Admin   *   New entry   *   Up load   *   記事一覧

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

Trackback: --   コメント: --   

殺処分ゼロ、と適正譲渡 

心配していた、二頭の大型犬は

ゆめまるさんのところに 保護していただいたようです。

こちら

ほんとに、いいのですか? とびっくりですが

保健所で灰色の壁を見つめているよりも 
犬たちにとっては嬉しいことなのは確かで・・。
ありがたいことです。

でかいお顔の、大型犬・・・
それなりに 飼い主さんに甘えたりしてきたんだと思います。

めんどくさがらないで探してほしい

探し方がわからない人がまだいるのなら
行政はそれをもっと広報していかないと・・

保健所が各市町村に働きかけるべきなのですが
それが無理なら
愛護活動をしている私たちが言っていくしかないのかな。

殺処分を減らしたい!と真剣になれば
行政でやることもいくらでもありそうだけど

なかなか・・・


保護を頑張ってくださる方がいるので

私としては、啓発や行政への働きかけをしていかないとなぁ、と思うこのごろです。
(クレーマーとしてブラックリストに載らない程度に(笑))

批判ではなく、意見をあげるようにしないと
効果がないのですよね。(意見でも たいていはスルーされちゃうけど)

少し休んで、またじっくりと考えて
やるべきことを行動に起こしていきたいです。


二年前の年末は、犬のポスター(チラシ程度の)持って
あっちこっち走り回っておりました。

保健所から許可をもらって、というか
保健所の依頼、という形で。

今となっては不思議なのだけど・・・

保健所収容犬の写真をブログに載せてはダメ、とか
勝手にポスターとか貼ってはダメ、と言われていたのですよね。
(私ではなく、他にお願いしていた人がおられました)

だから、保健所が連絡先になっている保健所収容犬のポスター、ってだけで
画期的だったのでした。
これを提案されたのは、
私がしつこく(-_-;)犬舎のお手伝いに入りたい、と訴えたから。
断りの方便・・でしょうかね。
内部に入れるわけにはいかない、って感じでしたから。
ただ・・
「いきなり来て、そんなこと言われても・・・」ってのも
今となってはわかります。

保健所の犬を見せてもらうのも、簡単なことではなく
とても壁が厚くて・・
中で起きていることは外部に知られたくない、という空気の保健所でした。

今とは、ずいぶん違います。 私の気持ちも 考えも
2年という年月を超えて、状況の変化にも伴って変わってきています。

これでいい、という答えは 誰にもわかりません。

係わる人間たちの一人一人の想いで、物事は動いていきます。

殺処分ゼロ、は現実的ではないけど

ゼロを目指す、という気持ちを行政にももってもらわない限り
現状を変えていくことは難しい。

また、とにかく殺処分が減ればいい、となると
無責任な譲渡になりがちなので

そこも考えていかないといけない

譲渡後の後追い調査は必須、ということです。
事前の登録や講習も必要。

ハローアニマルではやってます!ではなく
県全体でやらないと意味がありません。


行政にまだまだ期待すべきこと(望すべきこと)はたくさんある、
と私は思っています。



スポンサーサイト

カテゴリ: 思うこと

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://inunokai.blog.fc2.com/tb.php/83-97670d2a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。