Admin   *   New entry   *   Up load   *   記事一覧

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

Trackback: --   コメント: --   

おすすめの にゃんこ 

昨年は、保健所からの譲渡対象猫がHPに載ることはありませんでしたが
今年度はたくさん保健所からも直接譲渡されています。

あまり宣伝をすると 安心して捨てる人が増える・・と
恐れる声もよく聞きますが
それを言ったら、犬だって同じ。(捨てられる数は違うけど・・)

今は、基本ベースが譲渡、になりつつあって
改正された「動物愛護管理法」でも
できるだけ譲渡に努めるように記されています。

保健所は、殺すところ。
全部を処分・・(殺すって意味の処分) と言う時代があり・・

おとなしくていい子は、動物実験施設に回されていた時代があり・・
(これが一番酷い)

子犬だけに限って、一般にも譲渡しましょう、と言う時代があり・・
(成犬は全頭殺処分、ってことです)

若くて健康で人馴れしている成犬に限っては譲渡対象としましょう・・
という時代があり

今は

できる限り生きる機会を与えよう
殺処分は やむを得ない場合の処分方法です・・と
時代は変わっていきつつあるのです。

ただ
自治体差は大きく、また保健所による職員の判断によるところも大きいので

犬猫殺処分に心を痛める方は、なるべく直に
声を届けてもらいたい、と思います。

県へ、でもいいし、地元保健所でもいいし・・

私は、完全な殺処分ゼロは望んではいません。

ただ、ストレスのない保護環境、保護状況と
適切で思いやりのある対応・判断による
苦痛の少ない致死方法での処分。

これにつきます。

子猫でも、危険性のない老犬・病犬までも
ガス室に送っているところもあるでしょう。

地元の保健所に問い合わせてください。
そして、あまりに非情であれば抗議してください。

・・と、いきなり重苦しいことを書いてしまいましたが・・


順当に引き取られていっている松本保健所保護猫たちですが

とっても性格がよくて懐っこくておすすめの子を紹介します。

貰いに来る人は、やっぱり「子猫を」と言うので
3,4か月になった子は 待ち時間が延びます。

保健所での環境は、いいとは言えないので(施設的にも限界があり・・)
早く、お家に連れて行ってもらいたいです。

クロネコは写真にすると、怖くなってしまうけど
この子の性格はと~っても、かわいい。

抱っこすると、すぐゴロゴロと言います。
毛並みもよくて、とにかく、、、いい子です。

さみしんぼうなので、留守がちでないお宅がいいな・・と
職員さんと話してきました。

女の子です。3,4か月くらいでしょうか・・。
HPにはこれから載るかな?

子猫はどういう性格になるか、未知ですが
性格がしっかりわかるので、ある程度大きい子をもらっていくのが
実は正解なような気がします。

かわいい顔でもワイルドなにゃんこちゃんも、確かにいますから。

噛んだり、爪を出したり・・

何匹か飼ったことある人はわかると思うけれど
猫の性格は、ほんとに違う。個体差はとってもあります。

猫をよく知らない人には、教えてあげましょう(笑)
大人しいめが 飼いやすいです。 

もらってにゃ~

よろしくお願いします。


犬も、収容状況が落ち着いてきていて

今のところ、心配なのは、この子だけです。


老犬というには、かわいい顔・・
でも、動きは おじいちゃんぽいです。
すこし、ボケているかもしれません。

最初は、目があってもうなられたけど
今は、檻を開けると自分から出てきます。

お散歩はできますが、やっぱり触れない。

市民タイムスさんが、単発の記事として
特別に迷い犬をのせてくれるらしい…と聞きました。

チャイムさんが一生懸命に働きかけてくれたおかげです。

どうなるのかな・・・。

表情はずいぶんと穏やかになった気がします。
でも、恐怖感や不安感があるようで・・
なんとも気の毒なワンコさんです。
スポンサーサイト

カテゴリ: 保健所収容犬 猫

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://inunokai.blog.fc2.com/tb.php/69-27bca0a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。