Admin   *   New entry   *   Up load   *   記事一覧

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

Trackback: --   コメント: --   

ボランティアが不要になる時 

松本保健所の迷い犬のホームページを見てもらうとわかりますが

飼い主返還の赤い文字が

ずらずら~と おどっております。

なにかおこったのか? と思うくらい

ここ最近の返還状況はすごいです。


迷い犬 ⇒ 保健所

ということが ようやく周知されてきたのか?

今まで探さなかったり、探し方が思いつかなかったような人が

動くようになったのか?


収容される犬は、相変わらずの

田舎によくありがちな外飼いワンコさんたちで

かわいがられているのか、置いてあるだけなのか

よくわからない飼い方をされてしまうタイプのワンコさんたちです。 が

なんにしても、迎えに来た、ってことは 愛着があってのこと

ほっとします。


たまには保健所に行かないと、・・・と思うくらい

行く回数が減ってきてます。

今日はいこう!と思って確認したら 昨日返還されて

犬舎は空、だとか・・ あれれ。


でも・・  

保護団体や  お世話ボランティアなんて

早くいらなくなるのが一番いいのですよね。

それを目指して啓発も意識してやってきたのだし

いろんな方たちが いろんな方法でメッセージを送ることで 

全体の意識が 変わってきているのかもしれません。

因果関係ははっきりとは目に見えませんけど・・


私が二年前に保健所に足を運んだ頃とは

まさに、雲泥の違いがあるのです。

保健所もそうですが、それを取り巻くすべてが違ってきています。


ムキになって、必死にやらなくてもよくなった・・

でも、油断していていいのかな? 一時のことだったりしないかな

と思いつつ、見守っています。


そろそろ今年度が終わり、一つの集計がなされます。

犬の殺処分は2 それもありえないけど

収容そのものがとても減っています。

昨年も、減った減った、と言われてましたが

今年も同様に、まだ100頭になっていません。

昨年度の収容数は150頭(犬) でした。

殺処分数は 2 は 何度聞いても信じられない。

ちなみに、猫さんも200は切ると思われます

昨年度は270。

殺処分数です、けたが違います。


殺処分方法の改善の要求から動き始めた私ですが

目の前の犬たちが、ガス室に送られていないので

切実感が湧かなくなってしまっています。

県全体としては、まだそうはなってないので

改善要求し続けないといけないのですけど・・・。

とりあえず、地元から。 です。


ある意味、願いがかなってきているのですが

願いというのは

叶ってしまうと、意外にも静かなものかもしれません。

気がついたら 変っていた、という緩やかな変化なので。


この殺処分数の減少をもって、三郷の処分場の廃棄を!

と、そこを一つの終着地点と考えています。

処分場が廃棄されたら、とりあえず、

どんな職員がやってきても、注射でやらざるを得なくなるからです。

獣医師免許を皆さんお持ちなので

やろうと思えばできること。

やっている自治体もあるのだし、無理なお願いでもないはずです。

山のような犬を殺さなければならない時代ではありません

大量殺処分用の ガス処分機は 破壊してしまいましょう。

って・・ 行政職員ではないので、自分がどうのこうのできることではないですが

思い続けること、言い続けることは大事です。

諦めないことが、大事。


理想で言えば、散歩なんかも職員さんがやってもらいたい。

散歩、までいかなくても そとに出して日光浴や 外気に触れさせてあげるくらい

工夫次第でできるはずだからです。

それを 定番のお仕事に組み入れてもらいたい


ボランティアが入らなくても 行政職員だけでも

そこそこ何とかなっていけるようになるのが一番です


迷子をしっかり返すこと。

放棄犬なんて めったにない、という状態になって

捨てる人ともらいたい人が 同数になって


どうしても難しい病犬や 動けないくらいの老犬は

眠るように安楽死をしてあげること


ボランティアが必死で介入する のは

保健所がどんどん殺している という現実に対して

起こった運動ですから

前提が変わっていけば、ボランティアも不要な時代になるはずです。


放棄犬はゼロにはならないでしょうが

全体数が減れば

殺す、以外の対策を考える時間は 十分にとれるはずです。


思ったよりも、早くそういう時代が来るような気がしています。

安心して忘れきってしまう、ということもできないので

常に気が気ではないですが・・

多くの人が気にすることが、改善の第一歩で

そのことで、見えない変化が起こっていくのだろうと思っています。





スポンサーサイト

カテゴリ: 思うこと

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://inunokai.blog.fc2.com/tb.php/92-70094f4d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。