Admin   *   New entry   *   Up load   *   記事一覧

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

Trackback: --   コメント: --   

飯田のハチ公 

飯田のハチ公、保健所保護、案ずる電話全国から

インターネットニュースで、全国に知られるところとなった? わんこです。
テレビや新聞では見てないので 知らない人は知らないかも。

ネット上の掲示板では、この犬をめぐっていろいろな書き込みがあって
わたしもつい、、一長野県民として長野県事情を書き込んだりしました。

本当に痩せていて、哀れなことです。

ちょうど、県の方とお会いする機会がありましたので
相次ぐ! それも毎年!  の猟犬関連の不祥事について
猟友会その他に対しての指導
また、猟犬そのものの管理徹底、啓発・・できればマイクロチップを
という要望を伝えてきたところ。

あ~ この子もか~ って思いです。

今月に入って猟犬と思われる犬が、松本保健所にも3頭立て続けに入りました。
首輪はあったり、なかったり・・ですが
猟犬とされる系統の犬は、たいていどの犬も人懐っこく、、でも 力強くて
簡単に一般家庭で飼える犬ではありません。

猟をする人の残酷さやモラルのなさ、がたびたび書き込まれていましたが
私は、そういう方々と直にお会いしたこともないのでよくわかりません。

現代は 猟で生活、という人はいないので
ほとんどが趣味の域です。レジャーです。

殺生をレジャーにしている、、という時点でどうなの?
という声もあり、私もその一人ですが

鹿の駆除のために、猟をできる人を増やしましょう、奨励しましょう~
と、つい最近も新聞紙面でみたくらいなので

時と場合によっては、ありがたがられる趣味?でもあるようです。

ただ・・・
多くの人が眉をひそめることを覚悟で言うと
すべての人が毎日殺生をしている、というのが社会の現実で

屠畜される牛や豚や鳥と、猟で殺される鹿や猪や鳥と
何が違うんだ?と言われたら、殺生という意味では同じかと思うのです。

猟師が、使えなくなった犬、いらなくなった犬を殺したり捨てたりするのは

愛護管理法には、明らかに違反です。動物虐待であり、遺棄だから。

でも、世の中には、経済動物、産業動物、などという
全く人間の都合だけで動物に線引きをした言葉が存在していて

そうなると、愛護法の精神もどこへやら・・
虐待も殺生も認められてしまう、という不可思議な現実があります。

犬を道具としてみるならば
使い終わったら捨てる、という考えも出てきます。
競馬馬も走れなくなったら、殺されて食肉になっているのです。
哀れなことです。

でも、生きている命で、なおかつ 感情を持った生き物です。
彼らの体や心の苦しみをまったく感じることができないとすれば・・・

それは・・もはや人ではない
と 私は思います。

やむを得ない殺生も必要なときはあるでしょうが
そのときは、苦しみや痛みを感じさせない方法で殺すのが
最低限の愛です。

レジャーで殺す。 趣味で殺す。
おしゃれのために殺す。(毛皮のこと)
美食のために不必要に殺す。
(霜降り牛肉がどうやって作られるか、を知るとわかります)

直接手をくだしているか
間接的に関与しているかの違いはあるけれども
多くの人が係わっていることには違いありません。

動物を利用したり、動物から搾取するのは
もっと控えるべきです。


話を戻して・・・

この犬はきっと、どなたかにもらわれていくことでしょう。
記事なったことが幸いでした。

でも、崖っぷち犬のような末路(死んでないけれども)にならないよう
譲渡相手は慎重に選んでほしいです。

保健所は、人を選べない
断れない、と職員さんは言っていたりしますけど

それはまずいです。
簡単であっても人選、というか ふるいにかけられるようでないと・・

犬を飼ったことがない、というひとが
保健所から犬を保護するのは
私は無謀だと思ってます。
相当勉強家で、忍耐強く、愛がある人なら別ですが・・・。

保健所の中も、多分寒いことでしょう、なんたって長野だから。
飯田保健所の職員さんには頑張っていただきたいです。

注目が集まるのはいいことです。
保健所のホームページの存在も、今回のことで
さらに周知されたかもしれません。

コメント欄に
犬、ではなくて、わんちゃん、と書いてあったのには笑いました。

24日まで、といっても飼い主は名のり出ないでしょう。
犬が話せればいいですけどね。

アニマルコミュニケーターとか言う、霊能者みたいな人がいますから
そういう人に、聞いてみてもらいたいもです (^_^;)

スポンサーサイト

カテゴリ: 動物関連ニュース

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://inunokai.blog.fc2.com/tb.php/80-88931125
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。