


始めは全国の状況にも県全体にも多大な関心を持ってたのですが
まずは地元から、だよね、と思って、
そのうち
地元のことしか関心がなくなりました^_^;

犬の関しての状況は全国的にも順調のようです
長野県は特に! 犬の統計
問題は猫の殺処分対策に移ってきていますね

自治体によっての差異はありますが
そこの住民の意識が全体に変わることでしか変わりませんから
地道な啓発が必要なんでしょう・・。
行政は大きすぎるため民意より数歩遅れて動く、と思っているので
動かすのは 個民ですかね・・。

とつぶやきつつ・・

それでも、先が見えない迷子の出現
気になるわんこさんがいたら出動して
可愛くアップしたいかな、と思います。










スポンサーサイト

カテゴリ: 思うこと

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://inunokai.blog.fc2.com/tb.php/411-13dbfd55
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。