Admin   *   New entry   *   Up load   *   記事一覧

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

Trackback: --   コメント: --   

暑中お見舞・・ってことで^^ 



ガウガウのチワワさんは 保護団体(ゆめまるさん)のところに。
たいへんなことだとは思いますが・・
終わりよければ・・ となることを祈ります。

あと、7月3日付けでコメントいただいた方ありがとうございました。
気がつくのが遅れましたm(__)m

ところで・・

基本的にプライベートなことは書かないこのブログなのですが
近況とごあいさつ代わりに?使用することにしよう ^^;ってことで
今回は我が家のペットたちを載せてみます。

我が家には、おそろしいことに・・
犬二匹猫5匹います。
多頭飼いっていうやつです。

二匹目の犬は、昨年秋保健所から連休前特例で預かって
飼い主が出なかったため そのまま我が家の子になってしまった
いやしてしまったチワワです。

見た目はきれいだったけど
耳ダニで耳の穴真っ黒で(片方は完治、もう片方は毎日お掃除継続中)
しっぽも妙にスッとしてました。お腹にもあまり毛がなかった・・
そんなもん?と思ってたけど
見る見るうちに、毛がふさふさ生えてきて しっぽが旗のようになりました。
栄養失調ぎみだったのでしょう

小型犬なのに抱っこを喜ばず怖がったので
いったいどんな育ちをしてたんだろう・・と思いましたが
それも徐々に平気になりました。

なぜか柴犬が好きで、お散歩中の柴犬にとんで行こうとするので
柴犬と一緒に飼われていたのかな、と思ったりします。
そんなこんなで、近所を散歩する柴犬とすっかり仲良しになりました。

チワワは神経質で気が強いイメージがあって
実はあまり好きな犬種ではなかったのだけど
そのイメージが一新されました。

フレンドリーで誰にでも愛想がいい。頭もいい。
先輩わんこをよく見ていて、マネしてます。

小さな子供の囲まれて一瞬ビビったりしても
先住犬が平気な様子でなでられているのを見ると
「わたしも!」と輪の中に入ってきたりします。

猫を呼んでも、だれを呼んでも
「え?わたしを呼んだ?」みたいにすっとんできて割り込みます。
わたしわたしちゃん、です。自己アピール強。

先住犬は、もともと気の優しいおっとりちゃん(♂)で
まぁ、どうでもいいけどね、みたいに受け入れてくれました。
甘ったれのべったり犬なのに焼きもちは焼かなかったので不思議。

いつも二匹で散歩してます。
仲がいいわけでもなく、わるいわけでもない
ただお互いの存在を許しているだけの、不思議な二匹。
先住犬は10歳になりました。
チワワは・・3,4歳くらいでしょうか・・疲れるということを知らないくらい元気です。
公園など広い場所では弧を描いて弾丸走りをたまにします。
速すぎて驚きます。

猫はみんな保健所からの子で
成猫できたのが1 あと4匹はミルクからの子。
あれよあれよ・・で 増えました(-_-;)

とりあえず皆元気です。


呼んだ?

時間が来ると めし~めし~とやたらに泣き続けます。うるさい。
もんのすごく食いしん坊なのに・・やせっぽちなのが謎。
この秋で4歳。
♂オレオ(みたまんま命名)


あら、なにかしら・・。

絶対野良猫なら生き延びられなかっただろう、と思うくらい小心なお姫さま。
家の中でもたまに隠れたり逃げたりします^_^;
でも、そろそろっと音もなくやって来て静かに膝にのったりします。
マシュマロみたいなので、マシュ。
なぜかそれが和風になって、ますみ、と呼ばれることも。
この秋で4歳。


お昼寝中~よ♪

子猫が生まれてしまったからって親の方が捨てられることに(酷)
「こんなになつっこいから貰い手着くでしょ」と言い放ったらしいが・・
確かにものすごく人懐っこかったのもあるけど 救済意識でもって
つい 連れてきてしまいました。
キャリーケースのふたを開けたら自分から飛び込んできた彼女。

保健所が猫の収容場所を整え始めたころです。
成猫の引取りなので
一年早かったら生きてはいなかっただろうと思うと感慨深いことでした。

ガリガリのお痩せさんで
「器量がいまひとつなんだよね・・」と当時の職員さんと話した記憶があります
後には丸々として、たいへんかわいくなりました。
相変わらず甘え上手で、ゴロゴロ猫です。
たぶん5歳くらい

来たときは、おなかの中にしつこい回虫がいて
おしりからも口からも(>_<)出てきて・・・
なかなか ワイルドな経験をしました。

マロンと家族がつけました。

で、最後に我が家猫になったのが、このねこたち。
きょうだいですが、似てません。

半分カーテンの中に入って、あおむけに大股開きで寝ている彼女・・
なんだかいつも大物の風格・・


な~に~?
やや長毛でリッチな雰囲気の 姫です。(=なまえ)
赤ちゃん時はまっくろくろすけ、だったのに だんだんトラ模様が・・
写真とると いつもふてくされた強面に見える(-_-;)


で、この娘さん・・・噛み魔でした。
人じゃなくて 布系を。
ウールサッキングとかいう名前もついてるらしい困った行為。
ありとあらゆる布をしゃぶり噛み、なおかつ食べちゃう。(見てない時にやります、夜中とか)
こたつ掛け、とか 穴だらけ。 
座椅子とかも・・
掛け忘れたスウェットのパーカーとかも・・(-_-;)

もう・・あきらめてます。

割と小さいころに捨てられてたので、口さみしいのかも

なぜならもう片方は 
未だにおしゃぶりするからです
布じゃなくて、私の口(唇)を。ちゅぅちゅぅと・・(^_^.)
両手は首のあたりを、おしおしもみもみとやりながら。

ものを投げると 咥えてもってきます。
てきとうに丸めた紙屑玉とか、で 遊びます。
高く投げるとハイジャンプキャッチもします。
遊び始めると飽きずに何度でも繰り返します。

もうすぐ3歳になるのに・・
そうやって遊ぶのはこの子だけ。
前世は犬か?

そんなこんなで
やたらに童顔に思えてしまう がっちゃん♂(猫のガーフィールド由来)

ふつうのトラネコちゃんです。
(最初は、トラだからタイガースで 掛布(カケフ) とつけられたけど
がっちゃんに落ち着く。

なんやかんやで、こんな大所帯ですが
普段人も動物も一つ部屋(居間)にいます。
時々数えては 密度の高さにびっくりします。(笑)

チワワを合流する時はなかなか不安で
二か月ほど隔離していたのですが
思ったよりもずっとスムースで ほっとしました。

今は、とりあえず みんな健康なのがありがたいです。

小さいころ 親が犬も猫が嫌いな人だったので
気持ちはあっても飼えませんでした。
犬を初めて飼ったのが 写真の黒い子ちゃんです。(トイプのミックス)
この子を飼わなかったら
おそらく保健所に関心も持つこともなかったでしょう。

犬がどれほどお散歩を楽しみにしているか・・・

飼ってみないとわからないことはたくさんありますね

明日から8月・・
暑さにさらに勢いが増した気がしますが
みなみなさま 熱中症などにお気をつけて(^^ゞ





スポンサーサイト

カテゴリ: その他

Trackback: 0   コメント: --   

トラックバック

トラックバックURL
→http://inunokai.blog.fc2.com/tb.php/417-4b54abb3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。